第7回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENING

今回で7回目となる、文化庁メディア芸術祭受賞作品展が、2月27日〜3月7日まで東京都写真美術館で行なわれた。
文化庁が主催するこの展覧会は、日本のメディア芸術の発展を目的としたアーティストに対する奨励と、そうした作品を一般の人々が観賞できる機会を作ることを目的として行なわれている。


昨年までデジタルアート・インタラクティブとデジタルアート・ノンインタラクティブの部門が、今年は、それぞれアート、エンターテイメントと変更された。この変更は、審査体制の分かりやすさを意図したもののようだ。その他にも、アニメーション、マンガの部門が設置されている。特に海外のメディアアートの展覧会では見ることができないマンガ部門が設置されているところなどは、この展覧会の特色の一つだろう。
上記の部門に出展され、常設されている作品のほかにも学生CGコンテストの作品上映や、専門家によるシンポジウム、海外のメディアアート作品の紹介、またその他の関連イベントなども行なわれ、充実した内容となっている。また、出展作品も日本国内アーティストにとどまらず、国外からの出展も受け付けており、広く作品を募っている。


アート部門大賞:デジタル・ガジェット6.8.9 (インタラクティブアート)/クワクボ リョウタ(日本)

一般的にアート部門に出展されている作品等は、普段目にする機会も少なく、分かりづらい部分がある。しかしこの展覧会では、インタラクティブアート、インスタレーション、ウェブ、静止画、映像と広いアートという枠組みを整理しディスプレイすることで、メディアアートの現在の動きが分かり易く理解することができて観客にとっては、大変親切なものであった。海外からの出展数も多いようで、受賞作品の中にも多数含まれ、国際色豊かなものになっていた。大賞をとったデジタルガジェットなどは多くの人の関心を引いていたようで、常に沢山の人がその周りにいて、やはり魅力的な作品なのだなと感じた。

個人的には『Venus』の触った感触とその影響によって変化する映像が強烈に印象に残った。一瞬その魅力的なインターフェイスを触ることに躊躇してしまったが。


アート部門優秀賞:Venus Villosa (インスタレーション)/Silvia Rigon(アメリカ/イタリア)

そして、エンターテイメント部門においては、日本のある意味お家芸といえるゲームの出展やキャラクターものVFXなどが展示された。こちらは、普段の生活の中でも目にする機会は多いのではないだろうか。アニメーション部門、マンガ部門の作品もまた、アート部門などと比べ日本に限っては比較的身近にある存在だろう。

その中で、特に目を引いたのが、マンガ部門に出展されていた岡崎京子による、今回優秀賞を得た『ヘルタースケルター』であった。以前から、周囲の人間などから薦められたりして、気にはなっていたのだが、手にする機会が無かった。

しかし、今回の展覧会で目を通すことができるという機会に恵まれた。内容の程は別のものに譲るか、直接読むことをお勧めする。この作品を読み終えたあとは、よくできた長編映画1本半程を観たのと同じ位の疲労感と、自分が今ノホホンと生きている世界に対し、何か考えさせられてしまった。

他の出展されていた多くの作品にも共通していることだが、社会性のあるテーマを扱い、マンガというメディアを使い、読ませるということに、改めてマンガの魅力を感じた。マンガというポップな表現により、カチカチに固まった頭の中を柔らかくし、そこに、これもあり得るなと思ってしまう、強烈な現実感を注入されるのは、構えて読む小説などより、一層メッセージとして頭に印象付けられた。


ザ・ディメンション・ブック/2002-2003 Dimension

ここ最近、この手の展覧会に行く機会が多くあり、少し食傷気味であったが、見終わった後他の展覧会とは違った独自性を感じた。映像やグラフィックなどに拘らない広範な分野をカバーする作品群、そして一番感じたのは、分かり易さというところにポイントを置いているところだろう。やはり、共感という面で、それがどれだけ高度なテクノロジーやテクニックを使っていようと、例えばボタンを押して何かが起こらならなければ、それだけで多くの人が興味を失ってしまうことだろう。
しかし、この展覧会に展示されている作品群は、どれも何かしらの共感を与えてくれるものだったし、笑いや涙、ちょっとした絶望など、人間の感情を含んだ、使い古された言葉だけど人間的なものだったからだ。かといって、他の展覧会が非人間的とは言わないが。
とにかく、文化庁、観客、作家・作品が一体となった展覧会であった。


マングローブ/力石 咲

入場無料という事もあり、会期中は沢山の人が訪れていて、年齢層も幅広く、文化庁という国の機関がこういったアートの分野に積極的に進出し活動していくことが、見る人の間口を広げ、一般的に目に触れることの少ない作品まで様々な人々に発表できる場を設けるというのは、アーチスト個人にとってもチャンスとなるだろう。
そして、官公庁主催の展覧会とは思えないほど、遊び心を感じた。係(学芸員)の人が対戦型ゲームの相手をしてくれるなど、会場はとてもリラックスした雰囲気であった。
単純に個人的には、無料でこういった質の高い作品を一度に目を通せるという機会は大変嬉しいものだったし、是非来年も訪れてみたい展覧会である。

受賞作品は、以下の通り

■アート部門
 大 賞 デジタル・ガジェット 6.8.9/クワクボ リョウタ
 優秀賞 スリー/three
 優秀賞 パノラマボールとゼログラフ 映像メディアの別の進化論/橋本典久
 優秀賞 E-BABY/PLEIX
 優秀賞 Venus Villosa/Silvia Rigon
 奨励賞 青の軌跡/鈴木太朗

■エンターテインメント部門
 大 賞 ファイナルファンタジー・クリスタル クロニクル/スクウェア・エニックス、任天堂
 優秀賞 EyeToy : Play/ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパ、ロンドンスタジオ
 優秀賞 スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD/真島理一郎
 優秀賞 ポケモーション/ポケモーション開発チーム
 優秀賞 THEgarden/Alessandro Orlandi
 奨励賞 アトモス〜セルフパッケージングムービー〜/atMOS Project

■アニメーション部門
 大 賞 連句アニメーション「冬の日」/川本喜八郎 他
 優秀賞 ガラクタ通りのステイン/増田龍治
 優秀賞 こまねこ/合田経郎
 優秀賞 東京ゴッドファーザーズ/今 敏
 優秀賞 FRANK/布山タルト
 奨励賞 星の子/小山内久美子

■マンガ部門
 大 賞 カジムヌガタイ−風が語る沖縄戦−/比嘉 慂
 優秀賞 てんじんさん/木村直巳
 優秀賞 バカ姉弟/安達 哲
 優秀賞 ヘルタースケルター/岡崎京子
 優秀賞 蟲師/漆原友紀
 奨励賞 純喫茶のこりび/いとう 耐

第7回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
会期:2004年2月27日(金)〜3月7日(日)
会場:東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL:03-3280-0099
主催:文化庁・CG-ARTS協会
museum@plaza.bunka.go.jp
http://plaza.bunka.go.jp/festival/

Text and Photos: Yasuharu Motomiya from Nordform

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE