NIKE 公式オンラインストア

ヘルムート・ニュートン回顧展

HAPPENING


2004年1月23日、ヘルムート・ニュートンはロスのサンセット・ブラバード付近のホテル・シャトー・マルモンの駐車場を出た。その次の瞬間、彼のキャディラックは急激にスピードを上げ壁に激突し、83歳の写真家の命を奪った。彼の生まれ故郷であるベルリンにあるフォト・ギャラリー「カメラワーク」では今、お別れの儀式としてニュートンに捧げる小さな展覧会を開催している。

ヘルムート・ニュートンは名高いと同時に悪名高くもあったが、彼の強くて大胆な写真は見る人を間違いなく動かした。ハイヒールにムチ、時には皮のサドルだけに覆われた「コールド・ウマン(冷たい女)」を捕らえた彼のイメージはフェチシズム間際のエロティシズムに満ちていて、そのサドマゾヒスティックな性質は度々フェミニストの批判を買ったが、彼は「下品なものを愛している」と言い張りいつでも威厳を保っていた。彼の育ちを考えればこれはそう驚く事でもないかもしれない。ニュートンはナチ進出以前のワイマール共和国のベルリン生まれ、この時代のアートワールドは方向性をなくした戦後の享楽主義で自由放任な社会を通じて、エロティシズムに大きく影響されていた。実際、ニュートンの作品のなくてはならない源から、彼のドイツ・ルーツが消える事はなかった。「僕の写真はいつも自分へのチャレンジであり、自分のドイツらしき自制を超えるチャレンジでもある。ヌードやボンデージのショットは自分の抑制を破る手段だ。」

そして21世紀のベルリンでは、賑やかなカントストラーセの裏の静かな中庭に隠されたあるギャラリーが写真芸術に身をささげていた。5年前に成立されて以来、「カメラワーク」は1920年代に同じ名前の雑誌を出版していたアルフレッド・スティグリッツの心持ちを引き継ぎ、フォトグラフィーのパイオニア達に敬意を払ってきた。アーバイン・ペンやアンドレ・ケルテスに並ぶクラシカルな写真家とともに、リチャード・アヴェドン、ハーブ・リッツ、ランキン、そしてもちろん、ニュートン等のコンテンポラリーな写真家を展示し、ニュートンに関しては「アリエル」と「クラシックス」のポートフォリオを出版している。2月21日までは予定通りメインの展示場でエリオット・アーウィットのすばらしい作品が展示され続けるが、ニュートンの死後、オフィスも含まれる小さな部屋に彼を記念してエキシビション・スペースが設けられた。そこでは上記に述べた出版物からの作品と、珍しいポラロイド写真が展示されている。金属製のらせん階段等と絡み合う彼の作品は、彼の偉大性を象徴すると同時に置かれたスペースに気持ちよく馴染み、その冷淡なエロティシズムが彼のベルリンへの思いやりを不思議に語っていた。

1938年、ユダヤ人にとってますます危険になってきたナチ・ドイツをニュートンは去った。しかしベルリンで過ごした人生最初の18年間はその後の活動に大きな影響を与えている。初めてのカメラを手に入れたのも、演劇専門の女性写真家イヴァ(エルセ・サイモン)の元に弟子入りして本格的に写真を始めたのも、子供の頃のベルリンでだった。彼が撮る両性的で強い女性達は小学校時代から憧れていたマレーネ・ディートリッヒに限りなく似ているし、妻のアリス・スプリングとジェリー・ホールをヒトラーとエヴァ・ブラウンに変装させたり、ナチのプロパガンダ映画製作者として知られていたレニ・リーフェンシュタールの足にこだわったりと、ニュートンらしく皮肉いっぱいだが、ナチ・ドイツのテーマにも深い興味を持っていた。2003年の10月、ニュートンはベルリンへ1000点以上の作品の寄付してこの街への愛情を示した。

このコレクションはベルリンのツォー駅の向かいにある元美術図書館、「クンストビブリオテック」に収められる事になっている。この古い建物には今、ニュートン夫妻の指導によって大掛かりな修理が行われているがそれあ完成次第、ニュートンの作品、ベルリン市が持つ19世紀—20世紀の写真のアーカイブ、そして若手の写真家の作品が展示される予定だ。この建物はニュートンにとって意義深く、第2次世界大戦が始まる寸前に逃げるため電車に乗ったところ、最後に見た建物だと説明している。エロティシズムとその彼方をファッションとポートレート写真に取り入れ、写真界−そしてある意味70年代の大衆にも−重大な影響を及ぼしたニュートンは、生まれ故郷に自分の作品が戻ってきた事を誇りに思うと語った。「ヌードに限らずだ」と。

In Memory of Helmut Newton
会期:2004年2月4日〜2月21日
会場:Galerie Camerawork
住所:Kantstrasse 149, 10623 Berlin
www.camerawork.de

※ヘルムート・ニュートンの書籍やVHSは、アマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE