ASA-CHANG&巡礼 FEAT. 小泉今日子

PEOPLE

「花」そして「つぎねぷ」とリリースを重ねてきた、ASA-CHANG&巡礼が、女優として歌手として時代と共に変化し続け、常にシーンの特異な場所に立ち続ける日本のポップスター、小泉今日子をフィーチャリングしてニューシングル「背中」をリリースした。日本のポップシーンに風穴を開けるような衝撃作「背中」について、お二人に話を伺った。


自己紹介からお願いします。

ASA-CHANG(以下A):朝倉です。朝倉の朝は、朝日新聞の朝です(笑)

小泉今日子(以下K):小泉今日子です。歌手や女優をしています。今日子の今日は、こんにちはの今日です(笑)

最初に、お二人がコラボレートすることになったきっかけを教えてください。

A:小泉さんにボクから電話したんですよ。もともと、昔、ヘアメイクの仕事をしているときに小泉さんを担当
していて、その当時からの旧友としてボクがお願いしたんです。

どうして小泉さんだったのでしょうか?

A:小泉さんじゃなきゃダメだって思いました。

それでは、その時小泉さんとしてはどう思われたのですか?

K:そういった昔からの旧友とか、戦友にそういう何かの折に必要とされることは、めったな事じゃないじゃないですか。みんな大人だし。遊び感覚じゃないので。ホントに必要とされている気がして嬉しかったです。

その間、ASA-CHANGは様々な活動をしていましたね。(東京スカパラダイスオーケストラを脱退後の活動など)これまでの曲は聴いてらしたんですか?

K:聴いてましたよ。スカパラともライヴをやったり、レコーディングに来てもらったりしていましたし。

A:スカパラとしても、巡礼としてはちょっと関係がありましたね。

K:スカパラも良く聴いていたし、ライヴにもよく行っていました。巡礼はライヴは行ったことがないけど、古い友達が何をやっているかって常に気になりますから、もちろん巡礼も聴いていました。

巡礼を聴いたとき驚きましたが、その巡礼を聴いたときどう思いましたか?

K:すごくASA-CHANGらしい。スカパラやってるときも、少し昭和のにおいのする切ないものが好きだったから。

A:根っこにある。

K:そこは変わってなくて、ルックスが変わってるのだけど、根っこの部分は変わってなくて、そこが気持ちいい。巡礼はホントに文学と数学が同居してる感じがして、そこがすごくASA-CHANGらしくて。

A:ボクが今巡礼とかやっていると、普通の人はまるでコロっと違うことやっていると思うけど、小泉さんのように20代の頃の多感な時期を知っていると、根っこが分かってるって言うか。変化のしてるところとしてないところがすごく分かってて、何も言わなくても分かり合える感じがしますね。分かってもらえちゃってるって言うか。

そういった時代の仲間などは、どなたがいらしたんですか?

K:沢山居ましたね。東京ナンバーワンソウルセットのビッケとか他に高城剛君とか。なんか群れを成してましたね、毎晩。

A:僕達にとっての20代でしたね。第二次青春みたいな。

小泉さんのトラックの声をもらったときの印象や感想はどうでしたか?

A:小泉さんの声が、予想をはるかに超える存在感で、小泉さんに頼んでホントに良かったなと痛感しました。最初から見えてたといえば見えてたんだけど、巡礼の場合、一音一音切ったりして、設計図通り組み立てていって楽曲に仕上げるんですが、切っても切っても、金太郎飴状態で、どう切っても小泉さんっていう存在感が出ていて、普通そうはならないんですが・・・

エディットされた後の曲を聴いてみて、小泉さんはどう思いましたか?

K:最初は こうなったかという感じでしたが、何度も聴いていたら切なさとか、考えが止まったり進んだりとか、言いよどんだり、つい言っちゃったりとか、会話をしているときの人の頭の中みたいなところが出ていて、すごくいいと思いました。

A:そう・・・ 全部言われちゃったな(笑)。頑張ろうと思ったけど全部言われちゃった(笑)まるでそうで、何で巡礼がリズムをランダムに切るかって言ったら、人間の感情って揺らぐでしょ、「うーん」って考えたり、頭の中でワーッと周ってるんだけど口に出なかったり、そういった情景を音像化したいから切っているので、すごく楽しんでやっているのではなく、そういった、情景を作りたい表現をしたいからあのような音像になっているのです。自分としては、けして変な音楽を作りたいとか、実験をしているとは思っていないですね。

朝倉さんは今回、バラードを作ってバラードの究極の形は演歌と言っておられましたが、ボクは演歌より民謡や童謡などを聴いたときの感覚に近いものを持ちました。「つきねぷ」の枕詞のように、こういった日本の古い文化に興味がある理由としては何かあるのでしょうか?

A:そういったものはないです。僕は日本の音楽をやっているので、ザ・ベストテンとか昔テレビでやっていたのですが、そういった歌番組を見て育ったので、日本の音楽を聴きなれてるって言うことが、隠しようがないことであるのですよ。洋楽を否定するわけではないですが、ボクにとって洋楽っぽくやることがすごく不自然になってきて、だから巡礼の音になったんでしょうね。ただ何かを目指してってわけではなく。

K:私たち最後の世代かもしれないけど、少し上の世代の人とか洋楽コンプレックスみたいなものが、邦楽否定するのがカッコいいみたいな時代があって、その後の世代だから、逆のことに興味を持ったっていうのもあるかもしれませんね。心の中に染み付いてて、育った環境とか。好きですしね日本のそういった部分が。

A:それで、スカとかそういったルーツミュージックとかもやってみて、20代ってそういうの憧れるでしょ? その時代も経てるから、余計に自分を表現するというか、誰かの真似は出来なくなっちゃったっていうか。

それでは、音楽を作るうえで、誰も作ったこともなく新しい未来の音楽を作るというようなところを意識したりしているのですか?

A:未来かどうかも、過去かどうかも分からないけど、自分の中では現在の音ですね。現在の考えている事を音像化するとああなってしまうというか。その上で、小泉さんが必要でした。

小泉さん自身もそういった日本の文化みたいなところに興味はありますか?

K:どちらも同時にあるじゃないですか、古き良きとか、昭和初期生まれの親に育てられてるから、日本の文化みたいなところで普通に育てられていますが、別に新しいハイテクなモノあがあれば普通に手に取れる環境で育ってるので、どっちもアリなんですよね自分の中で。それが一つになっているのが、巡礼の音楽のような気がします。着物も好きですし、海外のファッションも好きですし。

巡礼の音楽を聴いていると、現代テクノロジーのハイパーな部分と、日本のスピリット見たいなところを同時にとても感じてしまいます。

A:出ちゃうんだよね、あれはミックスしようとしても絶対でないものだから。

K:そうだよね。意識的に作ろうとしたら、気持ち悪い作為的なものになっちゃうだろうし。

A:そう。ミクスチャー的なものではなくて、もっと根っこから出てきた音楽だから、あんなに他で聴いたことないものになっているのかなと思います。

それでは、今現在興味があるアートフォームやアーティスト、または良く聴いている音楽などはどういったものか教えてください。

K:着物とかと少し近いかもしれないですが、最近日本画とかが好きですよ。小倉遊亀とか、一昨年くらいに観に行って。小茂田青樹とか。案外ポップアートなんだなって思って。怖いのもあるのですが、可愛いのもあって、女の人がお風呂に入っている絵だとか。たまたまテレビを見ていたらその絵が出てきたのですが、番組が終わってしまって、誰の絵だったんだろうって思って。その後たまたま友達と話していたら今とっても可愛い絵の展覧会がやっているから観に行ったらと言われて、どんなのって聴いたら、そのお風呂に入っている人の展覧会だって言われて。それから良く観ていますね。音楽はいろいろなものを聴きますが、そんなに激しくこれだっていうのは今はないです。

A:ボクも激しく音楽聴くタイプじゃないですね。家では聴かないです。昔からそうで、リスナーとしては最低のリスナーだと思いますよ(笑)。遮断してるわけじゃないけど、ずうっと朝から音楽やってて、家帰ってきてまた音楽聴く気にはなれないじゃないですか、だからDJのようにいろんな音楽を知ってるわけではないし。今興味があるのは、コンテンポラリーダンスと巡礼の音が相性がいいっていうのですね。コンテンポラリーダンスの人たちが「花」とかガンガン使うんですよ、何団体か分からないけど、「花」で踊っていいですかという問い合わせがとても来るんですよ。そういう人たちにしたらとても踊り易いらしくて。

K:分かる気がする。

A:そういう現象が起きてて、イデビンアンクルーっていうダンスカンパニーがあるんだけど、彼等の公演の音楽監督をやることになって、東京公演は終わったのですが、今はニューヨークとカナダを回ってると思います。

K:「背中」のPVもね、すごい可愛かった。

A:そう、ダンスモノで。それはイデビアンクルーの人ではないのですが、ダンスだけのPVでエフェクトとかもまったくなくて。

K:普通の女の人が椅子に座って、ずーっと踊っていて、色っぽくて切なくて可愛かった。

A:今、ツマミ一個捻れば映像とかどんどん加工できる時代だから、逆に踊ってるだけっていう映像を作ってみたいっていうのがあって、監督とそういった映像を作ってみたのですが、巡礼の音がダンスとの相性がすごく良いみたいですね。

それでは、なぜ表現手段として音楽を選んだのでしょうか?

A:何かこう状況に引っ張られるようにヘアメイクの仕事が出来ない程、スカパラが忙しくなっていって93年にスカパラは辞めたのですが、自然に音楽のほうに移ってきたタイプなので、不思議な経緯を辿っているなと自分でも思います。それから、ずっとセッションマンとか人のサポートをやってきて、98年くらいから巡礼を始めてみたり。巡礼の音はその当時もう出来ていたので、スラスラ譜面を書いちゃうわけですよ、頭の中で音が鳴っているので、書かざる終えないというか。

あのようなリズムが頭の中で鳴っているわけですね?

A:鳴ってますね。メンバーに伝える時に譜面だと楽なんですよ実は。書けば絶対そうなるから。ただノイズとも聴こえるところもプログラムするメンバーに全部指定してあったりして。ランダムに聴こえるところでもちゃんと一緒に止まって聴こえるのもそのせいで、情景として表現したくてそのように計算してますけど。

それでは、小泉さんは女優としても活動なさっていますが、歌うことと演技することの共通点などは何かありますか?

K:あまり変わらないです。私は音楽をやりたいからとかそういうので始めていないから、もっと単純に人を幸せにしたりだとか楽しい気分にしたりだとか、そういった力のある存在になりたいという思いで始めたので、だからただ伝えたいと思います。演技もそうだし、歌もそうだと思います。自分にとっては、そんなに変わらないものですね。だけど、歌うことのほうが楽しいかな。やはり演技や映画は監督のものだと思う、監督のニーズに応えることとか、それを理解することとかなんですが、歌うときはもうちょっと何かが突き抜けたりするから。

今回のレコーディングは何か突き抜けましたか?

K:出来上がってみたら突き抜けてたような気がしますね。歌ってるときは巡礼の音楽とかだと着地点は私は分からないで、歌い易いトラックが出来てて、それを私が歌うという感じで、ある程度こんな風になるのかなという想像はしていましたが、具体的には良く分からないですよね、でも出来上がってみたら想像は超えてたし、何かがすごい突き抜けてたような気がします。

A:小泉さんの声をもらうときは、シンプルなトラックで作っておいて、それを分解・解体してまた組み立ててCDの音にするから、完成形を聴かせる事は出来ないから、それを信頼の上まかせてくれて。小泉さんだから逆にこんなに(声)をエディットしちゃいけないだろうとはまったく思わないで、どんどん巡礼っぽく、巡礼も薄めちゃいけないと思って、それは逆に失礼に当たると思って。そうしたら、あんな作品になりました。

今回のコラボレーションをボクは革命的だと思いました。なぜなら、ASA-CHANG&巡礼のような音楽をボクの母親などが聴く機会がなかったと思うのです。それを小泉さんが歌ったことによってその間口を広げたというか。

K:家のお母さんは気に入ってましたよ。

A:ホント! それはすごい!

K:もらって聴いていたら、母親が「これなに?」って。ASA-CHANGとやったんだよって言ったら「これ好き」って。

A:すごいねお母さん!

K:ASA-CHANG、会ったこともあるよ。

A:会ったこともあったっけ? 若い頃のお母さんの写真は見たことある。(笑)

K:お互いのお母さんに会ったことあるんですよ(笑)

こういったことも踏まえまして、日本の音楽界はどう変わっていくと思いますか?

A:非常に難しくて、シンプルな質問だね。

K:さっきもお母さんお父さん世代と言ったように、大人が聴ける曲ってすごく少ないと思うんですよ。ちゃんと探せば、私たちの心に届く曲が一杯あると思うのだけど、「背中」もそうだと思うんですが、見つけるのがすごく大変になっていますよね。分散されてるというか。昔は、テレビを見たら、演歌の人も出てれば、ニューミュージックの人も出てれば、アイドルも出てるし、もうちょっと尖がったロックの人も出てるという風に、共存してたのだけど、今ははっきり分かれているような気がします。

A:そうそう、メディアが一杯増えちゃって・・・

K:選ぼうと思えば選べるんだけど、選び方が分からないって言うことになってると思います。レコード屋さんに行っても、大型店ばかりが増えてしまって、その中で探す気力がないというか。逆に今度インターネットが発達してきて家にいながらにして、好きなものが手に入りやすくなってきてるから、また一回一つになっていろんなジャンルが共存してこないかなって思いますね。

そんな中で、巡礼の音楽はシーンの中で特異な位置にいると思います。

A:どっちかって言うとカテゴライズとか、今カッコいいと言われるのがすごくボクにとってカッコ悪いんですよ。今カッコいいと言われているものってすごく苦手なタイプで、その中心からすぐに逃げますね。ひねくれものかって言われたら、純粋に自分の音楽をやってると思いますし。もしかして、今考えたことだけど、小泉さんと巡礼の共通点って変えの利かない存在っていうところが似てるのかなと思いますね。後にも先にもないっていうか。

K:孤立してるかも。

A:孤立って悪いことでもないと思うんですよ。シーンていうものが無いと寂しい人もいるかもしれないけど、孤立したスタンスっていうのはすごく凛々しいと思うし、表現者としたらすごく正しいと思う。ムーブメントとかその中にいなくたってドーンといる存在感とか。

それではこういった時代で、何か大事なものって何だと思いますか?

A:そうだね、難しいよね。見つけにくいよね。そういうのが見付かったらこんな時代ではないと思いますし。明確な答えがあれば戦争も起きないしね。そこまで考えちゃうと、こういった表現活動がなかなか出来ないと思います。だから一生懸命やって、相手が感じ取るものが、例えば幸せだったり感動だったり、表現者としてやれることはそういうことですかね。

K:でも、若い人に向けていえるとしたら、カッコいい大人が少ないんじゃないかなって思って、お手本と言うか興味をもてる大人が少ないのかなって思って。だから頑張らなきゃって思ったりしますね。貫禄のある人がいて欲しいから、やりますよっていう気にはなってます。

A:オレより四億倍くらい強いね(笑)。

K:(笑)四億倍も!(笑)。友達とかもそんな風になってる感じがするし男の人が多いですけどね、そういう仲間がいるから出来るかなって思って。ASA-CHANGともそうだけど一緒に出来ることがあるねって。一人じゃ、あがいているように見えちゃうかもしれないけど、みんなでやったら出来そうかなって。貫禄のある大人になれそうかなって気がしますけど。

最後に今回のコラボレートで何かお二人のエピソードなどはありましたか?

A:そうそう、小泉さんの声をいただいたときが僕の誕生日の丁度前の日で、

K:あ、そうだね。

A:そう、それでご飯食べに行ってたら日が明けて、誕生日の日になって。久しぶりに会う、昔の友達にお祝いをしてもらって、すごい嬉しかったんだけど飲みすぎちゃって、ぜんぜん憶えてないの(笑)。

K: (笑)!

最後に読者の皆さんへメッセージをお願いします。

A:さっきも言いましたが、お父さんお母さんとか、普通にSMAP聴いている人にも聴いて欲しいし、何かこういう窓口を小泉さんが作ってくれた気がするので、どうか音の肌触りに惑われずに聴いて欲しいなと思います。

K:昔もね、スカパラとかと一緒にやって私のファンとかがスカパラに興味を持ったりして、逆もあったと思いますが、そういったリスナーの皆さんに新しい興味を持つ対象や、新しい何かが始まってくれたらなと思います。

自然体でありつつも強烈な存在感を放つこの二人が音像化した世界は、静かだが確実に変わり行く日本のポップシーンを見事に表現し、2004年という新しい年の幕開けに相応しいリリースとなった。そして、これからのASA-CHANG&巡礼はどうなっていくのだろう? という、好奇心をそそる、切なく、美しくも可愛らしい音の粒子が沢山詰まった巡礼ワールド・ミーツ・小泉今日子な「背中」なのであった。

上のイメージをクリックすると、「背中」のPVをご覧いただけます。 © 2004 リバーラン

ASA-CHANG&巡礼 feat.小泉今日子「背中」
発売日:2004年1月28日
収録曲:1. 背中 2. Parlor 3. 背中 (Instrumental)
CD-EXTRA「つぎねぷと言ってみた」PV
IDCV-1003 夢音(MU-ON)〜ex Hot-Cha
価格:1,260円(税込)

※ASA-CHANG&巡礼 feat.小泉今日子「背中」は、アマゾンで購入できます。

Text and Photos: Yasuharu Motomiya

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE