NIKE 公式オンラインストア

「ハピネス展:アートに見る幸福への鍵 モネ、若冲、そしてジェフ・クーンズへ」

HAPPENINGText: Yuki Ishida

秋といえば「アート」。とは、あまりにもお決まりで、しかも今さら…という感じもするけれど、東京にはこの秋、確かに「芸術の秋」を感じられるトピックスがいくつかあったのだ。

2003年秋、アート界最大の(?)話題は、言わずと知れた、森美術館(通称MAM)のオープン(余談だが、マムという名の母船が空から降りてくる…という、村上隆のアニメーションが流れるCMは東京だけなのだろうか)。そのオープニング展覧会「ハピネス:アートにみる幸福への鍵 モネ、若冲、そしてジェフ・クーンズへ」は、とにかくすごい。いろんな意味で。美術館は広いし(全展示室約3,000平方メートル)、「幸せ」というテーマのもとに、様々な国、ジャンル、時代から集められた作品は、その数約250点!混沌としているようで、雑多なようでいて、実は厳選されたこれだけ多くの作品を見られるチャンスはめったにない。

美術館・展望台の入口へ続く路上では、六本木ヒルズのキャラクター「ロクロク星人」とその仲間(?)が道案内。

室町時代の屏風絵の隣に、1834年に描かれたターナーの風景画。絵の並びも楽しめる。

偶然お見かけしたデヴィッド・エリオット館長はインタビュー中。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE