ヨシ・ソデオカ

PEOPLE

C404のヨシ・ソデオカは、ニューヨークを拠点に活動し、マルチメディアのアート作品と、デジタルノイズを使った音楽を制作するアーティスト。さまざまなイベントに参加する他、マルチメディア・アート・ギャラリーや、エクスペリメンタル・ミュージック・フェスティバルなどのキュレーションを担当するなど、幅広い分野で活躍をしている彼にお話を伺った。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

ヨシ・ソデオカです。日本で生まれ、横浜で絵を描いたり音楽をやったりしていました。1989年にニューヨークに移り、プラット・インスティチュートでアートとデザインを学びました。それ以来ずっとニューヨークに住んでいます。ヴィアコムMTV、ニコルソンニューヨーク(現在のアイコン・メディアラボ)で働き、今はもうなくなってしまった、ウェブマガジン「WORD」のアートディレクターを6年間担当しました。現在は「C404」という名義で、友人やコラボレータ−達と一緒に様々なプロジェクトを行っています。

C404の活動について教えてください。

そうですね、僕は異なった分野のものをたくさん手掛けていると思います。その多くは実験的で研究開発的なものですが、ウェブアートやデザインのプロジェクトもやるし、モーショングラフィックスやイラストを描いたり、音楽を演奏したり、レコーディングをしたりと、本当に何でもやっています。クライアントのための仕事はもちろん、非営利のアートグループのプロジェクトもやりますよ。複雑なミッションというものはなく、僕はただ、僕が知っていることをやっているだけ。学校ではファインアートとデザインの両方を勉強しました。また、音楽は僕の人生の一部のようなもので、だから今でも楽しんでやっています。そういったわけで、プロジェクトでは、僕の知っている限りの知識を取り入れるようにしています。そういった繰り返しが、結果的に融合という形になっているのだと思います。

最近手掛けた、面白いプロジェクトは、ユーワークフォーゼムの最新DVD「エンター・ザ・ドラゴン」のモーショングラフィックスです。これは、デザイナーやアーティストを招き、タイプフェイスを制作してもらう、というものなのですが、僕もそのうちの一つを手掛けました。このDVDのラインアップはかなりいい。すばらしいDVDになると思いますよ。また、デイ・ドリームのDVDコンピレーションにも参加しています。これはまた違った実験的映像作品を出品しています。

また、10月に日本で開催される、東京デザイナーズブロックにも参加しています。そこで、KIDIパーソンズジャパンがスポンサーのショーが行われるのですが、これは、ボーイング747型機の荷物棚に入れられるような椅子を展示する、というものです。このプロジェクトには、僕を含め15人のデザイナーが参加します。おそらく、参加者の誰もが、ちょっと風変わりな作品をエントリーすることでしょう。僕は、古くからのコラボレーターである、ジェイソン・モーと共に、コンセプチュアルな椅子をデザインしています。このショーは、このインタビュー記事が出る頃には、始まっています。エントリー作品は、僕のサイトでも見ることができます。

また現在は、ムービングイメ−ジ美術館に、来年のデジタルメディアのエキシビジョン「ALT」でのアートインスタレーションが可能かどうか、という話を持ちかけているところです。

古くから活動されていますが、振り返ってみて、この10年をどう感じていますか?

すごく、超現実的なもののように感じています。たった10年のことを話しているわけですが、この業界はいい意味で大きく変わりました。そんなに長い期間じゃないですよね。僕は1995年以前まで、MTVの仕事だけではなく、その他の仕事はすべて、ディレクターを使用して、CD-ROMとエンハンストCDで行っていました。それから間もなく、インターネットがネットスケ−プと共に始まりましたが、すべてのブラウザ技術は、全てジョークのようなものでしたね。つまり、それらはウェブを閲覧するものではなく、システムをクラッシュさせるものだったからです。たくさんの優れたデザインや、アーティストのコミュニティがインターネット上に登場してきました。ネットアートは、名声ある機関から認められましたが、僕が「WORD」を始めた1995年には、このような言葉は聞いたことがありませんでした。その当時は、ネットアートという概念自体が、まったくと言っていいほどありませんでしたからね。

結局、それは自然の過程を辿っただけだと思います。インターネット上のメディアは、他とは異なっているのが良い点ですし、僕はその変化そのものを上手に利用したのだと思います。

今年5月にはバルセロナで開催されたOFFFで、パフォーマンスを行っていますが、イベントの感想は?

とてもすばらしい経験でした。OFFFは、回を重ねるごとに実験的音楽要素が濃くなってきているし、同時にかっこよくなってきていると思います。OFFFの開催目的は、アート、デザインそして音楽を統合するものと僕は捉えています。だからこそ、アーティスト、デザイナー、ミュージシャンが一緒になって混ざり、プレゼンテーションやパフォーマンスを行うのだと思いますよ。

僕達はそこで、オリジナルのシステムである、カスケットを使って、エクスペリメンタルな音と映像のパフォーマンスをする予定でした。このシステムは、僕と、パートナーのシェーンとで構築した、リアルタイムでシンセティックノイズオーディオと、ビデオプロジェクションをミックスできるものです。

睡眠不足と、時差ボケとともに、バルセロナに到着したのですが、準備をしている時に機材のトラブルが起こりました。システムの半分が、ヨーロッパの200ボルト電源にやられて、煙りと共にだめになってしまったのです。そのことに備えて準備しなかった、僕の責任なんですけど…。とにかく、映像のシステム部分を動かすことができなくなり、ライブでノイズミュージックを作り上げるということに焦点を当て、すべてを即興でやらなくてはいけなくなりました。結果、多くの観客を混乱させることになってしまいました。いつもの、C404のビジュアルワークのプレゼンテーションを期待していた人もいたと思いますが、それはやりませんでした。非道なことや予想もつかないことをやるのが好きなのです。そして確実に僕達は、OFFFで一番騒がしかったと思います。どんなイベントでも、このような変わり者が必要です。つまり僕がここで言いたいのは、すべてが素晴らしかったということ。とりわけ僕は、OFFFをものすごく楽しみましたし、OFFFで会った人すべてが本当にすばらしくて、バルセロナはとても美しい街でした。また来年行きたいですね。

11月に開催される、DOTMOVフェスティバルのオープニングパーティでのパフォーマンスは、どのような内容になる予定ですか?

オープニングパーティーでは、30分から1時間くらいのパフォーマンスを行う予定です。今回は、システムがだめにならないことを祈っています。激しい感じのものではなく、優しく、アンビエントな感じになる予定です。カスケットのシステムは、説明のページを見るととても複雑に感じますが、実際にプレイするところを見ていただければ、シンプルなものだとわかっていただけるでしょう。とても精密な、シンクロする音と映像のパフォーマンスシステムです。オーディオ楽器の部分は、パートナーのシェ−ンがスーパーコライダーで書きました。彼が主に、これをパワーブックとタブレットを使ってプレイし、僕もパワーブックで音を同時にプレイする、といった具合です。そして、僕達双方のオーディオパフォーマンスが、ヴィジュアルの流れをコントロールします。ほとんどは、実験的なノイズバンド「KNOBS」の楽曲をプレイする予定です。

OFFFのためにつくられた「REMIX」という作品をウェブサイトで拝見したのですが、音楽と映像がシンクロしていて、二つの要素によって出来ている作品なのだという印象を強く受けました。どのようなプロセスで制作するのですか?

2つがとても結びついて見えるのは、音とビジュアルを同時に作っているからです。僕が実験的なビデオを作っている時、心の中では映像と音が同時に浮かんでいます。それをビデオで表現していく、という感じです。「C404.40.40.31 DVD」という作品があるのですが、この30分の作品は、まさにそのような感じに仕上がっています。僕自身、こういった作品を何と呼んでいいかわからないですし、どういうカテゴリーに入れていいのかもわかりません。おそらく、エクスペリメンタルビデオと呼ぶのがよいと思うのですが、それでも、それがいったい何なのか、ということを説明するのには時間がかかりそうです。サイケデリックオーディオビジュアルトランスと、言うべきでしょうか。また、コンペティションやフィルムフェスティバルなどに応募しようとするときも、どのカテゴリーにすべきか大変悩みます。大抵、僕の作品に合うカテゴリーはないんですよね。映画でもないし、ミュージックビデオでもないし、そして音はエレクトロミュージックでもないし。ただそこにあるそのものが、僕の作品なのです。

作品制作では、どのようなものからインスピレーションを受ける事が多いですか?

そのプロジェクト次第ですね。でも僕自身のアートプロジェクトの場合、いつもコンセプトや意味を理解するところから始め、それに合うものを探します。メディアカルチャー、テクノロジー、人文科学間の関係や、またそれらがどのようにお互い影響し合っているかということにインスピレーションを受けます。例えば、古いテレビや映画の場面を沢山使って、僕が作ったノイズと一緒にコラージュしたりします。アナログの技術がとても好きで、デジタルの技術を使ってそれを再現させようとしたりもします。ときどき僕がやるのは、デジタルビデオをVHSのアナログテープに落として、画質を下げてみる。そしてその場面をまたコンピューターに戻して、アナログっぽい画像にする、という試みです。そこから得られる、ザラザラした感じが好きです。

今回手掛けていただいたカバーデザインのコンセプトは?

僕が想像したことは…、もしも、アンダーグランドに放映されている、シフトというテクノロジーテレビ番組が80年代初期にあって、僕がそれを両親のビデオテープの教育番組に重ねて録画する。僕がそのビデオテープを今見つけて、それがどんなふうに見えるか。実際、80年代の日本のテレビ番組をランダムに録画していたのですが、今見るとかなりクレイジーですね。

ニューヨークを拠点にされていますが、ニューヨークのウェブ、デザイン、アートシーンについてどのように考えていますか?面白い動きはありますか?

長く居るので、いつも当然のこととして見てしまいますが、ここには常に、面白いものがあると思います。でも、僕には、ニューヨークのウェブやアートシーンについて語る資格は、ないと思います。僕はトレンドを無視するようにしていますし、最近はイベントをチェックして出かけたり、人と交わるのは、かなり稀なことで、自宅や仕事場のどちらかにいて、いつも働いています。ロ−ワ−イーストサイドに住んでいるのですが、ニューヨークで今起こっていることに関しては、僕は傍観者のひとりに過ぎません。インターネットは、コミュニティーをグローバルなものにし、もはやどこにいようがそれは大した問題ではない。日本にいる人の方がここで起こっていることをもっと知っているかもしれません。それでもニューヨークにいる方がいいことがあります。文化的に、常に沢山の人が本当にクリエイティブなことをやっていて、その人達に会うことができる。とりわけ、ここがニューヨークだからというのがあります。何か新しいもの、アンダーグラウンドなものが、ここでは生まれている。だから面白いのです。

今後の予定、ビジョンを教えてください。

人生の計画を立てるのは、あまり得意ではありません。流れと共に行くのが好きです。言いたいことがあまりよく伝わらないかもしれませんが、より良くあるために、やっていきたいこと、挑戦したいことをやり続けたいと思っています。

読者へメッセージをお願いします。

札幌での「DOTMOVフェスティバル」で、読者のみなさんに会うことができれば、と思っています。このようなイベントはそんなに多くないので、そこで会えるのを楽しみにしています。

C404
住所:515 Greenwich St. 203, New York, NY 10013, USA
info@c404.com
http://www.c404.com

Text: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE