メタモルフォーゼ 2003

HAPPENING

近年、急速に増え続ける日本のオープンエアー・フェスティバル形式での音楽イベントの中でメタモルフォーゼは、その規模の大きさもさることながら、クオリティ、出演するアーティストのジャンルレスな多彩さなど、他に類を見ない特別な位置を占めている。そのイベントが去る8月23、24日、富士山の裾野に広がる「日本ランドHOWゆうえんち」で行われた。


おもちゃ箱をひっくり返したような世界。遊園地を舞台に行われるこのイベントは、音楽の遊園地というこんな言葉がぴったりで、レーザーショウ、会場に浮かべられたバルーン、そこかしこにある不思議なデコレーションや照明が、遊園地という空間と相まってどこか懐かしいのだけど見たこともないような世界にやってきたような錯覚に陥る。そこに、極上の電子音楽と霊峰富士。今回のプログラムは、メタモルフォーゼという大きな箱の中に、インディペンデントなクリエーター達がそれぞれの才能を持ち寄りコラボレーションした時に生まれる有機的な体験を見るものも演じるものも共有できるものだった。

それを代表していると思えたのが、「ニッポン」のアート/サブカルチャー/テクノロジーシーンにおいて活躍するクリエイターが集結し、立ち上げたアートプロジェクト「RIS」だった。会場各地に設置されたビジュアルインスタレーションや実験的な音響・映像をテーマに、会場内に設置されたドーム型の空間「RISDOME」などで、宇川直宏や青木孝允など、いまの日本を代表する旬なアーティスト達がパフォーマンスを行ったのだった。こういった機会はダンスミュージックというキーワードで集まった人たちにも様々なジャンルのアートに触れる機会を作ってくれる。

そしてソーラーエリア、ルナエリアでの本割。現在進行形クラブミュージックのショウケース的な色合いを帯びたラインアップは、ダンスミュージックだけではなく、音という共通語を持ったアーティスト達のエキスポであり、毎回新鮮な驚きを与えてくれる。昨年のソーラーエリアでの井上薫から最後の CHRISTまでの流れはボクのパーティーライフの中でもベストシーンの一つとなった。 CHRISTの抜けるようなビートと空、そして富士山、シンプルだがこの3つが作り出す力強い空間はイベントの最後を飾るに相応しかったと思う。

両エリアの区分けとしては、ルナエリアがフルムーンよりで、ソーラーエリアがフリースタイルより、という感じで、厳然な分け方はされていなかったが、そこもメタモルフォーゼらしいところだ。昨年に引き続き登場したグリーンベルベットは、今回はルナエリアでのDJでのパフォーマンスで、胸から上あたりを規則正しく動かすのが特徴的で、ファンキーなシカゴの香りを漂わせていたし、田中フミヤ、ジョーイ・ベルトラム、サバーバンナイト、そしてメタモルフォーゼを主催する、マユリという面々が富士をバックに踊る人々を反復するビートと増幅するイメージとの邂逅へと導く。特に印象的だったのは、セバスチャン・リーガーのプレイ。24歳の若さとは思えない落ち着いたプレイで無理にノリを作り出すのではなく、ゆったり漂うようなグルーヴがいつしか大きなうねりになり、いつの間にか踊らされているといった感覚だった。

Dub Squad

そして、ソーラーエリア。なだらかな斜面には、思い思いに過ごしす人たちが、電子音楽の今をそこに普通にあるという感覚で聴くことかできる特別な場所だ。しかし、よく考えるとメルツバウ、井上薫、ブンブンサテライツなどを同じステージでみるというのは、めったにないことなのではないか。これが、メタモルフォーゼの面白さであり、他に類を見ない特別な存在のフェスティバルたる所以だろう。やはり、最後に一番の驚きの体験を与えてくれたのもこの場所だった。明け方のTHE 3CHAIRSから、ダブ・スクワッドへのDJセッションからライブセッションへの移り変わり、その後のジェイミー・リデル。3人のDJから3人のライブ、一人による圧倒的パフォーマンス。スーパーコライダーやハーバートとのコラボレーションなどで知られるジェイミー・リデルの人間ビートボックス・ラップトップ酔いどれボーカルライブは、電子音楽の喜びとライブイベントだからこそ素晴らしい突発的なハプニングに出会えるという幸福な体験を、その場に居合わせた人々に与えてくれた。ライブの締めは、アカペラで音楽こそ真実だと高らかに歌い上げ、切実に音楽というもの突き詰めて、その先にある純粋な喜びと人間が生まれたときから持ち合わせた楽器「声帯」というものへ回帰するというストーリーをボクらに見せてくれた。

Jamie Liddel

イベントも終わり、会場の遊園地も当たり前だけど通常営業をこの日も行う。朝11時頃には、家族連れの一般のお客さんも目立ち始め、会場は凄いスピードで片付けられていく。その中を散歩しながら感じるのはどこか懐かしい気持ちと、昨夜の出来事が夢だったのではないかという錯覚。そんな感覚が、普段乗ることはない遊園地にある空中ブランコへと足を運ばせる。朝から遊具を楽しみにしてきた子供達と一緒にそれに乗り込み、回りながら空を見て終わったのだなと実感する。

音楽だけでなく野外空間における演出、「RIS」というアートプロジェクトの参加、ヤマハやコルグ、ローランドなどのメーカーによるファクトリーブースの設置などメタモルフォーゼは、年々進化し続けている。決まったスタイルに固執するのではなく、イベント名からも変化こそがスタイルといったコンセプトは、毎回足を運ぶ人びとに新しい体験を与えてくれるだろう。

METAMORPHOSE ’03
会期:2003年8月23日(土)、24日(日)
会場:日本ランド HOW ゆうえんち(富士山)
料金:前売り 8,500円 当日 10,000円
http://www.metamo.info

Text and Photos: Yasuharu Motomiya from Nordform Crew

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE