シロップ

PEOPLE

ニューヨークとフィンランドのヘルシンキで活動する「SYRUP (シロップ) 」の作品。もしかしたら初めて彼らの名前を耳にする人も多いかもしれないが、実は彼らは、大企業をクライアントに持つ隠れた実力派だ。並々ならぬ努力、一番大切なのはコンセプト、クライアントとの親密な関係を築く…。こういった言葉からは、真面目で、誠実で、まっすぐなシロップの姿勢が伺われる。


自己紹介をお願いします。「SYRUP (シロップ) 」というのもユニークな名前ですよね。どのような由来があるのでしょうか?

シロップという名前の由来については、本当に良く聞かれるのですが、同じ質問ばかりに答えるのはちょっとキリがないので、今回はシロップがどのようにして誕生したのかを、お話したいと思います。

実を言うとシロップは、冗談を言っているうちに誕生したような会社です。ロブとジェイコブがシロップを作ったのですが「ねぇ、会社作っちゃおうよ」という何気ない会話から会社を起こし、クライアントを得て、そしていつの間にか、どんどん大きくなっていきました。外部からの出資に助けられて大きくなったと言うよりも、クライアントを自ら獲得するという活動を通じて、組織的に成長していきました。アート・ディレクション、広告、ブランド・ディベロップメント、インタラクティブ/ビデオ作品の制作、テクノロジー・アプリケーションの開発、ブランド戦略についてのサービスなどを提供しています。

できるだけ、小規模でい続けることは、私達の方針のひとつでもあります。小規模だと、それだけフレキシブルですし、市場の動きにもすぐに反応できます。それに、仕事場でも、必要以上にややこしい上下関係みたいなものもありませんし。よく大きな会社には、課長がいて、部長がいて、係長がいて…といった、ピラミッド形の組織図がありますが、そういうのは絶対に避けたかった。現にそういったものは、良いものからどんどん離れていくためのもののような気がしますし、それよりも、スタッフ全員が何でも言い合えて、クリエイティブのエネルギーがみなぎる場所が希望でした。私達のクライアントも今の所、クライアントのトップの方たちとシロップとの、人と人とがしっかりと結びついているような状態を、喜んで受け入れてくれています。そういったこともあり、私達とのプロジェクトの際は、クライアント側のマネージャークラスの人たちが、部下のみなさんに責任のある仕事をすぐに回してくれるので、彼らにとっては、それが嬉しいみたいです。

シロップではどのような活動を行っていますか?最近手掛けた(手掛けている)プロジェクトをいくつか紹介してください。

いろいろやってますよ。ファッションとか、装飾品業界でも仕事をしていますし、最近ではテレコミュニケーションやエンターテイメントといった分野にも進出しています。ラルフ・ローレンのデザイン、雑誌タラベル・サヴィのクリエイティブ・ディレクション、ジェームズ・パース(ロスのファッションデザイナー)のインストアキャンペーン、ボルボのビデオコンセプトの制作、コネイスト・ミュージック祭(スカンジナビア最大のエレクトロニック音楽とアートのフェスティバル)のキャンペーン、ヨーロッパのエレクトロニック音楽用の音楽ビデオの制作、ジュディス・レイバーのブランド制作とインタラクティブ作品の制作などなど、本当にさまざまです。今年の夏は本当に忙しくて、いつこの忙しい日々から解放されるのやら…といった状態です。

そういった幅広いフィールドに、常に新鮮で斬新なデザインを提供できる秘密は、どこに隠されているのでしょうか?

「働くか、家に帰るか」。これは私達のモットーでもあり、この言葉は本当にその通りだと思います。成功するためには、仕事を必死になって得なければならない。そして、その仕事からお金をいただくためには、並々ならぬ努力が必要です。それこそ、クライアントに満足してもらう唯一の方法です。クリエイティブな才能はもちろん必要です。でも、実際に才能があっても成功できない人がいるのは、才能だけでは何も保証できないからです。締め切りまでに間に合わせられない。予算内でおさめきれないのでは、二度とクライアントから声をかけてもらえないのは当然のこと。厳しいけど、当たり前のことです。あとは、必要以上に傲慢になるのは、絶対的に命取りな行動。そういう人たちは、生き残っていけませんよね…。

私達のデザインを見て、見た人達がそこから何かを感じ取ってくれること。そして、彼らの気持ちに何らかの動きを生み出すことのできるデザインを作り上げることが、私達の目標です。だから、私達のスタイルも常に新しいものにし、向上するように気をつけています。それと、クライアントに喜んでもらいながらも、私達なりのクリエイティブ性を保つことにも気をつけています。それは、信頼というものは結局の所、私達自身とクライアントの双方で育まれるものだからです。それにそこでできた関係は、お互いに対する敬意をも運んでくれますしね。作品を制作する時は、常にこの考えを忘れないようにしています。

シロップは、ニューヨークとフィンランドの首都、ヘルシンキという2都市で活動していますがヘルシンキに注目したのはなぜですか?また、フィンランドのクリエイティブ事情についても教えて下さい。

シロップは、基本的にニューヨークを拠点に活動していますが、2001年に、アンティ・ヒンクーラとテーム・スヴィアーラを迎えて、フィンランドのヘルシンキに、ヨーロッパ支部とも言える新しいオフィスをオープンしました。この新しい動きの目的は、ヨーロッパでのシロップの存在を強めることと、より多くのクライアントを獲得するために、これからの世界規模での見解をより大きなものにすることです。フィンランドを選んだのは、単純にアンティとテームがその国にいたから。それと、ジェイコブは、スウェーデンの出身なのですが、彼が持つスカンジナビア風デザインのテイストと、アンティとテームの才能が見事に調和したからです。しっかりとした実利的な独立体として、ヨーロッパのコミュニティを増強したことで、大陸を越えてのビジネスが、以前よりもスムーズになりました。ヘルシンキという街も、他のどこの街よりもフレッシュな場所ですしね。

アイディアはどこから得ているのでしょうか?

普段の生活の中や、日々体験する出来事から。さまざまな文化や人それぞれの歴史に触れたりするのも、大きいですね。シロップのスタッフは、いろいろな国から集まっているので、シロップ自体が人種の坩堝ですよね。そういった背景の違いから生み出されるユニークなアイディアを、ひとつのテーブルに集まり発表する。そうしながら、僕達は成長し続けています。だからこそ、NYはシロップの拠点としては最適だし、アメリカっぽい、NYっぽい、そしてスカンジナビアっぽい考え方をミックスするのが好きなのです。もしかしたら今後は、タイや中国、ペルシャ地方、アフリカ、南アメリカへと、シロップの地図は広がって行くかもしれません…。

今あるアイディアを活用して何ができるかについては、ものすごく長い時間を費やして考えますし、そうすることで新たなアイディアを得ている部分もあります。コンセプトは、何が何でも一番重要!ひとつの問題に対して10の答を用意するのが、私達のスタイルです。

私達はまた、この近代的な世の中の連結性からぐんぐんと成長し続けている、新しい世界規模のカルチャーの一部である、という認識もしっかり持つようにしています。そう意識することで、すごく刺激を受けていますし、今は混沌としたこの世界がいつかは、よりよい場所になるかもしれないという希望を持つことができます。

多くのクライアントに受け入れられた理由は何だと考えていますか?

私達のポートフォリオでは、実に幅広い種類の作品が紹介されています。クライアントのみなさんは、それを通じて、このポートフォリオは私達のスタイルを紹介しているだけではなく、私達が物事をどう捉えているかもわかるので、シロップは頼りがいがあり、想像力豊かなグループだと理解してくれているのだと思います。あと、先ほども触れましたが、信頼と誠実から育まれたクライアントとの関係は重要です。例えば何かプロジェクトをやっていて、それについて何か居心地の悪さを感じたら、私達は正直に私達なりの意見は言いますし、クライアントにもそうであってほしいと思っています。シロップでの仕事では、もうこれは何だか結婚と似ていて、私達はクライアントと同じベッドに寝ているような感じです。だからこそ、喧嘩もするし、仲直りもするし、お互いを大嫌いになってしまうときもあれば、それでも大好きになってしまうときもある。こういった親密な関係性を築けないのなら、そのプロジェクトは最悪なものになると思いますよ。実際、この関係性を好まないクライアントは、私達のリストからは削除です。

今回制作していただいた、カバーデザインについて教えて下さい。

2ヶ月ほど前にパーティーをした時に、このお菓子を使っていろいろな言葉を書いてみて、それカメラで撮影して、その画像を友人達に送ったりしましたのですが、今回はそれの延長です。これもある意味、アイディアでもありコンセプト。こういったものは、本当にどこにでも転がっている!といった感じです。どのようにアイディアを活用できるかを試していた時、そうこうしているうちに自然と他のアイディアが浮かんでくる。ひとつのプロジェクトに何個もアイディアを注ぎ込むことは無理ですが、そういった実験というか、調査から得た結果はすべてきちんと保存し、他のプロジェクトで活かすようにしています。だから、お菓子で遊ぶというアイディアは結果的に、シフトのためものだった、ということになります。

今後の予定を教えて下さい。

会社として小規模であり続ける、というポリシーは変わりません。でも、仕事の量は着実に増えてきているので、徐々に拡大しつつあるのは否めません。大きなプロジェクトを勝ち取ること。そしてA級のクライアントと仕事をすること。私達が目標にしているのは、この2つのポイントです。現在も、ファッションやアクセサリー、テレコミュニケーションのトップ企業と仕事をさせてもらっていますが、自分達のフィールドも拡大しつつ、こういった会社とのプロジェクトも、もっともっと進めていきたいです。テレビのコマーシャル制作も、将来的にはやってみたいですね。

私達にとっては、メディア(広告、TV、インタラクティブ、ビデオなど)は、1番目ではなく、コンセプトが最優先です。私達は、メディアをインターナルなものにしてきた、そして新しいテクノロジーを直感的に取り入れてきた世代の一員なのですから、昔より大きなビジョンを持つことも、大きな企業をクライアントとして持つのも自然なこと。ブランドから発せられるメッセージは、私達が最も注目しているものでもあります。だからこそ私達は、コンセプトをすべて実行に移しながらも調和でき、クリエイティブ性を作りあげられるように努力しているわけです。そうすることで、クライアントにはブランド性についての明確な予想図を提供できますし、クライアントが協調したいメッセージがしっかりと理解できるものとして表現されていることを、証明できると考えています。

最後に、シフト読者に向けてメッセージをお願いします。

「WORK OR GO HOME」(働くか、家に帰るか。)

SYRUP
住所:476 Broome Street, Suite 6C, New York, NY 10013-2221, USA
TEL:212.680.1477
FAX:212.680.1478
info@syrupnyc.com
www.syruphelsinki.com

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE