ジョン・クリン

PEOPLE


Park City Grill, 2000 – Oil on canvas. 38x30x1-1/2in. Collection Walker Art Center, Minneapolis, Justin Smith Purchase Fund, 2000. Courtesy Andrea Rosen Gallery, New York and Sadie Coles HQ, Ltd., London. Photograph by Andy Keate. © John Currin


現在、シカゴ現代美術館では「ジョン・クリン展」が、8月23日まで開催されている。彼の作品からは、クルーベやマネ、ブーシェ、ティエポロ、エル・グレコ、クラーナハといった巨匠達の作品要素がぎっしりと詰まった印象が感じられる。作品の中で取り扱われる題材や構成(例えば卒業アルバムや保険の広告、通信販売のカタログなど)が、現代風のアートと見事に融合しているのだ。

しかしクリンの作品は、ただ題材や構成が他とは違うという以上に、何か強烈な力を持っている。ピーター・シェジェルダールが「クリンは、かなりグロテスクとクラシックな優美の究極な状態を、作品でひとつのものにした」(*1) と言ったように、彼の作品にエネルギーを与えているものは何なのだろうか?


Ms Omni, 1993 – Oil on canvas. 48x38in. Stefan T. Edlis and Gael Neeson Collection. Courtesy Andrea Rosen Gallery. Photograph by Peter Muscato. © John Currin

まず、クリンの作品には明確なコンセプトを築く過程があることに注目したい。制作された年代毎に作品を追ってみると、まず最初に目にするのが、どんよりとした女子学生の作品で、これは卒業アルバムから取った写真がベースになった作品だ。生徒達はニュートラルでモノクロの背景の中に佇んでいる (89年から90年にかけて制作。この作品は今回の展覧会では展示されていない)。若い彼女達は、年上にもかかわらず彼女達よりもエネルギーに満ちた中年女性達に遠慮をしているかのようだ。

そしてこれ以降に制作された作品では、例えば「Nadine Gordimer」といった作品のような、かなり特徴のある体をもつ人を描き始める。「Nadine Gordimer」は、実存する小説家の肖像画なのだが、実際の彼女の頭は、クリンが描くほど大きくはない。91年に制作された「The Moved Over Lady」は、 ショートヘアーのしかめっ面をした女性が、キャンバスの左側に描かれた作品だ。


Lovers in the Country, 1993 – Oil on canvas. 52x40in. Collection Andrea Rosen, New York. Courtesy Andrea Rosen Gallery, New York. Photograph by Fred Scruton. © John Currin

90年代半ばになると、これまで頻繁に取り上げてきた悲愴感のあるモデルから決別し、ロマンチックなカップルを頻繁に描くようになる。そういった作品に登場する男性はヒゲをはやしていたり、流行遅れの南部の紳士だったりとさまざまだ。


Heartless, 1997 – Oil on canvas. 44x36in. Collection of Nina and Frank Moore, New York. Courtesy Andrea Rosen Gallery, New York. Photograph by Fred Scruton. © John Currin

90年代後半になると、彼は一変して背景が黒のヌード画を多く描くようになる。これらの作品では、クリンの純粋な喜びを表現されいるが、こういった作品で見受けられないのは、 「The Moved Over Lady」で見られるようなコンセプチュアルな強さや、動きの少なさだ。伝統的な方法で描かれているヌードの女性達はしなやかで、いわゆるよく見られるようなプロポーションだ。クリン自身によると、こういった作品ではわざと社会や政治的題材から懸け離れてみた、とのこと。幻想的な世界に迷い混んだような作品に仕上げたかった、と言う。(*2)


The Pink Tree, 1999 – Oil on canvas. 78x48in. Hirshhorn Museum and Sculpture Garden, Smithsonian Institution, Joseph H. Hirshhorn Purchase Fund, 2000. Courtesy Andrea Rosen Gallery, New York. Photograph by Fred Scruton. © John Currin

このように彼の歴史を追ってみると、一種の連続性を見い出すことができる。まず第一印象で、何らかの違和感を持たせるのがひとつ。しかしそんな印象の背後には、皮肉と賢さのベールが垂れ下がっており、この作品は率直的で、正直で、そして実在するものや人を描いているのだろうか?という疑問を抱かせるのである。浅はかだとか、もしかしたら作者は女嫌いなのではないかと思わせるよりも、クリンの芸術では、故意に「おふざけ」と「陳腐な表現」を包み込んでいるのだ。(*3)


Fishermen, 2002 – Oil on canvas. 50x41in. Sender Collection, New York. Courtesy Andrea Rosen Gallery, New York. Photograph by Oren Slor. © John Currin

クリンのヌードや全裸に近い人物を描いた作品は、セクシュアルだが実際はかなり受動的でもあり、性を描いた作品でもある。こういった作品を良く思わない人もいるのも事実だが、その一方で、そういったやや品性に欠けたものを組み合わせてみたり、実在しそうな男性の裸体を描くということは、芸術的には挑発的なアイディアであり、これはマネの「オリンピア」(1865年制作)に通じるものがある。

*1. The New Yorker 2月号「The Elegant Scavenger」/ 1991年発行
*2. From ‘Interview with John Currin’ conducted by Rochelle Steiner, in ‘John Currin’ / 展覧会カタログ P77/ 2003年発行
*3. Etant Donnes 著「John Currin: Oevres/Works: 1989-1995」P40 / 1995年発行

ジョン・クリン展
会期:2003年5月3日〜8月23日
会場:Museum of Contemporary Art
住所:220 East Chicago Avenue, Chicago, USA
TEL:+1-312-280-2660
www.mcachicago.org

Text: Matt Smith from Clean Magazine
Photos: Courtesy of the Museum of Contemporary Art, Chicago
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE