ジョエル・ツアリンクス展

HAPPENING


60年代と70年代に、概念主義という動きがあるひとつのアートの形を紹介した。そのアートというのが、それ自体が持つ根本的なアイディアから中間的な対象物をできる限り取り除く、というものだ。このアートについての考え方は、書面で表すこともできれば、図式や表で表すことも可能。アーティストやオーディエンスの頭の中にこのアイディアがありさえすれば、身の回りにあるものを使って説明することもできる。この考え方を、ダダイズムとマーシャル・デュシャンの反芸術主義と融合した最も有名な人物は、ジョン・ケイジ、オノ・ヨーク、ヨゼフ・ボイスなども参加した、フルクサルの動きと結び付けた人物だ。

ここに、ジョエル・ツアリンクスというベルギー人アーティストがいる。現在、彼女にとってはアメリカでは初となる展覧会「Chicago Studies: Les etants Donnes」をザ・ルネッサンス・ソサイエティーで開催。概念主義の歴史の輪を、現代という空間で表現している展覧会だ。過去30年間の革新を内面的にするような図式オブジェの言語やアイディアを、アートの世界の会話の中に取り組むということが、多元論的にもなるだけではなく、議論の現象にもつながったのだ。

ザ・ルネッサンス・ソサイエティーは、シカゴ大学のキャンパス内にあることから、ツアリンクスは段ボールからストロー、黒板、机、そして椅子などをセレクト。それらを再度、共通項があるもの同士で分け、現代主義を彷佛とさせる方法でテーブルの上に配置した。その結果現れたのが、いつもの教室にアート作品があるという風景。しかしそこに漂う効果はかなり力強いものだ。神聖なのに世俗的、そして特権的ともいえるあたりまえさは、ある程度は取り消すことができることはでき、また逆に、取りかえすこともできるもの。だからこそ、事前にわざわざ録音しておいた掃除機の音や外の騒音などは、質の高いアートをダメなものにするためには、現在ではあまり使われなくなったのだ。僕がこの展覧会を訪れた時、ギャラリーの窓は全開になっており、午後の光が燦々と入り、キャンパスの外の音がすんなりと展示品と融合していたのが感じられた。もちろん、それぞれのオブジェが何も特別な意味を持っていなかったり、アートを実際に試してみたり、そういったことを無視するのを好んだりするような傾向といった差異があることも確かだ。しかし、とりあえず塗ったんだな、と思われるグレーの部分や、色鮮やかに描かれた丸に対する私達のしらけた興味をあえて描くということは、結果的には見る側の美術館との関係や、展覧会の内容、それにその場の雰囲気に焦点を合わせたものなのである。

Joelle Tuerlinckx
Chicago Studies: Les Etants Donnes, SPACE THESIS
会期:2003年5月4日〜6月15日
会場:The Renaissance Society at the University of Chicago
住所:5811 S. Ellis Avenue, Bergman Gallery, Cobb Hall 418, Chicago, Illinois 60637 USA
TEL:+1-773 -702-8670
info@renaissancesociety.org
www.renaissancesociety.org

Text: Matt Smith from Clean Magazine
Photos: Courtesy of the Renaissance Society
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE