NIKE 公式オンラインストア

フリップ・フロップ・フライン’

PEOPLEText: Sachiko Kurashina

FLIP FLOP FLYIN’(フリップ・フロップ・フライン)ことイギリス人のクレイグ・ロビンソンは、ドイツのベルリンで活動するフリーランス・イラストレーター/デザイナー。この2月からシフトがプロデュースするギャラリー・カフェ、ソ-ソ-で展覧会の開催に合わせ、今月号のシフトのカバーデザインを手掛けてくれた。

まずはじめに自己紹介をお願いします。

生まれはイギリスのリンカーンという街です。父のスティーブン・ロビンソンと母のキャロル・ロビンソンの間で、幸せな幼少時代を過ごしました。父は建築家だったのですが、父が仕事をしている姿を、宿題をやりながらよく見ていたのを覚えています。一緒にヒューマン・リーグやクイーンのレコードをよく聴いていました。大人になった今は、皿洗いに熱中しています。

フリップ・フロップ・フライン’設立に至った経緯を教えてください。

フリップ・フロップ・フライン’ (FFF)を始める前までは、 ロンドンにあるレコード配給会社で働いていました。FFFは、趣味として始めたのですが、結果的にはどんどんFFFに費やす時間が増えていき、それだけFFFのことを考える機会も増えていった、という感じです。

いままでにどのような仕事を手掛けてきましたか?

最近はイラストの仕事がほとんどですが、デザインやアニメーションの仕事もいくつか行いました。フェイス誌、デザインカウンシル(英国)、リーバイス、MTV、リッチー・ホウティン、スリーズネイションなどに作品を提供しています。

サイトには楽しめるコンテンツが沢山ありますが、お勧めコンテンツと内容を教えてください。

僕のサイトでは、まずミニポップスというコンテンツが一番人気のようです。これは、これがこのサイト自体を有名なものとしたコンテンツ、と言ってもいいでしょう。「ボーイ・ミーツ・ピクセル」も人気ですね。これは、ある男の子と女の子のラブストーリーなのですが、女の子役を演じているのはメグ・ライアンで、彼女はピクセル1個分の大きさしかありません。個人的に気に入っているのは、自分の亡き夫に話し掛ける未亡人を描写した「ジョ-ジ」や、片方の腕が異様に長い男の子の話「長い腕を持つデイビッド」といった、影的な存在のものです。「ピート&ボブ」も好きですね。2羽のふくろうがダンスをする様子を楽しめます。

ピクセル作品を制作するプロセスについて教えてください。アイディアから完成まで、どのような作業で制作しているのですか?

ほとんどと言っていいぐらい、まず紙に描きはじめることからスタートします。コンピューターで作業を始めるのは、何か緊急を要している時で、そういった場合はそれがスタートポイントとなります。でもこういった場合は本当に稀で、ほとんどはまず、ペンシル・ドローイングをすることから作業を始めます。その作業を行うことで、ドローイングの数が増える時もあるし、フォトショップでさらっとスケッチをして、ペンシル・ドローイングに戻る時もありますが、自分の中で準備が完成するまで、これらのことを繰り返します。フォトショップでの作業が始まれば、それからが長いですね。いろいろ試してみたり、最小限の大きさで動くビジュアルとしてのオブジェクトを表現する上でのエラーを見つけたりと、結構忙しいです。

アイディアやインスピレーションはどこから得ますか?

誰かが言ってたことや、フレーズ、頭の中を一瞬過った物事から影響を受けます。調子がいい時は、それらをしっかりと受け止めて、何か大きなものの中に取り入れたりします。例えて言うなら僕は陶芸家で、花瓶を作ろうとしていて、粘土もある。もし才能があれば、その粘土から何かすてきなものを作ることができる、というわけです。

ピクセル作品をつくるにあたって気をつけている点、モットーは何ですか?

ある意味、僕の作品は現実的な印象を形にしたものではないかと思います。僕の作品をよくよく見てみると、実際にはそれは、現物とは懸け離れているのだけれども、それを100%同じサイズにしてみると、実は類似している。そういった感じだと思います。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE