デビルロボッツ

PEOPLE

困ったように笑う「トーフ親子」を中心に、かわいいキャラクター達を次々と生み出すクリエイターユニット「デビルロボッツ」。海外でのカンファレンスなどにも積極的に参加し、多くの人々にそのキャラクターは愛されている。そのデビルロボッツが、初となるDVDをリリース。その活躍がますます注目されるデビルロボッツの真髄に、きっと触れられることだろう。


自己紹介をお願いします。

デビルロボッツは、1997年にキタイシンイチロウ(アートディレクター)とサイトウケンジ(クリエィティブディレクター)、カトウセイコウ(プロデューサー)の3人で立ち上げたクリエイターユニットで、2000年に有限会社となりました。
その後ヨシムラヨシゾー(クリエィティブディレクター)、イケガミタケシ(デザイナー)が加わり現在は5名で東京を拠点に活動中です。グラフィック、キャラクター、イラスト、映像、ウェブサイト、音楽、ウェア・グッズの企画・デザイン・制作を行っています。
2003年のキャッチフレーズは「ENTER A NEW PHASE OF DEVILROBOTS」。

昨年は、ト-フ親子が某自動車会社のTVCMで起用されたりと、デビルロボッツのキャラクターをいたるころで目にする機会が多かったのですが、振り返ってみて、昨年は どのような一年でしたか?

2002年は、一押しキャラの「トーフ親子」がCMに起用され認知度が一気に広がりました。

「トーフ親子」は、2001年のN.Y.、パリ、幕張「CANON DIGITAL GALLERY」でのエキシビション・ツアーを経て大きく成長。帰国後は「MEDICOM TOY」からフィギュア化されました。この1月にシリーズ4がリリースされたばかりで、現在まで約20種類の「トーフKUBRICK」が発売されています。
昨年は「CSフジ721」にてTVアニメ化(1話6分:全12話)も実現し、今年にはDVD化も予定しています。さらに扶桑社よりKUBRICK付きの ALL ABOUT TO-FU本「TO-FU 34/102」が発売されました。
あと「トーフ親子」のコミックも連載している香港のデザイン雑誌IdN主催の「IdN Fresh Conference」にも参加、シンガポールと香港と2カ所をまわったりと、デビルロボッツ旋風を巻き起こせた1年だったと思います。

IdNの「Fresh Conference Singapore」や「My Favourite Conference」などにも参加され、そのユニークなパフォーマンスも好評を得たそうですね。海外でこういったイベントに参加されるのはいい気分転換にもなるでしょうし、楽しみでもありますか?

海外に限らず、イベントやConferenceに参加する事はすごく大切にしてます。なので話があると二つ返事で参加を表明します。
海外に行くのは、デビルを全然知らない人へのいいプレゼンの機会だと思います。いろいろな人達と出会い、意見交換をしたり、一緒に飲んだりと日本では味わえない刺激もあって、すごく楽しいです。そうして参加した後は何かしら製作する作品、考え方にも影響は出ていると思います。

今後もいい話があればどんどん参加していきたいと思ってます。

イベントでは世界中から集まったさまざまなクリエイターの方達とも触れ合え、刺激的だと思うのですが、これまでに一番印象に残ったエピソードなどがあれば教えて下さい。

香港の「My Favourite Conference」の打ち上げパーティで騒ぎすぎてマジックで顔に落書きをして楽しんでいたのですが、CLUBのソファをマジックで汚してしまい店員に怒られました。

DVD作品集「EVIL GOLD」について教えて下さい。どのような内容ですか?

デビルロボッツ初のDVD作品集「EVIL GOLD」は、デビルのすべてというコンセプトでメニューを「A to Z」のイニシャルにちなんだ26個のコンテンツに分けています。「A」なら「ALIEN(エイリアン)」というような感じです。
evirob、CRACLE&CRAZE、エロたん、バイブくんなど新作ショートムービーを中心に、名作でびる道、過去のジングル、ワールドツアーの模様など、デビルの今昔を収めたまさにデビルロボッツ大辞典。毒と笑いとかわいさ渦巻くデビルの映像祭り!DVDになっています。

2002年12月にHMVで先行発売された初回限定版は、SPECIAL KUBRICK・KEY CHAIN付き。金ピカパッケージの2000部がほぼ完売しました。1月24日に発売されたのはその「standard edition」です。

このDVD作品集のお勧めはどういったところですか?

オススメ点は、このDVD1枚で2000年あたりからのデビルの映像作品をほぼ見る事ができます。楽しみ方としては、26個コンテンツがあるので自分の好きなコンテンツを何回も見るのもアリだし、仲のいいオトモダチに貸してあげるのもアリだと思います。
また限定版ならKUBRICKも付いているのでKUBRICKで遊ぶのもアリだと思います。ちょっとHなコンテンツのエロたん(歌もの)というのがあるのですが、友人が「エロたんばっかり見ていたからエロたんの歌が頭から離れない~」と言ってました。これも楽しみ方のひとつだと思います。

新しいキャラクターなどは、どのような時に生まれてくるのでしょうか?

ラフスケッチをしている時に気が付いたら生まれてきています。ラフスケッチは特に自宅で寝る前などにコピー用紙のウラなどに鉛筆で描いています。その中から気に入った子(キャラ)がいるとスキャニングしてラインを起こしてみたりとかしてキャラが生まれてきます。
後は、キャラのプレゼンの仕事の時にはたくさん生まれます。プレゼンに落ちてもデビルロボッツのキャラストックになるので、そのキャラがまた次の機会にデビューするチャンスもあります。

インスピレーションを受けるもの、人、場所などはありますか?

自分の目で見るモノ、耳で聞くモノ、全てにインスピレーションを受けます。本屋ではさまざまな雑誌、本を見ています。CDショップでも最新のCDを視聴したり、ジャケットを見たりしています。

デビルロボッツのオリジナルブランド「evirob」について教えて下さい。このブランドのコンセプトは何ですか

自分たちのデザインするウエアを着たいという気持ちから、2001年夏に満を持してオリジナルブランド「evirob」(イヴィロブ)を立ち上げました。
コンセプトは、日常にふとまぎれこんだ「weird」なアイコン、メッセージ…。それはいつの間にか、慣れ親しんだライフスタイルの中で「another standard」として居座りはじめる。
evirobというブランド名は、devilrobotsの文字を切り取ったものになっています。

シーズンごとのTシャツなどのウェア、ライター等の雑貨をはじめ、2002年には「MEDICOM TOY CO.」とのコラボによるフィギュアシリーズの制作、ファッション誌「GET ON!」でのevirobコミック連載とその「weird」な世界を大きく展開しています。

すばりデビルロボッツにとって、デザインするということは?

ステキな仕事です。

最後に今後の予定を教えて下さい。

1月30日にパリで行われる「gamehotel」というイベントに参加します。5月にはニュージーランドで行われる「design survival camp 6」に参加する予定です。
また「EVILGOLD」のイメージキャラの「GOLDBOYS」が3月からの「TSUTAYA ONLINE」のイメージキャラに決定。ポスター、パンフレット、ウェブなどで展開されます。

DEVILROBOTS
住所 :東京都新宿区水道町4-28 村上ビル2F
TEL:03-3267-7336/03-5225-3474
yoshizo@devilrobots.com
www.devilrobots.com

Text: Sachiko Kurashina

DEVILROBOTS DVD – 「EVIL GOLD」は、シフトファクトリーで購入可能です。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE