ドローイング・アテンション

HAPPENING


ドローイング作品を主に集めたグループ展覧会「ドローイング・アテンション」が、1月10日から2月2日まで、トロントのスピン・ギャラリーで開催されている。本展覧会のキュレーションを担当しているのは、ジューノ・ユーン。カナダ、メキシコ、エルサルバドル、韓国、スコットランド、アメリカから、20名以上のアーティストをフィーチャーしており、興味深い作品もちらほら。フレッシュな新しい作品を、上手に紹介している展覧会だ。

参加アーティスト:シシ・ペネローザ、ローレル・マックミラン、クリストファー・ロリー、クリストファー・ハットサル、マイケル・ケインズ、コジョー・グリッフィン、ミン・キム、スコット・マックユアン、ジェレミー・ライン、ベノット・サイトー、ミサキウ、マット・ペイヘン、ロン・アックロイド、ポーラ・クープ、ジェイソン・ヴァン・ホーン、ルーシー・チャン、オスカー・カミロ・デ・ラス・フロレス、マイケル・トーク、サン・ジャ・キム、マリオ・ドーセット、デリック・ホッグソン、クリストファー・アーノルディン、シャーリー・ボイル、ダリル・ヴォキャット、ジェラルド・イェピズ/アコモンチ、マーク・クリントバーグ。

僕は親友のデリック・ホッグソンの作品を見に足を運んだのだが、ペインティングが基本となった彼のドローイングは、とても美しく表現されており、レイヤーが無数に入った作品では、彼が制作した多くのキャラクター達のエネルギーが漲っているのを感じることができた。

ホッグソンはオンタリオ芸術大学でコミュニケーション学、デザイン、プリントマーケティング、ブックアートを専攻。1996年卒業。99年に「MDRLクリエイティブ」としての活動を開始し、イラストレーション、デザイン、アニメーションを通じて数々のプロジェクトをこなし、彼のドローイングをぬいぐるみにする企画、ホボイヤード・トイ・コレクティブを実行。現在では、彼の作品は世界中で紹介されており、日本もそのうちのひとつである。

ドローイング・アテンション
会期:2004年1月10日〜2月2日
会場:Spin Gallery
住所:156 – 158 Bathurst Street (south of Richmond), Toronto
TEL:416 530 7656
www.spingallery.ca

Text and Photos: Mikey Richardson from Amoeba Corp
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE