A+M

PEOPLE

2003年最初のカバーデザインを制作してくれたのは、ブラジルとベネズエラで活動する「A’+M」。彼らの作品は先日行われた”「シフト・カレンダー・コンペティション」”で選出され、2月のページを印象的な作品で飾っている。そんな彼らの言葉からは、南アメリカの国で活動することへの誇り、そしてどのような挑戦でも試みてみるといった、エネルギッシュな冒険心が感じられる。


自己紹介をお願いします。

「A’+M」は、クラリッサ・トッシン(A’)と、ミギュエル・ヴァスケス(M)による、コラボレーション・デザイン・プロジェクトです。

これまでにも多くのコラボレーションの経験を積まれてきたと思いますが、2人の活動において、共同作業はどのような意味を持っていますか?

A’+M:違った視点を学んだり、それを受け入れ、敬意を持ったりするには、誰かと関わり合いを持つのがan you tell us more一番の方法だと思います。もしコラボレーションが常に学校の成績のように「A+」とかだったら、良い結果が伴うのも当然です。コラボレーションといっても、レベルもさまざまです。どのレベルも「A’+M」としては受け入れてきましたが、本心としては、印象とか想いといったような、微妙なものをお互いに交換できればいいな、と想っています。でも基本的には、影響力のある人と関わり合いを持つことについて私たちは、とてもオープンだと思いますし、また、何かの作業の最中にインスパイアされたり、技術を高めたり、友達と作業をすることは重要ですね。例えば今回制作したカバーデザインは、ブラジル人の友人、サウンド・デザイナーの「NLSOD」とのコラボレーションです。

どのような方法でコラボレーションを行っていますか?

A’:私は皿洗いより、調理の方が好き、という感じです。

M:A’ がこんな感じなので、調理は私の役割で、彼女は皿洗いです。

今までに特に印象に残っているコラボレーションプロジェクトは何ですか?

ドイツの出版社「DIE GESTALTEN VERLAG」からリリースされた、「LATINO」ですね。これは私達が初めて参加した共同プロジェクトでした。その他としては、SPFW(サンパウロ・ファッション・ウィーク)のCD制作。これは、音楽とファッションからダイレクトにインスピレーションを得た、ムーブメントや広がりが表現されたものです。あとは、ブラジルの北東部にあるレシフのカーニバルや、「ジラマンド」というレースでできた風で動くおもちゃの制作などが、印象に残っています。

作品はどのように制作しているのですか?

A’:制作の始まりにも終わりにも、ルールは基本的にはありません。全員にとって一番いい方法がそれだと思います。

M:例えば調節を加えてみたり、同じフォームを基本としてグラフィックシステムを作り上げるためにもうひとつのスタート地点として使ってみたり、同じ作品やコンセプトを違うメディアに取り入れてみたりなど、制作にもいろいろなレベルがあります。
今回のカバーデザインの場合は、メイングラフィックで使用されているフォントがまず浮かび上がってきました。いろいろなレベル、フォーム、ファンクションに関連したものすべてを使用しています。

現在はどこに在住ですか?

M:ベネズエラのカラカスです。

A’:ブラジルのサンパウロです。

あなた方の国とアートシーンについて教えて下さい。

A’:ブラジルでは今、新しいアーティスト、デザイナー、ミュージシャンが次々と出現し、同じようにインタラクとし、ちょっと似通った、あるいは現代的な作品を制作していると思います。その中でも、ナショナル、クインタ-フェイラ、シスマ、ハートモールドなどが有名ですが、もっとオリジナルに自分を表現できる方法があるはずだと思います。

M:カラカスは、自然、山、その他さまざまなものの中で混沌としている状態です。新しいアートシーンそのものや、人々自身が、一番ベストな表現方法を模索している状態だと思うし、それを、今までにないやり方でやってみよう、としているところだと思います。
例えば、MASA、TOHYTO、SIMPL3、MAGNETOFONICA、TRECE、Dr.MUU Y LA MARINA MERCANTEなどが、ベネズエラ国内外でそういった活動を行っている人たちです。物理的、バーチャル的なものはもうすでに、問題外なものなのではないでしょうか。

以上のことは、自身の作品に影響を及ぼしていますか?

A’:もちろん。生活自体が私の作品にとっては影響力のあるものですし、友達やその他の人々とは、いろいろな想いを共有しています。

M:影響力は大きいですね。南アメリカやベネズエラが現在置かれている状況、そういった国の温暖な気候と色は、実際のところアートシーンより影響力は強いです。(唯一私が影響を受けるのは、NEDO、LEUFERT、SOTO、CRUZDIEZといった60年代に活躍したベネズエラ人達の存在です。)なぜならそれは、すべてが「とにかくやってみること」だから。「A’+M」としては、デザインやアートシーンとはかなり懸け離れた、影響力のあるものが好きです。懸け離れたほうが良いのです。

作品にはどのような気持ちを込め制作していますか?

A’+M:私達の作品を、「ミニマリズムのバロッコ」と定義した友達がいます(笑)。きっと彼は、こういった矛盾したコンセプトが好きなんでしょう。おそらく、フェミニンな印象があるので、私達の作品が複雑で、不思議に感じられるのではないのかな、と思います。実際にはよくわかりません。でも、唯一確信できているのは、私達が作品をいろいろなレベルで制作している、ということ。だからこそ、深く感じる人もいるし、全体をざっと眺める人もいるのではないでしょうか。

アーティストとして、作品制作の上で掲げている目標や哲学はありますか?

A’+M:詳しく研究するために時間を費やすこと。とにかく見てみること。

今でも自分らしい表現方法を探しています。でも、そうすることを楽しんでいますし、そうすることが好きなのです。

先日行われた「シフト・カレンダー・コンペティション」で選ばれた作品は、その他11名のアーティストの作品と共に、今月からソ-ソ-カフェで開催される展覧会で展示されます。こういったコンペティションについては、どう思っていますか?

A’+M:他のアーティストの作品を見たり、自分の作品を見てもらうためには、コンペは重要な手段です。

日付けを伝えるものとしてのカレンダーという存在がいい、と思いましたし(それだけではなく、ギャラリー的な要素もありますよね)、少なくとも1ケ月間は誰かの目に触れる、というのもいいと思いました。いろいろな作品を見ることができるということだけではなく、世界中から参加者が集まる、そして南アメリカもその一部になれる、というところがいいな、と思いました。

今回制作していただいたカバーデザインについて教えて下さい。何をイメージして作りましたか?

A’+M:日本、ベネズエラ、ブラジル、東京、カラカス、そしてサンパウロ。
その他にも、時差、それぞれの都市に住む住人を結ぶさまざまなコード。距離。緯度と経度。そういったものがすべてミックスされ、更にそれらの良い点も活かしました。また、世界を統計的に理解するのが好きなので、それも使い、クォリティやフォームのコンスタントな変化も取り入れました。

最後に読者にメッセージをお願いします。

M:調理してみること、そしてそれを続けること。

A’:読んでくれてありがとう。

Clarissa Tossin
clarissa@a-linha.org
www.a-linha.org

Miguel Vasquez
atari@masa.com.ve
www.masa.com.ve

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE