バンクーバー・アンダーグラウンド映画祭

HAPPENING


Logo design by Humanfive


無彩色の空、冬空の下、背中を丸めず、寒さを楽しむ旋毛曲がりになるのも楽しいけれど、ポップコーン片手に旋毛曲がりたちのエクスペリメンタルなフィルムをわいわい見るのはもっと楽しい。頭が灰色の空を忘れて、色鮮やかになるのがわかるからかもしれない。

今年で5回目を向かえる「ブライディング・ライト・シネマ」による「バンクーバー・アンダーグラウンド・フィルム・フェスティバル」(VUFF)が21日の夜に幕を開けた。今年は、計58もの作品がバンクーバーからだけではなく、ニューヨーク、サンフランシスコ、トロントなどから集められ、11月21日から24日までの4日間にわたり上映された。

21日のオープニングナイトでは「スーパーマン・ポルノグラファー」のタイトルのもと、サンフランシスコからマイルズ・モンタルバノのビデオ「ラブ・アンド・モンスター」、ウィニペグからソロモン・ナグラーの16mmフィルム「Doc1.doc」、バンクーバーからマット・フィデンとエイミー・ロックハートのビデオ「ミス・エドモントン・ティーンバーガー1983・イン・“ユア・エターナル”」、トロントからシーラ・パイの「レッスン」、そしてブランドンからマイルズ・ラグロイスとドゥルー・ラグロイスの40分ビデオ「マイクロ・ナイス」が上映された。

みどころは、ミス・エドモントン・ティーンバーガーの青春を描いたエイミー・ロックハートの「ミス・エドモントン・ティーンバーガー1983・イン・“ユア・エターナル”」と悪党魔女たちのいたずらな企みを描いた自作のコミック「マイクロ・ナイス」を映像化したマイルズ・ラグロイスとドゥルー・ラグロイスの作品だ。ユニークなコスチュームやブラックユーモアに満ちたストーリーの展開で常に場内は笑いに包まれていた。


Amy Lockhart, Jaret Penner & Mike Swaney from Humanfive

会場はエイミー・ロックハート(写真左上)やVUFFの宣伝ポスターを手掛けたヒューマンファイブ(写真右上)を含む多くの観客で溢れ、賑やかなものとなった。

4日間のスケジュールはVUFFのウェブサイトでチェックすることができる。

1998年にアレックス・マッケンジーにより創立されたブラインディングライトシネマは、ノースアメリカで唯一、フルタイムでアンダーグラウンドフィルムを上映している。トータルで110席という空間は、アンダーグラウンドフィルムを楽しむ観客だけではなく、フィルムメーカーたちにとって重要な場所となっている。ブラインディングライトのオープン・サブミッション・ポリシーでは、「上映するのにインディヒーローになる必要はない」とあらゆるフィルムメーカーに彼らの作品を上映する機会を与える「ブリング・ユア・オウン・フィルム・ナイト」がマンスリーで設けられている。新鮮な素材に溢れ、つねに新しい才能に出会えるこのシネマはアンダーグラウンドカルチャーを力強く支えている。

無気力に見えた灰色の空があらたな才能の色をより鮮やかにしてくれてたなんて、眺めてるだけでは気づかなかった。街中に溢れる創造力が私たちの心と体を熱くする、今年の冬も楽しくなりそうだ。


5th Annual Vancouver Film Festival QuickTime4 Streaming video. (1.7M)

第5回バンクーバー・アンダーグラウンド・フィルム・フェスティバル
会場:The Blinding Light!! Cinema
住所:36 Powell Street, Vancouver, BC V6A 1E7
TEL:+1-604-684-8288
http://www.blindinglight.com

Text and Photos: Aya Takada from SML-(6j6)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE