ソナーサウンド・トウキョウ 02

- - - - -

10月12日と13日の2日間に渡り、「Roppongi Hills Information Center/THINK ZONE」を会場として開催された「ソナーサウンド東京 2002」。スペイン・バルセロナにて毎年開催されているアドヴァンスド・ ミュージックとマルティメディア・アートの国際フェスティバル「ソナー」の衛星プログラム、そして同時期に開催中の「東京デザイナーズブロック2002」の関連プログラム、という2つの側面を持つ今回のイベント。国内外で活躍中のミュージシャンによるライブパフォーマンスに加え、第一線で活躍中の批評家、アーティスト等によるシンポジウムとレクチャーによって、現在のエレクトロニック・ミュージックの一端を知ることができた。


今回のレポートは初日に行われた「ソナーサウンズ・シンポジウム」と、2日目に行われた「ソナーサウンズ・レクチャー」を中心にお届けする。

「ソナーサウンズ・シンポジウム」は、野々村文宏、ジョエル・ライアン、佐々木敦、久保田晃弘、四方幸子の5人によって、「デジタル・テクノロジーと音楽・映像・アート、そしてデザイン-その現状と今後の行方、さらなる未来のヴィジョン」をテーマとして行われた。このシンポジウムは司会の野々村文宏によるテーマと参加者の紹介のあと、各参加者がそれぞれスピーチを行い、それに対して討論するといった形式で行われた。

まずはじめに登場したのは久保田晃弘。大学で教えつつ作品の制作/演奏を通じて、表現素材としてのコンピュータの可能性を探究している彼のスピーチは、コンピュータ上での数による表現を考える事こそがデジタルデザインの出発点とも言えるのではないか、存在しているもののデジタル化ではなく数をどのように表現するのかが重要、その場合のインタフェースと感覚との関係、表現とアルゴリズムとの関係とその分散的な使用、そしてそれらによって実際なにが可能になるのか、といった話題からなり、まず数-デジタルが存在している、というところから表現を考えるという視点が興味深く感じられた。

続いて四方幸子。メディアアート関連のキュレーターとしてまた批評家として多方面での活躍で知られる彼女は、実際に彼女が関わってきたプ ロジェクトである「kingdom of piracy」の紹介を通じて、カルチャーとデジタルとの関係について語っていた。 「kingdom of piracy」は、13組のアーティストの参加による共有文化と知的所有権との関係に対してのプロジェクトであり、本来であれば今年5月に完成予定であったのだが、政府による圧力などの影響で、現在もサーバが移動しつづけている流浪のプロジェクトとなっている。その中には「RSG」によるコモドール64のゲームのクラッキングタグのコレクションや、エキソニモによるグヌーテラのネットワークを利用したMP3のカットアップ、といった興味深い作品が含まれており、犯罪といたずらとの境界線、そこでのアートとは、といった重要な問題が示されていた。また彼女の話の中でも特に、初期のネットアート作品がコードの破壊に重きをおいていたのに対し、現在は、オープンソース、ワークスペースとしての作品にシフトしている、という指摘が印象的だった。

3番目のジョエル・ライアンのスピーチは、「HEADZ」のバルーチャ・ハシムの通訳を通じて行われた。コンピュータを用いた即興演奏、ライブパフォーマンスを追求する音楽家であり、STEIMの研究者でもある彼は、電子音楽におけるパフォーマンスとインタフェイスの重要性、80年代初頭にPCを音楽に使い出した、プログラミングとデザイン、即興性とコンピュータとの関係、新たな楽器の開発、エヴァンパーカーとの共演といった話題を実例を数多く交えながら話していた。研究機関での電子音楽がスタジオワークに偏っているのが嫌で、リアルタイムに関心がある、という演奏を重視したその姿勢に好感が持てた。

HEADZでのイベント開催や多数の著作で知られる佐々木敦は、映像を中心としたアーティスト集団である「242.パイロット」のDVDを上映し彼らの話題を中心に話を進めていた。「nato」を駆使した作品制作を行っている多国籍の3人組のユニット、映像を即興的に演奏するという視点、といった話題が話された。

続いて幾つかの話題に関して討論が行われた。幾つか紹介すると、アルゴリズムとパフォーマンスとの関係については、たとえばバイオリニストがアルゴリズムをコントロールする、といった形での解がジョエル・ライアンから示され、物理性をコンピュータとの関係に持ち込む、これまでに得た演奏のスキルを生かすことの出来る新たな楽器、といった意見を聞くことが出来た。

また、佐々木敦から、最近よく聞かれるラップトップによるパフォーマンスが音だけで退屈だ、という批判に対して、ライブ性=演奏者の行為、ではなく=環境と捕らえるべきなのでは、という意見が出された。これは視点をシフトするという点で面白い考えだと思うのだが、実際に音響システム、空間の響き、といった環境にパフォーマンス以上に気を配っているライブがあまり存在していないことを考えるとやや疑問が残る。
更に、パフォーマンスとメディアアートとの関連について、たとえばゲームをやるのは面白いけど、見てるだけだとつまらない、一方向ではなく双方向だとよりおもしろい、といった意見がジョエル・ライアンから出され、それに答える形で、作品として場所、空間を作るものが現れてきている、との四方幸子の発言があった。

オーディエンスがあまり多くなかったのが残念ではあったが、第一線で活躍中の人々による中身の濃いシンポジウムであり、テクノロジー・アート・表現の現状を把握する上で良い機会となった。現在はアート、非アートを含め様々な境界が揺らいできている、という誰かの言葉と、ジョエル・ライアンの60年代にサーファーがスケーターになったように、物理世界からデジタルワールドへ、という言葉が印象的だった。

続いてその日の夜のイベントでは、ホワイ・シープ?、ナムケンタロウデニス・デサンティスワタナベ・ヒロシソウル・センター田中フミヤなどによるパフォーマンスが行われた。スケジュールの都合上残念ながらほとんど参加することが出来なかったが、友人によると、そのなかでもケンタロウのパフォーマンスは多くの観客の注目を集めていたようだった。確かにリハーサルの際も、多くのスタッフがDMC WORLDチャンピオンでもある彼のパフォーマンをみつめていたし、行為と音との関係が見て取れるというのは、少なくとも観客側にとっては重要な事なのではないだろうか。

SALONの針谷周作のナビゲートによる2日目の「ソナーサウンズ・レクチャー」は“AUDIO+VISUAL+MEDIA”というテーマの下、町田良夫、久保田晃弘、ジョエル・ライアンの3人をゲストに迎え、それぞれが短いパフォーマンスとレクチャーを行うという形式で行われた。

自作の「AMORPHONE」と「MAX/MSP」によるリアルタイム・プロセッシング・システムにより行われた町田良夫のパフォーマンスは、細かなフレーズとその音をプロセッシングした音とが重なり合い、心地よい雰囲気を作っていた。
その後のレクチャーでは「AMORPHONE」の製作過程の説明として、ドラム缶をハンマーで叩いてチューニング、通常のスチールパンとは異なる音の配列・音律になっている、現代のスチールパンと30年代のスチールパンとの中間の音がする、といった話題やMAXパッチの解説、また作品の解説として、楽器もパッチも一から音を作れる、ライブ演奏はその場での音作りである、といった話題が話された。特に、ハンマーを使用するためイヤパッドで耳を保護しないと作れない音色がある、作ることでわかる、といった話は興味深く聞くことができた。

前日に続いての登場となる久保田晃弘は、分断的なパルス音と同期して映し出される粗めなテクスチャを持つスクウェアな映像とを組み合わせたパフォーマンスを行い、その後のレクチャーでは前日に引き続き、コンピュータによるリアルタイムでの表現、アルゴリズムと即興との関係、表現におけるプログラミング、より介入しやすいインタフェイス、等への言及がなされた。練習によって向上するプログラムがあってもいいのでは、という話には共感がもて、今後の著作・表現活動が楽しみだ。

最後のジョエル・ライアン、彼も前日に引き続いての参加であり、再度バルーチャ・ハシムを通訳に迎えてレクチャーが進められた。まず、彼自身の楽器に対する考えとして、「touch」というキーワードの下に身体とコンピュータとの関係、身体の処理能力の素早さ、プログラムに対するユーザのコントロールの欠如、といった話題が話された。続いて彼の属している電子音楽の研究機関であるSTEIMの紹介として、Michel Waisviszによる回路に手で触れて演奏することのできるシンセサイザー「Cracklebox」や、手に装着する楽器である「The Hands」、複数のパラメータを同時に操作する事の出来る「The Web」といった様々な楽器についてムービーを交えたプレゼンテーションを行った。その中でも、コンピュータを操作して音を作る場合、周波数や音量といったパラメータの変化として音が聴こえるが、通常の楽器や特に歌などでは、口の形や呼吸の量といった様々なパラメータを操作していても一つの音色の変化として聴こえるという話は強く印象に残った。

最後に彼自身の携わったプロジェクトの紹介として「TGarden」の紹介が行われた。この作品はコスチュームを身に付けた観客=参加者の動きをセンシングして空間を変化させていくもので、前日にも話題となった場としての作品を実現したものとなっていた。また、パフォーマンスでは、チェロのサンプル音の「SuperCollider」上でのグラニュラシンセシスにより、一つの素材からとは思えないほどの幅広い音を作り出していた。

時間の関係上、予定されていた討論等がなくなってしまったのは残念だったが、前日同様に興味深い話題が繰り広げられており、どこかでこの内容が公開されることを期待したい。

その後のイベントでは再びジョエル・ライアンのパフォーマンスが行われ、「SuperCollider」による高音質の音を会場に響かせていた。続いて、ワールズ・エンド・ガールフレンド、ヤマウチ、ポータブル・コミュニティー、砂原良徳ウルリッヒ・シュナウスフィブラナオ・トクイエンジェル・モリーナなどによるパフォーマンスが行われ、会場のZONEを音と映像とで満たしていた。

両日を通じて、昼と夜とのオーディエンスの数にかなりの差がありはしたが、双方ともに充実した内容であり、現在のエレクトロニック・ミュージックの一端を知る良い機会となったのではないだろうか。

ソナーサウンド東京 2002
会期:2002年10月12日~13日
会場:Roppongi Hills Information Center / THINK ZONE
TEL:03-5770-8777
www.sonarsound.jp

Text: Jo Kazuhiro
Photos: Hiroshi Watanabe (w), Jo Kazuhiro
Special thanks: portable[k]ommunity

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE