ヘルムート・ニュートン展

HAPPENING


© Helmut Newton / Monte Carlo 1987 / Photo: Alice Springs


これは、女王様的なピンヒールを履いた女性の写真ではないし、もちろん、ポルノ写真でもない。正真正銘のファッション写真だ。ここの揃っているのはヌード、ポートレート、広告写真など。モンタージュ作品でもあり、実験的な作品、そして技術的に完璧なもの。それが「HELMUT NEWTON – WORK」展なのだ。これは、ニュートンの写真との関わりを広範囲に集めた初の試み。2000年8月に80歳を迎えたのを記念に、彼の妻、ジューンが企画、ベルリン市内のさまざまな美術館の協力によって現実になった展覧会だ。


© Helmut Newton / Domestic Nude IX / Die Rothaarige, Los Angeles 1992

さて、ではなぜ、この展覧会がウィーンにやって来たのか?それはこの展覧会が、ウィーン郊外にある旧たばこ工場、クンスタール・クレムズにて開催されているからである。工場だった建物は、1995年にオーストリア人建築家、アドルフ・クリスシャンツによって、現代美術館へと新生。1400平方メートルの展示スペースを持つクンスタール・クレムズ。主に現代美術作品の展示を行っている美術館だ。


© Helmut Newton / aus der Serie “Dummies” / Berlin 1994

ニュートンに話を戻そう。このベルリン生まれの写真家についての逸話は数しれないが、ここでは主な概要を紹介したい。複雑、かつ、奥が深いニュートンの世界。著明な俳優、女優、政治家、ファッションデザイナー、貴族、そしてハリウッドの社交界を撮り続けてきたニュートン。卓越した方法で、ポートレートというアートを形付けることに関しては、ニュートンの右に出る者はいない、と言っても過言ではない。ニュートンこそ、ヌード、ポートレート、そしてファッションという境界線を混じり合わせ、そしてその境界線を無くすことができた、ただ一人の人物なのである。


© Helmut Newton / Bauwelt Katalog / Paris 1987

60年代、彼の作品は刺激が強く、挑発的なものとして評価されていたが、しかしそこで見られる美や、技術的な完成度は非の打ちどころがないものばかりである。彼の作品の中に広がる表現の豊かさ、そして明白にユーモアを交えながら社会を見つめるその作品には、ニュートンが既に予期していた21世紀の女性像がある。体からみなぎるバイタリティーを発し、官能的な喜びを味わうのに十分に適した女性を映し出しているのが、ニュートンの写真なのである。

新作と未発表のプロジェクトを中心に発表している今回の展覧会。ニュートンの写真の世界全体の集結とも言えるだろう。今回公開されている450点の作品のほとんどが、過去40年間に撮影されたもの。しかし、依頼された作品、自由に撮影した作品、そして個人的なスナップショットのどれをとっても、そこには差異が無い、ということに注目していただきたい。彼の作品のいくつかは、時に再度手を入れられ発表されることがあるにもかかわらず、訪れる度にビジターは新しい印象を抱く。新作と未発表作品を多く集めた「HELMUT NEWTON – WORK展」は、写真愛好家ならば必ずチェックしておくべき展覧会だ。

Helmut Newton – Work
会期: 2002年10月13日〜2003年1月5日
会場:Kunsthalle Krems
住所:Franz Zeller Platz 3, 3500 Krems-Stein Austria
TEL:+43 (0) 2732 / 90 80 10 – 17
office@kunsthalle.at
www.kunsthalle.at

Text: Christina Merl
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE