デザイン・ナウ展

HAPPENING


最近ある人から、私が以前紹介した「ゲーム・オン」についてのレポートを批評するメールが来た。実際に誰かが記事を読んでいるのだという事実として私はそれを受け止め、そして密かに嬉しかった。とにかくその人が言いたかったのは、私は浮わついており、よくいるジャーナリストのようで、個人的な内容としては十分ではないし、誰もがうんざりしている双曲線的なPRの気まぐれを許すには程遠い、ということだった。この批評に大いに勇気づけられた私は、車に飛び乗り、ロンドンにある「デザイン・ミュージアム」に向かった。タワーブリッジはその日、時代遅れのような形相できらきらしていた(しかしこの方が、旅行者うけするのだろう)。市長の新しい隠れ家は、未来のエコーシステムが導入されており、地味に洒落ている。テムズ川は、かつて本当にそうだったかのように太った茶色い蛇のようだ。古代、ビクトリア、モダン、ポストモダンの建物が、ごちゃ混ぜになっていて醜い。そこは慣習と何処までが古いものなのか、という無秩序な拒絶の狭間にある力のバランスを変化させる事を考えるには、適した環境ではないだろうか、と考えていた。

私が行った展覧会は、グラフィックデザイナーのクリスチャン・クスターズとデザイン史学専攻家のエミリー・キング、批判的に評価を受けている本、「RESTART: NEW SYSTEMS IN GRAPHIC DESIGN 」(Thames & Hudson) の編集者のキュレーションで行われている。「DESIGN NOW – GRAPHICS」からは、国際的に活躍するアーティストの興味深いセレクションからの作品を通じて、今のデザインを鋭く切る洞察力を得ることができる。いつもは実験的なものであったり、編集上の作品が取り上げられる事が多いのだが、クライアントがいらいらするような存在ではなく、インスピレーションになるうることがあれば、彼等とのプロジェクトのバランスも上手く取ることができるのだ。私たちの誰もが、このことを時には思い出す必要があるのかもしれない。

「デザイン・ミュージアム」は奇妙なところだ。その素晴らしい意図に反して、いつも何だか不思議なところに居る気がしてしまう。きっと、ロンドンにある主要なミュージアムとは、それ程強い繋がりはないのかもしれない。

展覧会の開場は、上階で開催しないほうがいいのではないかと思った。ガラスケースが置いてあるのだが、これらは印刷物の作品を展示するには特に向いていないと思う。ヨージ・ヤマモトの為にM/Mが制作した作品は粗野に飾られており、ポスターの下の部分もまるで昨日残したサンドウィッチのようにくるんとカールしていた。言っておくがこれは、ザ・デザイン・ミュージアムでの出来事である。

会場の空間自体も広くないのは残念な事だし、それ故に素晴らしい作品集に収められているプロジェクト作品を十分に収容できていないのもどうかと思った。この展覧会でフィーチャーされているデザイナーの中には、アメリカのタイポグラファー、マシュー・カーターとアンドリュー・ブローベルトの名前も見つける事が出来た。彼等はミネアポリスにある「ザ・ウォーカー・アート・センター」で活動している。ここは受賞経験もあるデザインスタジオだ。今回の展覧会では、「ザ・ウォーカー・アート・センター」で作られたザ・ウォーカー・タイプフェイスの制作といったようなコラボレーションプロジェクトを紹介している。M/Mはパリを拠点に活動する、マイケル・アムザラグとマシアス・オウガスティニャックのデザインスタジオ。92年からその活動を開始している。音楽関係のプロジェクトからスタートした彼等だが、バレンシアガ、ジル・サンダー、ヨージ・ヤマモトといったファッション業界とのコラボレーションを手掛けるようになる。最近では、「パリ・ヴォーグ」のクリエイティブ・ディレクターとして活躍。タイポグラフィーを教えるスイスの学校で学んだミュラー+ヘスは、自分達の作品をその伝統の洗練された破壊と描写する。チューリッヒにある彼等のスタジオでは、ビート・ミュラーとウェンドリン・ヘスの2人は「GRENZWERTマガジン」等のセルフパブリッシュプロジェクトの他、「ベイゼル・ア−ト・フェア」や「カスカコンデンセイタ−・アート」への作品等を手掛けている。メヴィス・ヴァン・ドルステンは、アムステルダムを拠点に活動をしているデザインチーム。アルマンド・メヴィスとリンダ・ヴァン・ドルステセンによって設立された。ヨーロッパ文化の首都としてのロッテルダムのアイデンティティの制作だけではなく、アムステルダムにある「オランダ・デザイン・インスティテゥート」、「ザ・ステデリック・ミュージアム」、「ミュージックシアター」との仕事をこなしている。

M/Mの作品はアートフルでオリジナル性に溢れている。彼等の作品からは、ワイルドな感受性と共に、奥深い生き生きとした物語を伝えるということへの、とても伝統的なセンスが感じられる。活気的で、神経質で、それでいて心に残る作品なのだ。ヨージ・ヤマモトのために制作した作品は、上品で忘れる事が出来ないもの。それだけではなく、控えめと超過が程よくミックスされている。明らかに他の人たちの作品とは違って珍しいものばかり。今にも何か起こりそうな興奮した感覚と共に、彼等の作品を楽しむ事ができるのだ。見事なアートディレクションと写真、そして巧みなグラフィックニュアンスで、オフステージなナラティブが展開されている。M/Mは言う「デザインは会話のようなもので、常に答を求めているのだ」。

ミュラー+ヘスにとってタイポグラフィック・トラディションとの愛と憎悪の関係は、作品へのエンジンともいえるものだ。複雑なデザイン環境、「発見する」ということから自然と生じる喜び、あるいは「偶然的な」結果に対するあらかじめ決められたシステムのアプリケーションは、厳粛で遠慮がち的な最初の感覚であるにもかかわらず、かなり活発的なものだ。彼等の作品のほとんどがスマートでコミュニケーションの能力があるものばかり。学生用のパンフレットや名刺をリサイクルして更にその上に印刷を重ねている作品は、素晴らしく効果的で、どのように時間が経過し、変化が生じて行くのか、というストレスの強烈な方法ともいえる。時、変化、そしてはかなさという、まさに人間らしい感覚を描写したインクの墓場は、彼等の最終結果である。印刷を重ねるという方法は、儀式的な真言になり、それはタイポグラフィックの構成上、形式的な構造に対する共鳴なのである。

メヴィス・ヴァン・ドルステンの作品でも、それが持つスマートさと簡潔さに驚いてしまった。彼等は編集上の再調整のプロセスに秀でており、その行程だけではなく目的にも楽しみを生み出しているのだ。展示されている作品は映画的な本で、それらはしつようにカタログのようで、ダイジェストのようにつかの間のようなものに思える。何かを説明する為の術をいつも探しているかのようにも見える。彼等は、作者/デザイナーとオーディエンスの関係を巧みに、そして確実に掘り下げており、経験の孤立した断片から意味を見い出す事を追求しているのだ。

今回の展覧会では、作品集の中で見つける事ができるその思いの幅や深さをその通りに表現する、という事をしていない。作品の中心には、モダニズムとポスト・モダニズムについての討論があり、それ故に新しいものが古いものの価値を認識し、破壊する事よりも何かを作り上げるということがそこにはあるのだ。ポスト・モダニズムは、革命というよりは平和的な反乱として受け止められており、個人的に私は、この考えに心地よさを感じる。作品の根本的なテーマは、「システムが元になった」プロセスと編集上の選択の結果であり、それによってアナログ対デジタルテクニックについての、つまらないあらゆる論議にも触れる事なく作る事が出来たのだと思う。

作者は、無限に広がる選択肢に対するポストモダンの答を3つ紹介する事で、強いることのできないものを強いているのだ。コード、包括、そして脱構築というものは、インタラクティブで、何かを伝え、印刷する方法でビジュアル表現をする現在のトレンドを分析する事で、刺激的で便利な構造として考えられているのだ。そしてそれらは、タイポグラフィー、グラフィックデザイン、写真、そしてイラストの各々の規律の狭間にある定義において、その違いを賢明に受け止めているのである。もしかしたらこのことが、現在のデザインシーンにとっては、ポストモダンの状態の自然な形なのかもしれないのだ。批評的な言葉の意味論的な限界というものは、今回紹介したアーティストによって情け容赦なく暴かれているし、彼等自身がその限界を知っているのだ。何よりも全ての作品からは、かなりハイセンスなユーモアを感じることができた。彼等は大胆な選択、そして限界に立ち向かったのだと思うし、挑発的な矛盾の中にひと味違った無秩序なセンスを見い出したのだ。

EXHIBITION: DESIGN NOW – GRAPHICS
会期;2002年6月21日〜10月27日
営業時間:月〜金:10:00〜17:15
チケット:大人/£6.00、前売り/£4.00、家族チケット/£16.00
会場:Design Museum
住所:28 Shad Thames London SE1 2YD England
TEL:+44 (0) 20 7940 8790
groups@designmuseum.org
http://www.designmuseum.org

Text and Photos: Alistair Beattie from Me Company
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE