ラファエル・ドクター展

HAPPENING


2年前から国立エスパシオ・ウーノ・オブ・ザ・セントロ・デ・アート・レイナ・ソフィア美術館を任されているラファエル・ドクターによる「ザ・マガジン・エキシビジョン」は、選ばれた何名かのアーティストが、架空の雑誌を製作するプロジェクトだ。アナ・ゴンザレス、トーマス・ミナンプレス、ラミロ・イー、ダニエル・リエラ、ジーザス・ウベラ等のスペインのアンダーグランドでは著明な名前が、そのエキシビジョンでは並ぶ。彼等のような写真家の作品は、 NEO2、B-GUIDED、AB、VANIDAD等のスペイン国内でもトップレベルのトレンド雑誌で見ることができる。作品と作家の選出を担当しているアーティストでもあるダイアナ・ラレーラは、この新しいエキシビジョンの空間演出も手掛けた。つまり、このエキシビジョンのセット自体もアート作品の一つでもあるのだ。

トレンド的な雑誌は、瞬時に読者の心をアート、デザイン、ファッション、建築、音楽等という様々な分野を扱う出版物のイメージの方に向かせる働きがあるが、それらは常にもっとも革新的、クリエイティブで、そして反抗的なアングルからのものである。そして、時に少数派であり、一種変わったスタイルコードで人生を理解しているような特定のオーディエンスの注目を引こうとしているのである。ニューヨークでのインタビューや、21年間発行という歴史を持つイギリスのマガジンI-D等を始めるということは、昔も今もよく真似されがちなことである。I-Dのクリエイターであるテリー・ジョーンズは 1980年にファンジンという音楽とファッションを混ぜ合わせた雑誌を発行した。当初、プロジェクトの成功を信じる者は一人も居なかったが、それをくつがえす様にイギリスの若者には、このアイデアが大いにうけた。それ以来今日に至るまで、世界中のあらゆる出版物は、このジョーンズが作った道を辿って来たのである。猥褻的なテキストと、暗示的なイメージで溢れているページは、厳格で階級を重視するような雑誌からは姿を消した。

「このプロジェクトは、シンプルに私達が慣れ親しんでいるアートを取り扱っている記事にウィンクすると同時に敬意を表すということを意味したいのです。そして実際にそれらのページは親しみがあるものですし、当初思っていたよりももっと私たちは頼り切っているものなのです。これらページは、その時代のイメージを描写する役割があります。忠実な見当によってフィーチャーされたトピックは、現代を私たちが何を、そしてどう生きているのかを形どることを意味しているのだ」とは、このプロジェクトの責任者、ラファエル・ドクターの言葉である。

トレンド的な雑誌は、私たちが生きている時代を写す鏡であることは明らかである。もし雑誌がなかったら、もう必要不可欠となってしまった最新の流行についての情報を何処から得ればいいのだろうか?雑誌とは絶対に必要な文化的な参考書なのである。

MAGAZINE展
会期:2002年3月6日〜4月17日
会場:Instituto de la Juventud, Sala Amadis
住所:Jose Ortega y Gasset, 71 – Madrid Spain

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE