ジャン・マルク・バール

HAPPENING


「グラン・ブルー」(仏1988)の海へ帰っていく男として知られる、ジャン・マルク・バール、この度は監督としてニ本の映画を携え、制作パートナーのパスカル・ア−ノルドとともにハリウッドへやってきた。ドグマ映画#5「ラバーズ」(1999)とその続編であり、「フリー・トリロジー(三部作)」のニ作目でもある「トゥ−マッチ・フレッシュ」(2000)。驚くことに日本とヨーロッパでは既に公開されているこの映画達、ロスでは初上映となった。ハリウッドという商業映画製造マシーンのお膝元では、なかなか灯台もと暗し的な現象が起きていることに気づく。

フランス人の母とアメリカ人の父を持つバールはドイツに生まれアメリカで育った後、イギリスを経て、もう片方の血に呼ばれるまま現在はフランスに在住する。もともとアメリカの若者をターゲットとしたマーケティング、利益主義と距離を置くためにヨーロッパに渡った彼。多様なアイデンティティーを盾に自ら「ヨーロピアン・フイルムメーカー」を名乗るバール。今回はDVで製作した低予算フイルム二本の配給元を求めての世界遠征ツア−の始まりだと言う。(日本には4月来日予定)二作品とも原作、脚本、監督、撮影、編集そして宣伝行脚の旅にいたるまで真摯な映画制作の姿勢がにじみ出ている。会場となったエジプシャン・シアターは、こういったオーディエンスとフイルム・メーカーの真の交流の場の提供を得意とするアメリカン・シネマテックのホームシアターである。1981年に動画の真の芸術性をたたえる目的で結成されたこの団体。世界中地域をとわない優良フイルムからハリウッド映画にいたるまで、多くの場合監督、プロデュ−サ−、俳優たちを呼んでのちょっと特別な夜となる。AFIを含め、昨年はレスフェスト(デジタルフイルム・フェスティバル)などの新米フイルムフェスティバルなども迎えエジプシャンは知る人ぞ知るスポットとなっている。

アメリカを後にした大きな理由でもある制作の自由を追求したのがこの三部作「フリー・トリロジー」。一部作「ラバーズ」はドグマ作品として認定されている。「EUROPA」(1991)や「BREAKING THE WAVES」(1996)での俳優としての抜擢を超えての良き友人であるラース・ボン・トリェー監督を中心として提唱されたドグマ95の認定ルールを簡単に述べると以下のようである。

1. ロケーションに忠実に撮ること。セットや小道具は不可。どうしても必要なモノがある場合は、それが見つかる場に出向いて撮ること。
2. 音響は生取り以外の方法では認められない。
3. カメラは三脚などに固定せずに手で持つこと。
4. フイルムはカラーのみ。
5. フィルターなどの特殊効果は使用しない。
6. 殺人などの浅薄な行為は含んではならない
7. 「今、ここ」に忠実な映画づくりを。時空的、地理的移動は認めない。
8. 「ジャンル映画」は不可。
9. 35mmで撮ること。
10. 監督のクレジットは入れない。
© DOGME 95

現段階ですでに公式なドグマ作品は25を数えている。「ラバーズ」初のデンマーク外からの作品となった。パリに住むユーゴスラビア人のアーティスト、ドラガンと本屋で働くパリジェンヌのジーンの愛を追う。パリの街並を背景に展開するこのストーリー、結局はドラガンの違法滞在がバレ、激しく恋に落ちたにもかかわらず二人は、その試練にうまく立ち向かえず破局を迎えてしまう。とてもとても理不尽な「日常のなぜ」が濃縮されたこの作品、見ている側に行き場のない絶望が襲ってくる。いってみれば多くの映画が許す娯楽や遊びが終始許されないわけである。ジーン役のエロディ・ブッシェーズの無頓着で奔放なキッチュさを除けばとてもキツい映画だった。でもその超現実主義がドグマたるゆえんなのであろう。

それに続いた「トゥ−マッチ・フレッシュ」(2000)は、よりによってアメリカのど真ん中のイリノイ・コーンベルト地帯に位置する人口600人以下の片田舎(バールが実際育った街にて撮影。家族が多く出演しているという)に設定された、セクシュアリティの模索オデッセイ。監督たるもの「セクシュアリティ」は誰もが一度は追求するテーマ。ここでは同性愛・異性愛はもちろんだが、むしろ精神的・肉体的愛のメソッドとしての性の可能性をぎりぎりの表現でまっすぐにとらえている。乾燥したどうもろこし畑の黄色に濃い青の空が広がり、前作のグレーな暗鬱を吹き飛ばしてくれた。実は排他主義のあまり殺人まで最後に起ってしまう(そう、これはドグマ作品ではありません)という、絶望レベルで言えば断然群を抜いているこの作品だが、アメリカの中西部のピューリタン・コミュニティーという実にアメリカの中のアメリカに焦点を当てているため、目の前の憂鬱が希薄されたのかも知れない。それに目に美しいバールも48歳のライル役でカメラの向こう側に出演、それも助け舟になった。かなりの露出度もDVのカジュアルさを存分に利用した親密な描写が実に嫌味のない率直さをかもし出す。

「変にムーディに演出しないことにより(BGMもカーステレオとバーのシーン以外はなし)セクシュアリティの追求も好感的に遂行できる、」と上映後のトークでバールがコメント。共演のロザンナ・ア−ケット(ハリウッド在住の彼女はベビーシッターを手配し、飛び入り参加)もDVのアンチ・厳かな効果を絶賛。「すべての映画づくりがこうあるべきだわ、」と冗談混じりでコメントしたア−ケット。この「トゥ−マッチ・フレッシュ」をイリノイで撮影中、同時進行で6本も映画を撮影していたという彼女だけに説得力が。DVの特徴としてポストプロダクション編集の許容量の広さからテイク数が断然少ないと言う。バールも「DVだからこそ得られた親密性(インティマシー)ははかり知れない」と足す。皮肉にも商業主義の王道を行くリュック・ベッソンによって名を馳せたバールだが、己の位置と発するメッセージの確信性には強い自信が匂った。「そこにある事実」を見失いがちなハリウッドに心地よい喝を入れた夜だった。

これから行われる、アメリカンシネマテックでのイベントについての情報は、マーゴット・ガーバーまで。

Text and Photos: Aya Muto from New Image Art Gallery

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE