ルイーサ・ランブリ

PEOPLE


Villa in the forest of Tateshina, Kazuyo Sejima, 1995. Photo by Luisa Labri


ルイーサ・ランブリは、イタリアで最も有名なアーティストの一人だ。 1969年、カント(コモ)に生まれ、現在はベルリンとミラノで活動。彼女は、前回のヴェネツィアビエンナーレで「レオーネ・ドルド賞」を受賞している。

彼女の作品は写真やフィルムで構成され、ボリューム、光、透明感を醸し出している。作品を分類することなど不可能だが、そんな事はどうでも良いように思える。互いに似通った作品が混ざり合い、そこに当たる光が非現実的なものに仕上げている。これらの無名のインテリアは、社交場を想定して作られたものではなく、見つめられて交錯するためだけに存在するものだ。

ルイーサ・ランブリと話している時に、行間の味わいといった具合に、線と線の間から驚き−現代性の象徴である建物を映しとった写真−が出現した。彼女のカメラはこれまで、インド、フィンランド、チェコ共和国、イタリア、日本での映像を収めてきた。そして、アイディアを生み出してきた歴史に残る建築家と対話してきたのだ。

この10年で、既に活躍してきたアーティストや、成熟した女性アーティストが急増するのを、皆が認めるようになり、女性のアートの時代として注目された。彼女が、観念的態度を示し悩めるヒーローだった80年代をすぎると、より個人的で抑制的な声によって形成された、女性的で新しいアートの見方が現れた。

建築を撮影することは、自分自身について語るためのただの口実として、ルイーサは見ている。彼女は建築写真の伝統や、バーンドとイルダ・ベッカーによって指揮され、アンドレアス・ガースキ、トマス・ラフ、トマス・ストラス他が通った写真学校、デュッセルドルフ・スクールに代表される、特に60年代から現在に至るまでのドイツのリアリストによる写真の間をさまよっている。リアリストは、建築の中心的地位と技術的な便宜主義の削除を厳密に意図し、撮影された物体が、明確な画一性の下に隠された緊張感を示す方法を作り出す。

ルイーサ・ランブリは国際情勢地図を作成し、トレースしている。彼女自身と世界の間に平行線を引き、そしてアイデンティティの存在しない各地の「ルポルタージュ」に彼女の居場所と彼女自身を再発見しようと努力している。

彼女のアーティストとしての物語は、1920マガジン・オブ・ル・コービジア「レスピリット・ヌーボー」から始まった。彼女は、可能と不可能の間で生み出されるル・コーバジアとの関係で行き詰まっていた。それは、ほとんど虚像の原動力を予期しての事だ。建築家には、身体的な限界があるが、ル・コービジアはそれを超えようと、工事現場の映像に干渉した。彼はもはや現実的でも身体的でも無かったのだ。建築は、アイディア、そして心理的なスペースとなった。

ルイーサ・ランブリは、まず建築家を選び、それから建物を選ぶ。そこへ出向き、探訪し、ポイントやレファレンス、ディテール、そしてアングルを吟味して、撮影する。写真は、建造物と出会いルイーサ・ランブリはル・コービジア、アルバー・アアルト、ミーズ・バン・デル・ロヘ、ジョゼッペ・テラグニ、カズヨ・セジマと出会った。

彼女は、建築作品には取り組まないし、そうしているかのように見せ掛けたりもしない。ローランド・バルザスがラテン語で「パンクタム」と定義した写真に関する決定的なプレゼントを再確認するために、建築物から出発したのだ。「連写からかすかに外れたもので、まるで実際に映し出しているものを超え、イメージが情熱をうつしているようだ。」 (“La Chambre Claire”, Einaudi, Turin, 1980).


Assembly Hall, Chandigahr, Le Corbusier, 1950. Photo by Luisa Lambri

「建築はどこか他へ引っ越すための口実。今日、私の興味は、居住する場所が空間へと形を変えてしまうその瞬間にある。」

ルイーサ・ランブリの撮影した建築物の写真は、優秀なモダンビルディングとの個人的なつながりに由来している。彼女の背後には、そうしたドキュメンタリーの膨大な歴史がある。しかし、それはルイーサの探し求めている空間の非物質的な性質。ル・コービジアは、インド、チャンディーガルにある都市を丸ごと1つ構築した。彼には、建造物が個人的なものとして存在する可能性しか無いような土地に、西洋の建築を移すという夢があった。人々が宮殿の基盤となっているインドの中心が、その土地というわけだ。チャンディーガルでは、ルイーサは、まだ限定されていなくて、厳格に禁じられていないような情景をもち、地理を確認するものがなく、確認するする時間も無く、夜も昼も無いようなものを選びとった。現実に存在し、自由なチャンディーガルに心理的な場所を作っている。


Turun Sanomat – Headquarters, Turku, Alvar Alto, 1927-29. Photo by Luisa Lambri

「私の作品は、私について語ることはない。物事に対する客観的視点と個人的見解の間に距離を保ち、バランスを整えている。」

ごく最近のリサーチは、可能性のあるすべての方法において、主題とそれを反映する次元を取り戻す傾向にある人文主義的操作に強い社会的興味があるとしている。人のすんでいないスペースでも、静かで何も無くても、ルイーサ・ランブリの作品は人類について語っているが、その言葉は曖昧だ。補助のディテール、一瞥、側面からの視野、線の排除、窓、ドア、角、ランプといったものが、その作品の言語になっている。アルバー・ア-ルトは、その土地の伝統と建物の機能を調和させようとしたのだ。住文化は人間的なもののようだが、その調和の仕方は基本的にあやふやなのだ。


Villa Tugendhat, Brno, Ludwing Mies van der Rhoe, 1928-30. Photo by Luisa Lambri

「建築と空間は、社会的にインパクトを持っている。でも私は、もっと官能的で感傷的なものが好きだ。建築は個人的な関わりあいを通して、私に語りかけてくる。」

ルイーサ・ランブリは、まるでダイバーが棹を操るかのように、カメラを使う。カメラは、彼女の魂や懐かしい感情が込み上げてきた時に、振動する。これまで登場してきたヒロインのように、彼女は、合理主義の偉大なる父がすむ家へ足を踏み入れた。厳格に、冷静に、そして理性をほぼきちんと保ちながら。建築物が大地の上に書いて説明できなかったような感傷的なドキュメンタリーや、個人的な物語の断片を、光で書き出している。

ミーズ・バン・デル・ロヘでは、国内外の空間は互いに浸透し合っているが、ルイーサの場合における溶解は、そのもの自体をイマジネーションの世界へ導いている。彼女は、感情を探究する事柄のリアリティから出発し、空虚感と共に再構築することとなった。


Asilo d’infanzia Sant’Elia, Como, Giuseppe Terragni, 1936-37. Photo by Luisa Lambri

「機能主義の建築をたたえ上げているのではない。非物質的な空間の質と、作品に流れる曖昧で目に見えない次元を探した。」

光は、ルイーサ・ランブリの作品の中で最も素晴しい要素の1つだ。ときに、デジタルによって、光線は青くなってみたり、透明になったり、抑揚したり、白くなったりと変化する。それは、直感的に変動する非物質的な状態だ。そして、魂からくる、不自然で、神秘的な、神が与えたと言っても良いような光なのだ。
自然物と人工物の関係は、ルイーサ・ランブリの作品の重要なコンセプトになっている。建物の自然な空間は、人工−心理−風景に形を変える。その光と色は、壁の構造のように見える。それぞれの領域に境界線を引いているといえる一方で、2つで1つのキャラクターを表してもいる。

Villa in the forest of Tateshina, Kazuyo Sejima, 1995.
Photo by Luisa Lambri

「私を魅了するその空間は、ほとんど抽象的なものだ。スペースを完成させるために、空虚で人間的な存在を必要としている。すべてのディテール、すべてのラインにおいて、記憶が凝縮している。」

建築物の撮影自体は、パラドックスだ。写真は、建築から個としての存在と、機能主義、素材のすべての本質を排除する。そして、光の純粋性をもたらしているのだ。
非物質的な世界へと、建築物を移動するのに3次元を除去する必要は無いが、写真を通してもう一度そのコンテクストを読み直してみる必要がある。写真によって抑制された形とラインは、感情を掻立てる空間の中で自由に浮遊している。そしてそれらは、建物のイデアのみが存在する天空まで届いて、優れた構造を持つ魂のための部屋と、目に見えない住居を作っている。この最新作品で、彼女は初めて現在も活躍する建築家にアプローチし、仮想のインテリアをもう一度捉えた。

Text: Ilaria Ventriglia From Domusweb
Translation: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE