トラフィック

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、フランス、リヨンを拠点にオン/オフラインでのマルチメディアプロジェクトを数多く手掛ける「トラフィック」。去年立ち上げられたオンラインプロジェクト「シグノテック」では、ユーザーが制作したピクトグラフを保存し、それをギャラリーで展示するなど、インタラクティブとグラフィックデザインの重要性に目を向け活動する新鋭ユニットだ。


まず最初に、自己紹介をお願いします。

トラフィックは、リヨンとボウン(フランスのバーガンディにある)において個人で活動するアーティストのグループです。僕達4人は、グラフィックデザインとマルチメディアについて同じ考え方を持っていて、何かを一緒に造りたいと思っています。ダミエン・グーテとピエール・ロディエールはグラフィックデザイナーで、ジョエル・ロディエはプログラマー、アレクサンドレ・ラエットはインフォグラフィストです

トラフィックでは、どのような活動をしていますか?

僕達は、マルチメディアのプロジェクト(オンライン/オフライン)と同様に伝統的なグラフィズムの事も重要視しています。どんなプロジェクトに対しても興味を持っています。文化的・公共的分野での活動が多いとしても、様々なメディアで本当にたくさんのプロジェクトをやっています。フランスでは、個人レベルの活動は脅かされたり馴れ合いになってしまいがちだから、結果も大事にしています。もっと大胆にやって、大きなリスクを背負う企業もありますが、彼らの小さな組織の中でも、グラフィックデザインとマルチメディアの重要性に目を向けているところは、わずかしかないと思います。

トラフィックは、どのようにして結成されたのですか。

同じ町(ボウン)出身の僕達は昔からの知り合いでした(15年前から、一緒に遊んでいたんですよ!)。それで、フリーで活動するグループを作りたいと思っていた時に再会して、 1997年にトラフィックを始めたというわけです。発足当初から僕達のスタジオはグラフィックデザイン(ピエールとダミエン)とマルチメディアプログラミング(ジョエル)の結合を基軸にしていました。これらの分野の結合を通じて僕達ができることを考えた時に出てきた初めのアイディアが真の創造を目指す道である、「数のメディア」ともいえるウェブを使うことだったんです。

インスピレーションやアイディアはどこから来るのですか?

僕達のインスピレーションとアイディアは、それぞれのカルチャーの背景によって異なります。マルチメディア、ア-ト、プログラミング、ゲーム、ビデオゲ-ム、数学、出版などなど。こうしたそれぞれの違いが「力」になるんだと思います。自分自身のビジョンを持ち寄ることで、豊かに成長していけるんです。

インタラクティブデザインで一番大切だと思うことは何ですか?

インタラクティブであるということが僕達のマルチメディアプロジェクトの基本です。グラフィックデザインがインタラクティブの上に覆いかぶさってしまわないように常に心掛けています。インタラクティブがグラフィックデザインを生み出すというのが理想です。

オン/オフラインで広く活動されていますが、エキシビションなどのプロジェクトについて教えて下さい。

オンラインであるかオフラインであるかというのは技術的な面での違いはありますが、僕達にとってあまり関係ありません。マルチメディアは、これからのクリエイションがまさに向かっていく道であるとは思いますが、従来のメディアほど多様性に富んだものではないでしょう。
シグノテック」というオンライン・プロジェクトを去年立ち上げました。インタラクティブと「トレース」(そのウェブサイトを訪れた人はみんなピクトグラフを作らずにいられない)という概念のもとに活動しています。ピクトグラフを作るためのツールも開発してきました。オンラインで保存された1400もの画像は、フランスのリヨンにある「テーターズコンテンポラリーアートギャラリー」に展示されています。
また、PCとMACのフリーダウンロードのフォントを作るために250のピクトグラフを制作しました。フランス文学のエキシビションのために「プチ・エクリッツ・レティキュレイアズ」という新しいオンラインアプリケーションを作りました。インタラクティブの部分でのコンセプトは、たくさんのユーザーによる文書を集めて創造するということです。もうすぐそれらの文章をまとめたポスターを出したいと思っています。

今月のSHIFTのカバーデザインは、どのようなことを想像して制作しましたか?

「SHIFT」は変化の際のちょっと浮いた感じを持っていると思うんです。それと、「SHIFT」はパブリケーションやネットワークを通した多様性とオリジナリティの象徴でもありますよね。「SHIFT」では世界中のグラフィックデザイナーの活動について総合的な視野を提示していますから。
それで、僕達は「シフト」という単語をアニメーションに変換してマップの世界で表現するという事をイメージしました。もっといえば、ユーザーがカラーポイントを使ってそれぞれ違う結果を生む(自分だけの結果、自分だけの「シフト」/マップ・ワールド)インタラクティブな物をつくろうと思ったわけです。
このアニメーションは、まず(紙の上で)グラフィックデザイナーとプログラマーが一緒にインタラクティブなコンセプトを立て、それからグラフィックデザイナーがスクリーンで実際にデザインし、最後にプログラマーがショックウェーブの「アプレット」に起こすという過程を経て出来ました。

フランスで活動していることについて、どのように思っていますか?

フランスはいつも「文化的で知的な国」で通っていますけど、グラフィッククリエイションに関しては、まだまだです。グラフィックデザインのスタジオは新しい方法を受け入れずらく、マルチメディアに関しても同じです。でも、自信を持っていこうと思います。それにこれから変わっていくでしょうし。

日本についてどう思われますか?

フランスでもつまらないステレオタイプをいくつか耳にします。「日本=カメラ、先端技術、勤勉な人々」みたいなものをね。でも「SHIFT」のおかげで、日本はそれだけじゃないんだ!ということを知っていますよ。とりわけファッションや現代アート、音楽といった分野で、開かれた自由な空気が流れているのを感じます。例えば、日本の学生のファッションは大胆ですね。

今、一番興味があるのは何ですか?

エキシビションや出版などの個人のプロジェクトに現在重点を置いていますが、将来「トラフィック」としての仕事にも関係してくるでしょう。ユーザーと一緒に何かを作れるようなオンライン、あるいはリアルタイムで進行するネットワークのアプリケーションも製作したいと思っています。それと、ガスブックにも是非参加させて下さい。

好きなビジュアル/グラフィックデザイナーを教えてください。

有名なトマトやデザイナーズリパブリックは勿論好きですが、これといってお気に入りというのはないです。有名な、あるいはあまりよく知られていないグラフィックのサイトを見て過ごすのが好きで、いつも新しくてびっくりするようなものを探しています。

最後に、今後の予定を教えて下さい。

現在、他のプログラマー、デザイナー、グループとの交流を目的としたマルチメディアのエキシビションを考えています。もうすぐお知らせできると思うのでウエブサイトをチェックしていてください。

Trafik
住所:3, Place Saint-Vincent, 69001 Lyon, France
trafik.beaune@wanadoo.fr
http://www.lavitrinedetrafik.com

Text: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE