トゥーンズ・キャンプ

HAPPENING

今井トゥーンズといえば、MTVの「トップ・オブ・ジャパン」のオープニングアニメや「C.C.レモン」のコマーシャル、セガの「ファイティング・バイパーズ2」のキャラクターデザインなどで注目を集め、若者から絶大な支持を受けるイラストレーター。SHIFTでも以前にトップページのイラストを飾ったり、ガスブックなどでもフィーチャーされているのでご存じの方も多いだろう。

当時からカルチャーを語る上でのキーワードであった「ジャパニメーション」の文脈や、テクノなどのカルチャーを背景とした時代感を象徴するがごとく、彼のイラストレーションは国内外で数多くのファンやフォロアーを生み出した。そしてその非常に影響力の高い画風で、今も一気に時代を突き進んでいるのである。

4月28日から6月10日まで代官山の「ギャラリー・スピークフォー」にて、今井トゥーンズ氏の個展が開催されている。このインタビューでは、この展覧会についての話と、クリエイターとしての彼の側面についてを紹介していきたい。


まずは、この展覧会をやることになった経緯について教えてください。

この展覧会は、キュレーターの吉田さんからお話があって実現しました。もともとは3人展ということだったんだけど、急遽個展を!ということになった。だから非常に慌ただしいスケジュールの中での開催という感じでした。
この展覧会のタイトルである「トゥーンズ・キャンプ」というのは、吉田さんが「キャンプ」というキーワードを提案してくれたことからはじまったものです。「キャンプ」は現代美術としても面白いキーワードだったので、僕としてもチャレンジしてみようと思いました。
まず最初は、テントの中に絵を描こうと考えました。でも実際はテントって素材的にはじいたり、逆に裏ににじんでしまったりなかなかうまくいかないんですね。今ここに展示してあるテントは実は二代目なんです。描くの失敗しちゃった。こうして十分な素材の研究ができなかったので、それは断念することにしました。
会場全体はインスタレーション的に作品を配置してあります。結局テントに実際泊まり込んだりしちゃって、自分がキャンプしてるんじゃんというのはありましたね。(笑)
作品としては、今回のために描きおろしたイラストがあります。デジタル上でコラージュした写真の上に描いていったもので、それを大きく出力しました。それから車のドアにペインティングしたもの。これの一部は実際にお客さんの前でライブペインティングしました。会期中にも少し描き加えたりもしています。他の展覧会から流用している立体作品もあります。コンセプト的には合致しているのでここでも使っています。その他プレイモービル(おもちゃ)のテントにペイントした小作品や、テントの中にはライトボックスになっているイラストがあります。あと、ビデオでアニメーションを流しています。

今井さんの作品は、常に頭の中にストーリーがあって、そのストーリーの中の1シーンを描いているそうですね。今回のイラストはどういうストーリーがあるんですか?

舞台はアメリカの片田舎の針葉樹の森のある寂しいキャンプ場をイメージしました。イラストの背景に使っている写真はイメージに近いものを雑誌から集めてきてコラージュして作りました。写真は昔のガソリンスタンドによくあった白樺の引き伸ばし写真とかモノ的に人間の中で扱われる自然。そんなイメージです。
この人気の無いキャンプ場に、よくわからない家族がキャンプに来ている。本当は家族かどうかもわからない。血縁の家族ではなく、ヒップホップ的な意味での「ファミリー」なのかもしれません。
僕は第三者的にそれを観察しているという状況なんです。彼らの素性はよくわからないんだけど、決して仲はよさそうじゃない。本当だったらみんなでキャンプなんかするはずもない。そんな家族なんです。
だから、彼らはキャンプを楽しむでもなく、スプレー缶を片手にいろんなところに落書きをしているんです。ストーリーにするのは、作品の概念を論ずる事を必要とした時それ以上でもそれ以下でもなくなるのがいやだからです。コンセプトのフローチャートをストーリーに置き換えて表現することがこの展覧会には必要だったし空間と雰囲気を自分でも頭の中で味わいながら想像したいから、引っかかるキーワードを置いていった。それがライブペイント、インスタレーションにつながっていくと思ったし。僕もこのキャンプ場に参加したかった。だから勝手に見た人も考えてもいいんです。

キャンプ場だけに、木や自然に向かって落書きをしているわけですか・・?

落書き(グラフィティ)といえば本来は人間社会の中でフキだまってあふれた主張ですよね。それは社会内で機能する。それが自然社会の中に持ちこまれるという「異物感」を表現したかったんです。それは自然界の中の人類のような。人間は、キャンプ場やゴルフ場で自然と戯れた気分になったりするけど、これらは自然破壊の上に存在しているものです。彼らはこうした自然に対してメッセージを送ってしまうようなファミリーなのか。それともただの破壊主義ジャンキーなのか。彼等なりに主張はあるのか。多分自然破壊が云々というメッセージ性のあるものではなく、自然は僕達のことなんて眼中になく只、有為転変していく。それを感じたとき、自分たちは小さく辛く…その中にどうしても自分の存在を刻みたくなるのが人類でそれは多分どこいっても同じなんだろうと。月の第一歩も結局は国家間の争いで発生したような部分。存在の有無を人類は自然界には理解できない言葉と主張で、存在していることの「意味の意味付け」をタギングしていく…。だからグラフィティーというチョイスなのでしょう。

グラフィティといえば、今井さんの作風に強くグラフティ的な感覚を感じますが、今井さんはグラフティをどう思いますか?

自分の作品は、よくアメリカンテイストとかバッドテイストと言われていたし(笑)実際グラフィティからも影響を受けています。グラフィティに関わらず、マンガ、ヒップ・ホップ、テクノとか自分の好きなものを自分流にいっぱい集め、自分自身の表現で常にひっかかりになるようにしています。自分にも伝える相手にも。それは日々がたくさんの情報や影響されることばかりで複雑な今の感覚をみんなと共有したいから。あんまり一つの表現に固執はしたくないし、難しい。

路上に描いたりしたことはありますか?

いやそれはなかったです。高1ぐらいから興味があったんですが、地元の名古屋にはそういう環境がなかったんです。知らなかっただけかもしれませんが。その頃東京に住んでいたらやってたかもしれません。(笑)
ただ、本来のグラフィティって人が社会に対する自分の主張をメッセージとして他人種、社会に残していくというものじゃないですか。そういう意味で日本人がグラフィティを描く意味を考えるとき、人種や社会問題というより個人的感覚の主張になってきて…。日本の場合は人種単位ではなく個人が単体で差別を受けているような孤独とか。逆に集団としての社会内の派閥とか。個性という名の自己主張とか。無意味な比較論とか。あいまいなボーダーラインも。良いものは良いという確固たる裏付けではないもっと複雑で難解な表現なんだと思います。言葉にならない言葉。表現しきれねー。単に「落書き」と社会から言われてしまうだけなのはとても寂しい。日本のグラフィティはそれだけでは片付けられないと思う。日本社会は分かり易くないとわかってもらえないからか。でもそのイージーさが逆に日本のいいところかもしれないですね。もともとメッセージが無い。その分「個性」というものをスタイルとしてみんなが持とうとしている。個性の上乗せ。存在していることの意味の意味性をイージーに求めちゃう。余計に複雑になるのに。それは同黄色人種に対してのみ通用するメッセージなんですよね。黄色ではない黄色にみんななりたがっている。そういう自己満足的でしかないのが日本人かもしれません。そして日本社会がなんとも言えない日本人種内差別のような感覚で動いている今だからすごく主張したくなる。なにせ同人種です。只の仲間割れです。理解できるだけにやりやすい(笑)。だから改めて自分が日本人なんだと日本は島国なんだと分かる。ああ、俺はイージーにも日本人の起源に少し触れたのでは、そう考えると刺激的です(笑)。で、海外から見たらそれは何年経ってもエキゾチック・ジャパン(笑)。

ところで、今井さんのイラストやマンガといった作品はいろいろなメディアでよく目にしますが、こうした展覧会は結構やられているんですか?

実は、名古屋の「NAFギャラリー」というところでも企画展をやっていました(5月30日まで)。札幌でも「CAI」というギャラリーで2000年1月にやらせてもらいました。

いつもインスタレーション的にやっている?

展覧会ごとに作品を持っていったり現地で作ったり空間にスケッチしているという感じです。

イラストや映像としての「今井トゥーンズ」のイメージは多分の多くの人が持っているのではないかと思うんですが、こうしたアート的なアプローチっていうのはあまり知られていないのではないでしょうか? 98年ごろに雑誌で今井さんが特集されていた記事を読みましたが、その当時、これから充電をして「作家」としての活動をしていきたいと言っていましたよね。その後どうなったを実は聞きたかったのです。

劇的な変化をさせるつもりはなかったです。気持ち的な部分ですね。アウトプットばかりで辛かったのでインプットの時間が欲しかった(笑)。その後も普通にイラストの仕事もしているし、マンガの仕事も個人的なワークもしている。ただスタンスとしてはあまり変わってない。表現の方法が一つプラスされただけであって根底にあるものは何も変わっていない。「作家」という表現は適切かどうかはわかりませんが。少しわがままをいわせてもらっています(笑)。
仕事はプロとしてしっかりやっていますが、逆に自分にとって「作家」というスタンスは「未完成」なものを自由に表現させてくださいという部分なのかもしれないです。多分それを皆さんに見てもらったり、いろんなところに置いてもらったりしてまた考えさせていただく。またみんなで作るのかもしれない。実際に自由にやらせてもらっている。それが申し訳なくもあり、本当にありがたいです。

今、コミックアーティストとか、イラストレーターとかいろいろな肩書きがありますが、自分としてはどれがしっくりきているんですか?

本業はイラストレーターです。でも海外でイラストレーターというのは、どうも風刺画を描く人みたいな位置付けらしく、コミックアーティストの方がいいと言われます。日本では、イラストレーターと名乗ったほうが仕事を受けやすいんで、そう名乗っています。でも、本当は「今井トゥーンズ」というジャンルを自分はやっているんだと思っています。

「今井トゥーンズ」はジャンルなんですか?!

「何で複数形(トゥーンズ)なの?」と聞かれることもあります(笑)が、本当の意味は僕のペンネームではなくて、ジャンルであり屋号、商標というコンセプトでつけたものです。
「今井トゥーンズ」的なコンセプトとは、日本人のアニメやマンガの文化がアメリカのコミックに影響を与える。今井という日本人がそれを真似て日本に逆輸入したらどうなるか?そういうスタイルとしてはじまったもので、それが記号として認められた時点で、コンセプトとしては成功したと言えます。そしてそれがまたいろいろな人々に渡り形を変え何度もソフィスケイトされたとき新しい良い形の共通記号が生まれたらおもしろいですよね。
そして、僕自身が「今井トゥーンズ」というジャンルを「日本と外国が交わる部分」の表現、絵画でも記号でもないような「共有する形を摘出する者」として実践していると考えています。でもめんどくさいのでペンネームで(笑)。結局いい絵を描いていくという志は変わりませんから。

今井トゥーンズ誕生以後、若いイラストレーターの中にも同じような感覚を持った人が出てきているように思えます。フォロアーと言っていいかどうかはわかりませんが、そういうイラストレーター達に伝えたいことはありますか?

もともと摘出された形を真似て発展させるというスタンスで出来たものが、フォローされるというのはむしろコンセプト的に構わないと思っています。でもコンセプトゆえに表層を真似ることがあるならば、むしろ僕が影響を受けた作家や思想を調べた方がいいかもしれませんね。そして絵がうまくなかったらコンセプト然としたものになり、論じなければ機能しなくなる。だから絵の鍛練も絶対かかせません。

ところで、大学は多摩美の油彩科ということですが、今井さんのインタビューを雑誌で読んでいると、ホットボンドを使って木材で立体を作っていたとありました。どんなものを作っていたのか?それが今の作風とどう関係しているのかってあたりがすごく気になりました。

学生時代は、家具みたいなオブジェを作りそれに絵を描いた作品、ホットボンドをバーナーで溶かして貼ったり、それで人間みたいなものを作ったりしていました。その時から、キャラクターを作っていたんです。画風は今とそんなに変わっていませんね。
設定としては自虐的な意味での「自分の神様」。自分の神様をつくる行為というのがなんだかおもしろくあり人間の内面を表現できるのではと思った。ギャグマンガ的だったり、手が4本あったりとか、人間的な形を微妙に避けたものにすることで、逆に人間的表現ができるだろうと思ってやっていました。
油彩でも今のような絵を描いていたんだけど、油彩は線が見えてこない。今は線にこだわっています。当時からイラストはモチーフとして使っていました。目的を伝えていくために記号としてイラストがあったんです。

ところで、大きく話が変わるんですが、名古屋出身で、ずっと東京では世田谷で暮らしていたんですよね。街がものづくりに与えた影響を聞きたいです。

いや、実は名古屋から18歳の時に東京に来たんですが、今までに5回引っ越しをしているんですよ。最初が吉祥寺で、次が横浜の綱島、次が世田谷の東北沢、そして世田谷代田。今は中目黒に住んでいます。

そんなに引っ越ししているんですか?もしや引っ越し好き?

別にそういうわけではないんですが、いろいろ事情があって今に至っています。
名古屋では、栄という繁華街に住んでいたんです。その反動からなのか、綱島の川があって水鳥がいるような場所が気に入ってました。世田谷もそうだけど、静かなところがいいのかもしれません。

栄だったんですか。確かににぎやかな街ですよね。そこで得た感覚と、住環境のよいところに住むようになった感覚とがミックスされてきたってことでしょうかね。

あと、ずっと「団地」にあこがれていたんです。僕の住んでいたのは繁華街の一軒家で、周りは飲み屋だったので同じ年頃の友達もいなかった。片親だったこともあり、「ファミリー」というものにあこがれてきたところもあるんでしょう。それは作品をつくる際のテーマの根底に何かしら作用はしているでしょうね。
団地はシステマティックに住居が連なっていて、中庭があったりして、そういうところに逆に整った「ファミリー」的要素を感じていました。核家族とか。システマチックな家族構成。だから栄はずっと格好悪いと思っていました。

しかし団地って実際はそんなにいい環境というわけではないですよね。一律に型にはめられた住環境なんで、今ではネガティブなイメージもある。ただ、ある時代に団地が輝いていた時代ってありましたよね。

「ウルトラマン・タロウ」とかで見た団地のイメージがあるんです。実はそれが子どもの時に考えた東京のイメージだったりするんですよ。で、母親とかサイケな感じ。いいとこの坊ちゃんは大橋巨泉ライクな極太ネクタイとサスペンダー(笑)

なるほど!それは僕も子どもの頃からウルトラマンを見てそう思っていました。実際当時に作られた団地の建物ってどこかしっかりしてるし格好いいと思うんです。そういうこともあって、僕が今住んでいる建物も当時の建てられたものだし・・。

やっぱ根底の部分でファミリーを選んでいる。住まいや暮らしと作品がつながっているところってあるかもしれないです。あとはあの時代の雰囲気。アッパーな。そしてその後のダウナーなテクノロジー感覚の氾濫。システマチックなものがかっこよかった。

僕の知っているクリエイターで名古屋出身の人は、みんなすごく面白い人が多いんです。名古屋から受けた影響ってありますか?

街というより、名古屋は人間が面白いと思う。突拍子のない人が多いなと、名古屋に帰るたびに思います。
名古屋の面白さを分析してみると、名古屋は東京と大阪にはさまれて、文化的コンプレックスがあると思うんです。東京と大阪の両方のスタンスを受け止める環境にあるために、一人一人に各2都市のルールブックがあって、そこから常にこれがいいんだとチョイスしていかなくては負けると思っているのかもしれない。それで名古屋出身者には、強い、なんだかよくわからない確固たる主張があるんだと思います。
でも、名古屋の中にいると、周りもみんな同じなんで頑張っても目立たない。東京にきて名古屋人が面白いっていうのは、名古屋を出た時に発揮されるのかもしれませんね。ただの田舎者だね。そこまで考えるのって。

インターネットで「今井トゥーンズ」を検索すると、ものすごい数が出てくるんだけど、今井さんのホームページはありませんよね。インターネットでの今後の展開などがあったら教えてください。

インターネットを見ているといろいろなファンの方が、ネットで応援してくれているのを目にします。それはとても嬉しいことです。そんな気持ちにいろいろと応えていきたいと思っています。
実は今度ソネットでマンガを連載する予定があって、それにあわせて自分もホームページをつくろうかな?と考えているんです。
でも普通に日記があってBBSがあったりというのではつまらないし、どうしようかと思っています。あと仕事が忙しくて手が回らないだろうと。でもやる以上はちゃんと作品を表現する場として機能させたいですし。

最近通信速度も速くなってきて、映像とか重いコンテンツもどんどん盛り込めそうな環境が出来てきていますよね。映像をつくるクリエイターとコラボレーションでホームページをつくったりというのも面白そうじゃないですか?

そうですね、実際自分の作品も、映像は他のクリエイターの方とのコラボレーションでやっています。インターネットを一緒にコラボレーションしてくれる人を募集しようかな?

せっかくだからこの場で募集!ということでいいかもしれないですね。何か条件とかありますか?

個人サイトはお金とか払えないと思うんで(笑)楽しくボランティアでも手伝っていいよという人がいたら嬉しいです。仕事的にも自分一人ではキツクなってきたんで、ヘルパーがほしいですね。こっちはお金出せます。

最後の質問です。時代の先を走っている今井さんですが、今後どう走っていきたいですか?

前からマンガを描きたい、メッセージ性のある濃厚な作品を作りたいと思っていました。そういう作品をつくっていきたいです。

メッセージというのは、具体的にはどんなものなんですか?

結局、究極のメッセージは「愛」とか「平和」とかそういうものに行き着くと思うんです。それは人間推敲のテーマだから。自分も人間だし(笑)。自分自身のオブラードでどのようにそれを包むのか、そして面白く伝えていくか?それをマンガとか、映画などでエンターテイメントとして表現していけたら嬉しいなと思っています。

展覧会が6月10日まで延期することになったということで、このインタビューがアップされる頃でも、まだ見に行けそうなんで、展覧会について一言お願いします。

こういう空間にいて面白かったとか、ライブペインティングのタッチを汲み取ってみてください。画面では伝わらない感覚を、会場でつかまえてくれたら嬉しいです。

TOONZ CAMP
会期:2001年4月28日~6月10日(毎週月曜日休廊)
会場:GALLERY SPEAK FOR 
住所:東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B2F
TEL:03-5459-6385

今井トゥーンズ
1971年生まれ。多摩美術大学研究科修了。MTV『TOP OF JAPAN』番組オープニングアニメ、サントリー『C.C.LEMON』CF/ポスター制作、SEGAアーケードゲーム『ファイティング・バイパーズ2』キャラクターデザイン、SONY「GIG」カセットパッケージイラスト、NIKE「PRESTO」E-CDアニメーションなどの作品、デザインが注目を集める。

Interview and Text: Chibashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE