トーサキ・ヒサヨシ

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、ウェブプロダクション「イメージソース」でクライアントワークの傍ら、数多くの実験的なインタラクティブプログラミングを手掛けるインタラクション・デザイナー、トーサキ・ヒサヨシ。自身のサイト「TOKYOACE4」でも実験的なプロジェクトを多数発表している、若干23歳の気鋭クリエイターだ。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

トーサキ・ヒサヨシ、23歳。東京のウェブプロダクション、イメージソースで働いています。慶応大学のSFCで、コンピューターサイエンスを勉強し、大学3年の時からこの業界で働いています。

イメージソースという会社について教えていただけますか?

イメージソースは、1998年の夏に元キノトロープのプロデューサー伊藤幸治を中心に設立されたウェブプロダクションです。当初私が4人目のスタッフでしたが、現在では15人の個性的なスタッフで構成されています。
今のところ、ウェブサイトの構築が売上のほとんどであり、SONYNTT東日本モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッターといった大規模な会社のコーポレートサイトや、BMW JAPAN の東京モーターショー、フジ・フィルムがサポートする EARTH FROM ABOVE というアートプロジェクトのウェブサイトも制作しています。
私は、主にJAVA/DHTML/LINGO等でインタラクティブなプログラミングをしていますが、グラフィックデザインや、プロジェクトのクリエイティブディレクションを行うこともあります。また、経営者の一人でもあります。

TOKYOACE4ではどのようなことをしていますか?

TOKYOACE4は、私のプライベートなプロジェクトへのインデックスになっています。ウェブサイトにおける情報へのナビゲーション・ビジターとの関わり方の実験的な試みとしてスタートしましたが、そのプロジェクトは終了し、lab001.tokyoace4.com に残されています。

現在はただリンクを並べていますが(僕はこれをウェブにおけるニュートラルなデザインだと言い張っているのですが)、近いうちに新しいインターフェイスを作ることになると思います。
TOKYOACE4という名前の由来は、ただの冗談なのですが、これは野球の話です。今の子供達は違うのかもしれないのですが、やっぱりエースピッチャーで4番打者というのはやっぱりかっこいいじゃないですか、ただそれだけなんです。

今回のSHIFTのカバーについて説明いただけますか?

これは、私が制作したスクリーンセーバー「REWOB」で制作したエンジンを利用しています。このスクリーンセーバーは、起動するとウェブサイトのリンクを辿り、HTMLタグを分析して画像ファイルを収集し、それをリミックスしてモーショングラフィックスを生成するプログラムです。実行してみると、そのサイトを象徴するようなグラフィックスが生成されます。
SHIFTのカバーのために制作したショックウェーブバージョンでは、SHIFTのサイト内をクロールし画像を収集しています。

特定のページ内の画像を使用して、ページを壊れたようにみせるウェブページは他にもいくつかありますが、「REWOB」はそれらとは(おそらく)違うコンセプトで制作されています。ウェブは広大なデータベースであるわけですが、普通のユーザーは、インターネットエクスプローラーや、ネットスケープのような、所謂ウェブブラウザを使用しないとアクセスすることができませんね。これは少しおかしなことだと思いませんか? データはもっと自由に利用されるべきだと思いますし、人それぞれが、好きなアクセスの仕方で自由にアクセスすればよいのです。「REWOB」は、私にとってウェブへのアクセス方法の1つなのです。
「REWOB」は、まだベータ版なのですが、正規版では、自分が見ている画像を同時に「REWOB」を見ている他の人にも送れるようなコミュニケーションシステムとする予定で開発を進めています。

今までに、カーソルモニターi Respect など実験的なインタラクティブ作品も発表していますが、制作において心がけていることは何ですか?

カーソルモニターは、プライベートなコンセプトとコマーシャルなコンセプトが同居した作品です。これはDHTMLとJAVAアプレットを用い、専用のサーバーを必要としますが、特定のウェブページにアクセスしたビジターのマウスの動きをトレースし、同時にアクセスしている他の人たちに知らせることができるシステムです。
プライベートなコンセプトと言ったのは、チャットや伊藤幸治の NET REZONATOR、他の比較的なダイレクトなコミュニケーションツールではなく、ただ存在感だけを知らせるようなコミュニケーション、例えば「上の階で歩いている人の足音が聞こえる。」をウェブ上で表現したかったという点です。
コマーシャルなコンセプトは(こちらの方が大きく評価されていますが)、ユーザビリティの検証ツールとして機能させることができるという点です。インターネットを通じて実際のエンドユーザーのマウスの操作を取得することができるので、ウェブサイトのデザインの検証に非常に有効です。
i Respect では私はJAVAアプレットの制作を行いました。多くのクリエイターの「リスペクト」の関係を表現していこうというプロジェクトだったのですが、残念ですが一年近く停止しています。

THE SYNAPSE PROJECT は、2年前の作品ですが、ネットを通じて複数の人間がリアルタイムに連想ゲームができるシステムを設計しました。自分を自分たらしめているのは何だろうというものを考えていった時に、ある言葉から連想する別の言葉の間には「自分」というものが大きく関係すると考えました。例えば「マック」という言葉を聞いた時に、「マッキントッシュ」を連想するか「マクドナルド」を連想するか「巨人にいた助っ人外人」を連想するかは人によって違うということです。例えば男性と女性が別のフィールドで連想ゲームをしていった結果の差異を抽出したものは性別による違いをあらわすのではないでしょうか?また、医者と弁護士が連想ゲームをしていった結果の差はその職業による思考の違いをあらわすのではないでしょうか?そういったものをどんどん自分の連想ゲームと比較していくと相対的に自分を自分たらしめているものが見えてくるのではないか?そういうコンセプトで作られたサイトです。サイトを大学に置いてきてしまったので、肝心のシステムが動作していないのですが、近い将来にリメイクしたいと考えているプロジェクトです。

これらはインタラクティブ作品ではありますが、ユーザーとコンピューターがインタラクティブということではなく、参加者と参加者、あるいは、参加者と私がインタラクティブな関係で結ばれているという意味でインタラクティブ作品であるといえると思います。意識しているわけではありませんが、それが私の作品の多くに共通する姿勢ではないかと思います。

そもそもウェブをはじめたきっかけは何だったのでしょう?

大学では、経営学が専攻でしたが、UNIXを扱うことは必修授業でした。大学ではインターネットは、UNIXのネットワーキング機能の一部として学びました。ウェブはネットワーキングの一つの方法でしかなかったのです。大学入学当時は、もっぱらモザイクを利用していました。ヤフー・ジャパンは、まだありませんでした。日本語のコンテンツは少なかったですしね。その頃からインディで動いていたフォトショップのバージョン2で画像を作ったり、他の生徒と同じように日記を書いたり、カウンターをつけたりして遊んではいましたが、のめり込むというほどではありませんでした。SFCでは、「STE」というプログラムがあって、どの生徒がどの教室のどの端末にログインしているかを検索することができて、友達の端末を見つけては、花文字を送るプログラムで遊んでいる方が面白かった。1年生の冬頃だと思います、この頃にネットスケープ2が出てGIFアニメやJAVAアプレットが動くようになりました。JAVAアプレットでは簡単にマウスの操作を取得してインタラクティブでグラフィカルなインターフェイスを作ることができるようになりましたし、FONTタグを使ってコンクリートポエトリーを書いたりできるようになりました。その頃からウェブが段々楽しくなっていったと思います。

影響を受けた方はいますか?

ウェブでは最近、イギリスの「HI RES!」の人達が作っているSOULBATH.COMがお気に入りです。FLASHを利用してとてもステキなインターフェイスを作っています。多くのデザイナーが参加している「CLICK HERE!」プロジェクトも大変面白いです。スペインのウェブプロダクション、DOUBLEYOU.COMの仕事も非常に興味深いです。AUDI SPAINのサイトの AUDI TT のインタラクションなどは非常にインスピレーションを与えてくれました。あと、SKIM.COMも興味ありますが、日本では近くにショップがないようで残念です。
日本人のデザイナーのDELAWAREや、198YENSMOKYMONKEYSのグラフィックも好きです。
僕がウェブの仕事を始める前からあったプロジェクトで、イメージソースの同僚のトム・ヴィンセントも参加しているセンソリウムのプロジェクトからも多くのインスプレーションを受けています。私は直接教わったわけではないですが、SFCで教鞭をとっていた藤旗先生のアートプロジェクトにも影響を受けていると思います。他にもウェブサイトからは無尽蔵に影響を受けています。

日本のウェブシーン(産業)についてどう思いますか?

最近の日本でのインターネットビジネスとお祭り騒ぎ的に言われる部分にはあまり興味がありません。ほとんどのビジネスモデルがクリエイティブではないし、海賊版の輸入品です。中にはオリジナルなものもあるとは思いますが。
色々なサイトがあり、多様なサービスを提供していますが、インターフェイスデザインは悪く、利用する気になれません。また、ショッピングサイトなどは、どこも同じタブのようなナビゲーションに、ショッピングバスケットです。統一されたインターフェイスがあることは良いことだとは思いますが、レベルの低いインターフェイスで統一されるのは、むしろ悪いことです。そういった意味では、マクロメディアのディスカバー・トイズのデモサイトなどは良い例になったのではないかと思うのですが、実際にこういうインターフェイスのショッピングサイトは出てきませんね。
全体的には良い方向に進んでいると思いますが、ウェブサービスはまだ人々の生活にとって必須なものになり得ていないので、デザインに求められるものは多くないのかもしれませんし、インターフェイスデザインが重要だと気づいていて、充分な時間や資金をかけようとする経営者やビジネスマンも多くないと思います。(あるいは、気付いていても投資家を説得できないとか)
ウェブデザインという業界については、日本で我々よりも規模の大きなプロダクションはいくつもありますが、多くがプロフェッショナルではないと思います。むしろ、優秀な個人のデザイナーや4、5人のグループのデザイナーが作っている商業サイトの方がずっと優れているというのが日本のウェブデザイン業界の現状ではないでしょうか。今はどこが傑出しているプロダクションなのかわかりにくい状況だと思いますが、今年・来年にはクオリティや規模の両方において、3、4のプロダクションが中心になってくるのではないかと思います。

日本以外に住んでみたい/興味のある国はありますか?

基本的に私は日本が大好きなので、外国で暮らすのは考えにくいのですが、今度休暇をとったらアルゼンチン、メキシコ、キューバ、モロッコのどこかに行きたいです。この2月にはベトナムに行きました。

最後に今後手がけていきたいこと、予定などを教えてください。

現在、USBオルゴールを制作しています。市販の手巻きオルゴールに手巻きの部分を動かすモーターを加え、改造したものなのですが、USB端子に 繋ぐと回転して音がなります。USB端子からは電流が流れているので、それを拝借しているのです。このままでもシニカルで気に入っているのですが、将来はネットを経由して誰かのオルゴールをならせるようにしたいと考えています。USBのハードウェアの制作はそう簡単ではないので、時間がかかると思いますが、ハードの面で誰か協力してくれるエンジニアの方がいれば嬉しいです。
今後は、ウェブでの活動も当然続けますが、物理的なメディアにも力を入れていくと思います。具体的にはインスタレーションということになると思います。表現したいことがコンピューターモニターの枠だけでは足りないアイデアもいくつかでてきているのですが、問題は山積みでなかなか制作する所までたどり着けない状態です。

Hisayoshi Tohsaki: TokyoAce4
www.tokyoace4.com
t@tokyoace4.com

IMG SRC, Inc.
住所:101 5-2 Shinsen-cho, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
www.imgsrc.co.jp

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE