ミー・カンパニー

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、ロンドンを拠点に活動するデザインカンパニー、ミー・カンパニー。グラフィックデザイン、広告、キャラクターデザイン、キャラクターアニメーション、ブロードキャストビデオ、ブランド展開、インターネットまで、最新のデジタルテクノロジーを使い、強烈で独創的な映像を制作している。長年にわたり、ビョークのシングル/アルバムのビジュアル制作を手掛けていることでも知られている。


ミー・カンパニー設立に至った経緯を教えてください。

ミー・カンパニーは、15年前にポール・ホワイトによって設立され、現在はコマーシャル/非コマーシャルで幅広く活動する大規模なデザインスタジオへと発展しています。企業や個人、代理店など、幅広いクライアントを抱え、様々なメディアでコンサルティングや探究を続けています。

ミー・カンパニーの活動について教えてください。

最近手掛けている仕事は全て機密プロジェクトなので、詳しく教えることはできません。夏頃にはメンバー皆休暇を取りたいと思っているので、それまでは忙しい日々が続くことと思います。プロダクトデザイン、ウェブ制作、ファッション、広告、ビデオなど、いろいろなプロジェクトを手掛けています。今年の後半には日本でエキシビジョンの開催も計画しているので、その準備に向けて忙しく作業しているところです。

プロモーションビデオからポスター、アルバムジャケットまで、ビョークへのビジュアル提供で広く知られていますが、ビョークとのコラボレーション関係が始まったきっかけは何ですか?

ポールが「ONE LITTLE INDIAN RECORDS」の 創設者のひとりであったことがきっかけです。ビョークとの関係は長い年月にわたって発展していったもので、信頼と芸術的なテレパシーに基づいています。ビョークとの関連性のみで私達を見てほしくはありません。彼女は素晴らしいクライアントですが、他にも楽しんでやっているプロジェクトが数多くあるのです。

プロジェクトにおける作品制作プロセスについて教えてください。

通常の制作プロセスというようなものはありません。プロジェクトにはそれぞれ違いがあり、それぞれが異なるアプローチを必要とします。コミュニケーションとコンセプトという2大基盤に基づいて制作し、全作品は概念的なアイディアを最もオリジナルで視覚的な方法で表現するというアイディアを基本としています。クライアントとの会話やアイディアセッションからインスピレーションを得て、彼等と密接に作業をするのを楽しんでいます。最初に基本となるアイディアが浮かんだら、次に私達の視覚的思考を手助けするためにラフスケッチを作ります。ビデオプロジェクトを制作する時は、ストーリーボードや絵コンテを作り、一時的なフォーマットでアイディアを説明します。こういった基本的プロセスを経て実際の作業に取りかかります。アイディアがテクニックと同じくらい重要で、これは例外なく全てのプロジェクトに関して言えることです。

グラフィックからCGアニメーション、ウェブまで幅広く活躍していますが、全体を通して一貫したコンセプト/テーマはありますか?

作品に貢献し、活気を与えるアイディアが数多くあります。順不同で挙げていくと、現代性、テクノロジー、キャラクター、ナレーティブ、ファッション、建築、生物学、変形、メタモルフォーゼ、イリュージョン、変換された意識の状態、家具、風景、宗教、哲学、文学。
ミー・カンパニーは、 様々な教育を受け、様々なバックグラウンドから集まったアーティストのインテリジェントな集まりです。チームとして作品制作に取り組んでいますが、作品をなぜ制作するのかについて正確な答えを出すのは難しいです。私達には、独特で唯一の存在になるという野望があります。

現在展開中のプロジェクト「MIND THE BANNER」について教えてください。どのようなコンセプトで作品を制作したのですか? また、作品を通して表現したかったことは何ですか?

現代のテクノロジーがテレパシーのようなものを可能にしています。何百マイルも離れた友達の耳の中に入っていくこともできるのです。それはものすごく強烈な経験です。このアイディアと、人々がそれが神または先祖からのメッセージだと考えていた頃の古くから伝わる北極光、オーロラについての神話をミックスしました。
コミュニケーションの奇妙な方法という観念で、古代文化、現代文化両方によって示された信念システムの類似性に非常に興味を持ちました。このような方法で世界を見るのは楽しく、奇妙でもありました。
その上、三次元空間での部分の相互に関係のある動きから文字を作り出すタイポグラフィックシステムも制作したいと考えました。それは、神の言葉の私達なりのアイディアでした。私達が伝えたかったことのひとつは、オーロラが非常にゆっくりと語る一方でその言葉には深い意味と重要性があるという観念です。

今回のプロジェクトで最も苦労した点は?

このプロジェクトの制作には、3、4人のチームで3週間ほどかかりました。私達のアイディアを収束して毎秒3Kでストリーミングできるようにするのがすごく大変でしたが、ローディングスクリーンは好きではないので、やるしかありませんでした。
3Dタイプシステムをスーパーフラットできらめく2Dのフォームにレンダリングするのは技術上大きな挑戦で、夜遅くまでの作業でピザのデリバリーにはお世話になりました。

ロンドンのニューメディアシーンで何か面白い動きはありますか?

今ヨーロッパには才能のある人達がたくさんいます。ロンドンはその一部でしかありません。良い仕事をしている人がたくさんいるので、ここで名前を挙げるのは難しいです。

日本についてはどう思いますか?

日本には、10年来クリエイティブな関係が続いているクライアントや友人がいるので、定期的に訪れ、そのクリエイティブな関係を面白い方法で続けるようにしています。日本にはエキサイティングで活気に溢れるカルチャーがあり、私達の制作方法にも合うような興味深いデザインへの欲求があります。できれば今年後半に日本でエキシビジョンを実現させ、もっと多くの人達に私達の作品を見てもらいたいです。

今後の予定を教えてください。また、今後どのようなビジュアルを手掛けていきたいですか?

クリエイティブな活動は有機的なプロセスです。決して終わることのない旅の中で、それぞれのアイディアが次のアイディアへと繋がっていきます。先入観や偏見を持ってできることを制限してしまわないように、今後の展開について前もって言うことはしないようにしています。ただ、IMAXムービーにいつか是非作ってみたいです。
最後に、日本にいる私達の友人、関係者、そしてSHIFTのグローバルなコミュニティに感謝の言葉を贈りたいです。

Me Company
TEL:+44 (0)207 482 4262
info@mecompany.com
http://www.mecompany.com

Text and Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE