シネトリップ

HAPPENING


東ヨーロッパで毎月開催されている非常に珍しいダンスミュージックのイベントを紹介しよう。光と音、空気、水、そして過去と未来をミックスするイベントだ。
イベントのタイトルは「CINETRIP」。人々は、地底深くから湧き出る温水に浸かり、ハウスやテクノのサウンドの鼓動を感じ、壁や天井に映し出されるスライドショウなどの映像を楽しみつつ、中世風のつくりの複合温泉を満喫する。

「RUDAS」と呼ばれるこの複合温泉は、ハンガリーの首都ブダペストにある7つの温泉場のひとつ。ブダペスト市内には、120を超える温泉源が沸き出ているが、このRUDASは、他のものとはちょっと違う。

トルコ風の構造のRUDASの起源は、オットーマンが支配していた頃の16世紀トルコにまで遡る。実際、トルコ風呂はトルコ人によって造られたのだ。
男性専用として長い間使われてきたが、この月に一度のCINETRIPイベント(地元ではVIZIMOZIという名で親しまれている)が開催される日にのみ、性別を問わず若者達に解放されている。ちなみに、次の開催は2月2日。

この神聖なる場所に女性が足を踏み入れたのは、400年の歴史の中で始めてのことなのだろうか?『前世紀にも、ここでこのようなイベントがあったとは思わないか?』と、悪魔のように赤いスポットライトに照らされて温かいミネラルウォーターに胸まで浸かった僕達を前に、物知り顔に眉を上げながら僕の友人が言った。トランスの曲に合わせてザブザブと音を立てている水着を着たグループの影をぼんやり見つめながら、確かにそうかもしれないなと思った。
その間中、真っ赤なライトが、列柱のある半円形のトルコ風呂の天井に漂う湯気を照らし出していた。湯気が立ち上るとその表面がきらきら輝き、若者達が、色とりどりの光の中で泳ぎ、音楽に合わせて人魚のように体をよじらせていた。

真夜中になるとベリーダンスのショウが始まる。しなやかな体の女性が、僕達は何者なのかということをダンスの中に表現していた。

CINETRIPは、セクシーなイベントだ。それに加えて、アンダーグラウンドのDJ達が、頭上の照明やビデオに合わせて音楽をプレイする。

このようなイベントは、他のどこでも見ることができないだろう。古代世界のデカダン派とリラックスムードの伝統を持つイベントだ。おそらく、東ローマ帝国がまだそこには生き続けているのだろう。

摂氏36度を保つトルコ風ドームの下の硫黄の温水プールの中で、ハンガリー人の創造力を独自に物語るベリーダンサー達を赤いライトが照らし出す。CINETRIPは、3年目を迎えるイベントで、そこでは、レイブとコンテンポラリーアートがひとつになり、数百人もの30代以下の若者達がブダペストで最もホットなパーティーに参加している。CINETRIPは、ハンガリーを代表するクリエイティブなものへとなりつつある。

ロビーでは、ビキニを着た20数名の人達がファンクのミックスに合わせてダンスを楽しむ。浴場内では、ベリーダンサー達がダンスを踊り、いつもは静かなスイミングプールが、ハンガリーの若者達で溢れかえる。2階のギャラリーでは、オーガナイザーであるラキ・ルーがモニターとプロジェクターの前に立ち、ビートに合わせてスイッチを操作する。70年代のフィルムから切り取ったオリンピックの砲丸投げの選手の70年代の映像がスイミングプールの上方に設置された巨大なスクリーンに映し出され、地元のDJ、NANDEEが彼の隣でテクノミュージックをプレイする。その壁は、トルコ石とオレンジ色の光で、砕けたステンドグラスのようにも見える。

イベントは、ドレッドヘアの2人の発想で始まった。33歳のディレクター、ラキ・ルーと、彼の26歳のパートナー、エヴァ・ギャロス。1997年に、友人達を集めるアウトドアイベントとして、このアイディアを思い付いた。
そのアイディアを実現するためには、財政的なサポートが必要だった。見込みのないままブリティッシュ・カウンシルに話を持ちかけ、ついには、現在CINETRIPのマネージャーとなっているブリティッシュ・カウンシルのアートマネージャー、アンドレア・ガンスと提携を結ぶことに成功した。

CINETRIPは、かなりの成功を収め、他の場所でも開催されるようになる。夏の間にフランス国内で開催されるコンテンポラリーアートのフェスティバルで、40のイベントを開催するという招待も受けた。今後は、オーストラリアでも開催される予定だ。
ブダペスト以外の地でどうやってCINETRIPを開催することができるのかと、疑問に思う人もいるだろう。主要構成要素となる温水は、確保することができるのか?だが実際、ロンドンのバロック式のロイヤルフェスティバルホールや、イタリア、トリノの中央広場、パリのセーヌ川に渡る橋でも、CINETRIPが開催されている。そのコンセプトはシンプルで、一見ユースカルチャーには適さないような場所を選び、それをビジュアルとオーディオエフェクトを使って一変させてしまおうというもの。
現在、1942年にヒトラーが建てたボルドー地方のセメント潜水艦保有タンクや、パリの株式取引所でも開催が予定されている。

ハンガリーのパーティー文化は、パニック状態にある現代に本当の意味でのリラックスを提供すべく、過去の歴史の探求を続けている。

Text: Judy Finn, Heather Hermant and Mark Griffith From Live Budapest
Photos: Ryder Thornton
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE