グレン・マッケイ 回顧展

HAPPENING

60年代のアシッドアート全盛期に、サイケデリックなライトパターンを駆使し、Airplaneのリキッドライトショーで脚光を浴びた地元アーティスト、グレン・マッケイの回顧展が SFMOMAで開かれている。66年から今日までのマッケイの作品集をオプアートやスライドショーと共に、30年前のエクスペリエンスを再現しようと試みたこの「Altered States」展は、文字どおり、レイヴやデッドショーさながらの光と音のパルスに満ちた、ヒプノティックな環境をミュージアムのオーディエンスに提供している。


光と時間をメディアにするマッケイの作品には、透明インク、ペイント等、水とオイルを元にした液体をビデオプロジェクター上で操るといった、ある意味でロウテクなプロセスが大部分を占めている。コンピューターを使ったデジタルグラフィックが氾濫するこの時勢、マッケイのプロデュースするビジュアルパターンは、有機的で不完全な感覚があり、アナログならでは深みが魅力的でもある。フラクタルを見飽きた人には是非ともチェックしてほしい。

Glenn McKay: Altered States
-Light Projections 1966-1999-
会期:1999年2月4日〜6月1日
会場:SFMOMA
住所:151 Third St., San Francisco, CA 94103
TEL:(415) 357-4000
http://www.sfmoma.org

Text: Kanya Niijima from MMSW Labs

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE