NIKE 公式オンラインストア

「010101:デジタル時代の芸術」展

HAPPENINGText: Amy Balkin, Josh On

バブルが弾けても、サンフランシスコが最新のあるいは歴史的なテクノロジー開発の中心都市として君臨している事に変わりはない。つまり、アートに関するテクノロジーを探究する場として、ここ以外に最適な場所はないというわけだ。サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)では、「アートが映し出す、人々がテクノロジーに深く巻き込まれる時代に作品をつくる事の意義」をテーマに「010101:デジタル時代の芸術」展を開催している。

SFMOMAのディレクター、デヴィッド・ロスは『この斬新なプロジェクトは単に“テクノロジーについてのアート”とか“ハイテクアートとデザイン”といったものにとどまらない。むしろ、デジタル世代の闇の中で強い自意識を持って作品を生み出しているアーティストや建築家、デザイナーといった人達を全面に出している。デジタルの時代はスタジオでは新しいアイディアや手法を生み出し、ギャラリーでは新しい展覧会の開催を促し、クリエイターと潜在的な観客を結び付ける新しい方法を提案している。数々の展覧会のタイトルが示すように、美術館とアーティストの性質の変化は彼等自身と彼等を取り巻く社会の変化として高度技術世代の生活に映し出されている。』という。

本展は、まだ発達途上にあるテクノロジーとアートとの関係の形に指針を与えようと近年アメリカで試みられている展覧会企画のうちの一つ。キュレーターたちは、「テクノロジー作品のサブジャンルが全体の構成からはみ出すことなく、美術館やオンライン展覧会も作品のサブジャンルを全体の構成の中に入れておくようにする」ことを確立しようとしている。

展覧会では絵画からビデオ、サウンド、彫刻にいたるまでの作品が展示されているが、扱う作品の幅が広いので、全体のまとまりとしてはちょっと苦しい。作品としては良くても、コンセプトに乏しいこともある。インタラクティブが単なるギミックとして捉えられたり、テクノロジーへの結びつきが希薄であったり無理があったりする。それでも、展覧会を価値のあるものにするような個々の作品が沢山ある。


Things Fall Apart, Sarah Sze, 2001, Site-specific mixed-media installation, Courtesy of Marianne Boesky Gallery, New York

例えば、サラ・ジーの動的な「カー・クラッシュ」は、テクノロジーを使ったクラフトクラスのアートの陳腐さに反抗している。彼女のインスタレーションは美術館の中央吹き抜けに弧を描き、不安定な小片の集まる中に据えられている。小さなモーターは、濃密で有機的な岩屑の小宇宙の中で ピーナッツや錠剤などを包装しながら、泡を吹いている。


Auto Scope, Heike Baranowski, 1996

そして、ハイク・バラノフスキのビデオインスタレーション、「オート・スコープ」は強く訴えかける。1時間に渡る4本のビデオは部屋の隅々で同時上映される。パリが移動する。グレーの壁と、無限に思われる都会を通して変化する平凡で魅力的な万華鏡をつくっている木々の間を…。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーヴン・チータム
MoMA STORE