茂木綾子

PEOPLEText: Chibashi


© 1996 Ayako Mogi / TYO Productions Inc

昔、あるアーティストと話をしていたら、現代は一作家一手法の時代だという話題になった。その作家としては、「自分は多様な手法を使って表現していきたい。」ということを言っていたのだが、意地悪な言い方をすれば多様な手法を使うということが、その作家の一手法には見えないだろうか。つまり現代の作家は、どうしても『その作家らしさ』を意識して、方法論の構築に励むことになる。もちろん僕はそのことに何も問題はないとは思うけど….。

茂木綾子という作家(と言ってもいいのかな?)は、そういった問題そのものを、ハナっから相手にしないようなとらえどころのないポジションで活動しているように見える。どこの世界からもズレているのである。したがって、メディアは彼女をプッシュしたくても何者かがわからない!とりあえず写真を取る人としてメディアには登場してきているので、観たことがある人も多いだろう。そんなスタンスの人をこうして文字で紹介するのは至難の業だけど、switch等の書評では、的を得た良いことが書いてあるので、茂木綾子を考えるのには非常にいい材料になるだろう。


© 1996 Ayako Mogi / TYO Productions Inc

茂木さんは 第5回写真新世紀公募で優秀賞(荒木経惟選)を受賞されて、現在 はサブカルチャー系の雑誌やCDジャケットなどでビジュアルアーティストとして活躍なさっているということですが、今回「in the couchというビデオ(20分)とブックレット(80P)で構成されている作品集を制作されましたね。プロフィールを拝見させていただきましたが、武蔵野美術短期大学グラフィック科と東京芸術大学デザイン科を両方とも中退しています。こうして話を聞くだけでも、茂木さんというのは何者なのかということがひどく気になるわけです。まず茂木さんは写真家なのか、映像作家なのか、広くヴィジュアル・アーティストということでいいのか。そんなところから話を伺いたいです。

私としては、カテゴライズされない事を望んでいるので…。写真家として仕事を依頼されることが多いけど、自分は写真家だとは思っていないし。う〜ん、ヴィジュアリストということにしておいて下さい。私は大学(東京芸大)では、映像を専攻していたんです。そこでは、もうすでにあるビデオ・インスタレーションばっかりで、結局アカデミックになってしまっている。じゃあ、すでにないものを作ろうとすると、それはダメだと言われてしまうんです。そんな経緯で辞めちゃったんです。


© 1996 Ayako Mogi / TYO Productions Inc

ダメって言い切られちゃうなんて凄いものがありますね。結局、アカデミックであったり、カテゴライズされたものの枠にはとらわれたくない。そういうポジションで活動していきたいと。

そういうことですね。私は内面から浮かび上がるイメージから作品を作り始めます。ロジカルに頭の中で構築する暇もなく、出て来ちゃたものを、インスピレーションでつなげていくんです。

では、ロジカルに観ようとしている人から誤解されるリスクも多いにありますね。

それはそれでいいんです。


© 1996 Ayako Mogi / TYO Productions Inc

何故発表するのか?どういう人に向けて作品を発表しているのか?なんて基本的な質問をしてもいいですか?

ええ。私が作品を発表するのは、自分というものはいつか(死んで)無くなっちゃうけど、物質として作品が残るということが大切に思えるんです。作品の作り方は構築的ではないし、カテゴリーが無いので、誤解されやすいかもしれませんが、私の様なマイナーなスタンスの人間がいることが、他の同じ感覚を持った見る人や作る人たちにとって刺激になればいいなと思います。

こんなことやってる人がいるんだ!みないな!

爆弾になれるんだ!みたいな(笑)

なるほど、なんか、僕自身がその言葉には勇気づけられちゃうな。わかるような気がします。switchの記事で、音楽〜それもテクノ以降のサンプラーを通過した後の音楽〜との類似性を指摘されていましたが、ご本人はビデオや写真を撮るときに特別音楽を意識したりすることはあるんですか?

サンプラーを通過した後の音楽との類似性は非常に感じます。ビデオを撮るときに音楽を意識するというのは、以前家で聴いていた音楽を一緒にビデオに編集していくという作品があって、それは今回はやらなかったんですが結構面白かったです。音楽には興味ありますね。
今回は家ではなくてスタジオだったということが制約としてはあったんです。

今回の作品を観ていたら、音楽もご自分でやった方が、より伝わってくるような気がしましたが。

大友(良英)さんも、同じ様なことを言われていて、「僕がやるより自分でやった方がいいものになるよ」みたいなカンジで。でも、今回やってもらって、やっぱりサスガ!みたいな。
これからの作品で少しずつ自分でも音のほうをやってみようかなとは思っています。

編集するリズムみたいなものはあるんですか?

ええ。最初20分のビデオにしろといわれてやっていたわけです。すると、途中からテープの関係で15分に縮めて欲しいと言われたんです。でも20分と言われてやったことなので、どうしても縮まらない!それは20分というリズムで私の中では必然的に編集されていたものなんです。結局20分で出ました。

またswitchの記事の話になりますが、茂木さんは『真の同時代性を感じさせてくれる存在』と書かれていました。確かに、茂木さんの写真やビデオには、ありふれた日常の中で発見することのできるシーンが散りばめられています。それらのイメージは、時間でも空間でもない、プライベートで感覚的な作業によって編集されていく。受け手にとっては、見たこともない外国の景色が、ありふれた日本の景色と分け隔て無く並べられることで、サンプリング系の音楽のように、新鮮な発見を僕たちに与えてくれるわけです。その背景には、現代という時代や、私たちの世代というレイヤーが、実はルポルタージュ的な現場よりも、イメージとしての情報の方がリアルに感じられる時代だからなんじゃないか?つまりそれが同時代性ということを感じさせる大きな要因になっているのではないかと僕は思うわけです。茂木さん自身はその同時代性という部分をやはり意識的考えているのでしょうか?

同時代性という『感覚』は確かに意識しています。先ほども言いましたが、私は感覚的に作業してるわけで、コンセプトを明確に打ち出して作るということは無いんです。海外の映像や日本の映像、日常の風景を撮り貯めて、それを作品として編集するときには感覚的にカットアップします。だから意図的に何かと何かが配置されているというわけでは無いんですね。そのようなものに、『同時代性』のようなものを感じとってくれるのはいいかなと。
でも、『時代』としてカテゴライズされるのはイヤですね(笑)。というのも、写真評論家の某氏から、「あなたの作品はいいから」と誘いが来て、「シャッター&ラブ」という企画写真集に載せられそうになったんです。

あらら。それはかなりジェネレーションXな話ですね。確かに茂木さんとは違うかもしれない。

そう、それで、私はこういう作品を作ってて、こういうことがしたいなんて話をしたんですね。すると後日に電話が来て「あなたの作品は、使えない。」って言うんですよ。話を聞いているうちに、彼が「あなたの作品はダメだ!」と(笑)

また「ダメ」ですか。それは良かったですね(笑)!

そうそう。あれに載っていたら、すっかり時代という枠にハマってしまいますが、私のはちょっとあの路線とは違うし、良かったわけです。

また海外に行かれるそうですが、今度はどちらに行かれるのでしょうか?

今回の旅は、私がこういう道に入るきっかけとなった、ヴェルナー・ペンツェルさんとヨーロッパを旅するんです。今回の作品集にも彼の言葉を載せさせてもらったんですが、その時に、一緒にカメラ回しながら旅しようみたいな話になって。

帰って来てからの茂木さんの新作が今から待ち遠しくなりました。

4月ぐらいにお金がつきて帰って来ると思います。その時は期待していて下さいね。

Text: Chibashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE