NIKE 公式オンラインストア

ジン・ニュ

PEOPLEText: Hiromi Nomoto

淡い色の彫刻、彼女らはいつも何かを考えているようだ。この作品の作者もこんな表情で物思いにふけるのだろうか。

活気ある中国アート界では、若くして有名になるアーティストがいる。ジン・ニュ(金钕)もその一人。ジン・ニュは1984年生まれのアーティストだ。2007年に北京市にある中央美術学院を卒業した。

ジン・ニュ(金钕)

半人半馬の作品についてお聞かせ下さい。

大学の卒業制作でつくったのが人馬少女「Grow Up」です。構想を練り始めたころは、人馬ではなくユニコーンがつくりたかったのです。

init_595.jpeg
「Grow Up」Jin Nu, 2006. 210x75x220cm, 樹脂着色

ユニコーンはとても興味深いキャラクターです。耽美の象徴で、個性的で、そして物事に対してとても疑い深い性格です。ユニコーンと馬とで、頭の角以外で最も大きく異なる部分とは、権力や強さを象徴するライオンのようなシッポを持っているところです。ユニコーンは草食動物ですが、肉食動物の内面を持っています。そこに私は興味を持っています。

当時私は少女から女性になるまでの過渡期について調べていました。成長への過程で、心の中にぼんやりとした考えがあります。立ち尽くしている孤独な少女は前に進もうか、それとも後ろに下がろうか、迷っています。女性のイメージと少女のイメージ、それからユニコーンのイメージを繋げました。正確には “ユニコーン少女” と言えるでしょう。

init_603-1.jpeg
「夜」Jin Nu, 2008, 71x16x46cm, 樹脂着色

2008年の作品「夜」は、2009年に今日美術館で行われた「“Enliven–現実と虚実の間” アニマミックス・ビエンナーレ」を見て以来、私にとって忘れられない作品となりました。

私は人馬の形をした作品を多く制作して来ました。それぞれの作品全ては、自分の感情と関係があります。この作品では、女性の背中に男性がもたれかかっています。この男性は女性によりかかり、彼女の肩を噛んで、お腹に手を抑えています。つまり “依存” です。女性は男性を背負い、雪の中を走っています。

これは当時の私の感情と関わっています。当時の私は過度に、男性と女性の関係について、男性はとても強いのですが、多くの場面で女性に頼っており、女性は男性に多くを注がなければならないと考えていました。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE