デッドウッド

PEOPLEText: Victor Moreno

長年の友人であるカール・オルソンとフェリックス・フォン・バーダーによって設立されたスウェーデンの持続可能なファッションの異端者・デッドウッド。彼らは皮革や皮なめし工場からの余剰備蓄を拒否し工場の端材での作業を開始した。彼らの最初のアイデアは常に “ゴミを宝物に変える” ことであった。スウェーデンは、社会のさまざまな側面において持続可能性がいかに重要であるかでよく知られている。ファッションの世界では、革の代替品が必要だったのは当然のことであった。

デッドウッドはスカンジナビアのビーガン・レザー製品市場をリードしている。さらに、彼らはアニマル・レザーだけでなく、有毒な化学物質を使用するPVC素材とも戦っている。そのため、彼らは植物ベースの材料を扱うことに多大な努力を払ってきた。そして、有機栽培のサボテン・レザーを用いた衣服のカプセルコレクションを発表し、業界の現状を改善するために突破口を開いた。イギー・ポップ、カーク・ハメット、ニッキー・ミナージュなどの多くのアーティストが彼らの製品のファンを公言している。2022年に彼らは10周年を祝う。私たちはフォン・バーダーに、彼らの旅のこのエキサイティングな段階についてさらに深く掘り下げた。


Felix von Bahder and Carl Ollson

カールとフェリックスがどのように出会ったか、そしてデッドウッドを始めるに至ったアイデアを教えてください。

カールと私は、数年前に、ストックホルムのゼーデルマルムにある小さな店で同僚として働いていたときに出会いました。基本的なアイデアは、音楽、ヴィンテージ、インディーファッションをミックスしたクリエイティブな空間を構築することでした。当時のストックホルムには本当に活気のある店がなかったと感じました。それで、先に進み、ブランドを作ってみたのです。

間違いなくスウェーデンは持続可能性と環境に優しいビジネスの最前線にいます。このことがあなたにどのような影響を与えていますか?

スウェーデンは持続可能性に関してはかなり進んでいるのは事実だと思います。理由は定かではありませんが、スウェーデンは50年代までの歴史を通じて非常に貧しい国であったという事実と関係がある可能性があります。ですから、ここには何も無駄にせず、持っているものを大切にする文化があります。そして過去70年間、スウェーデンはこの社会民主主義の連帯感情を発展させてきたので、おそらく私たち全員が共有するものに気を配らなければならないという考えに注力します。そして、私たち全員がこの地球を共有しているので、持続可能性、リサイクルなどの観点から考えることは、私たちにとって自然なことです。


Photo: Isak Berglund Mattson-Mårn

近年のファッションは、季節ごとに安くて使いやすいデザインではなく、より抵抗力があり耐久性のある衣服を提供するという考えに移行しましたね。それについてどう思いますか?これはデッドウッドの哲学とどのように共鳴しますか?

私たちにとって、持続可能性の考え方は、二酸化炭素排出量の少ない材料を使用するだけではなく、物事についての考え方です。私たちは、デザインが多くの季節にわたって有効である持続可能なスタイルを信じています。「時代を超越した」というのは決まり文句ですが、少なくとも目指すべきものです。私たちはまた、長持ちする品質を信じており、これは私たちが過去数年間に多大な努力を払ってきたものです。今日デッドウッドの革の衣服を購入する場合、あなたは今から10年後にもそれが着れることを期待すべきで、それは真の持続可能性なのです。


Photo: Isak Berglund Mattson-Mårn

バージン・アニマル・レザーや有毒な化学物質を使用したPVCのような素材の両方と戦うことはとても重要だとですね。

ええ、私たちが現状に挑戦し、業界の物事を改善することができるあらゆる方法が関連していることを意味します。しかし、繰り返しになりますが、完璧な人は誰もいないので、私たち全員が戦いを選ぶ必要があります。現時点では、動物を原材料に無謀に使用すること、アップサイクルされたデッドストック・レザーを使用すること、そして救世主としての “ビーガンレザー” の素朴なマーケティングに対して、とりわけ、真に植物ベースの代替品を提示することによって、2つの面で良い戦いをすることができると感じています。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スネハ・ディビアス
MoMA STORE