「トーキョー:見えない都市を見せる」展

HAPPENINGText: Yasuharu Motomiya

現実的で本質を突いていたのは、ホンマタカシのキュレーションによる「何かが起こる前夜としての東京」だ。特にトーマス・デマンドの「制御室」は一見、無作為でアーティスティックな写真だが、見れば見るほど不穏で本当に「何か起こる」のではないかと恐怖感に駆られる。「国立競技場予定地」の写真も貴重な一枚だ。先日ようやく建設計画が決まった新国立競技場。まさに「何かが起こる」前の東京の姿である。

demand中
トーマス・デマンド「制御室」2011,「東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる」2015-2016 © Thomas Demand, VG Build-Kunst, Bonn/JASPAR, Tokyo, 東京都現代美術館蔵

若く情熱的なキュレーションユニットEBM(T)(ナイル・ケティング+松本望睦)は、「ポスト・インターネット世代の感性」というテーマで、同世代のアーティストをキュレーションした。なかでも、アメリカのテイバー・ロバックの「20XX」は未来の東京を映像で表現している。

tabor_l
テイバー・ロバック「20XX」2013,「東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる」2015-2016, Courtesy: the artist and Team Gallery

SF映画に出てきそうな画だが、世界各地の有名な高層ビルや様々な企業のロゴマークをいくつも合成して創られている。とても不気味で、絶望的な「トーキョー」の光景だ。「“根拠の無い希望や絶望”、“あいまいな不安感”が作品に立ち現れるのではないか」と語るEBM(T)のキュレーションエリアは確かに、現在に漂う同時代的な空気感を表していた。

様々なクリエイターが想う「トーキョー」のカタチ。作品を通して見えてくる「トーキョー」、理解不能で不可思議なモノも含め「これがトーキョーだ」という膨大なメッセージだったのかもしれない。

東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる
会期:2015年11月7日(土)〜2016年2月14日(日)
時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日、年末年始
会場:東京都現代美術館 企画展示室1階、3階
住所:東京都江東区三好4-1-1
TEL:03-5245-4111
http://www.mot-art-museum.jp

Text: Yasuharu Motomiya

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE