トーキョー:見えない都市を見せる

HAPPENINGText: Yasuharu Motomiya

去る11月から2月14日まで、東京都現代美術館において開催されていた企画展「東京アートミーティング VI “トーキョー” ー見えない都市を見せる」。その名の通り、テーマは「トーキョー」。展示は大きく2つの作品群で構成されており、ひとつは東京のクリエイターがそれぞれの視点でキュレーションした「東京」、そしてもうひとつは、国内外の作家が「東京」をテーマに創る新作である。また、「80年代」「YMO」をひとつのマイルストーンとした、東京、ひいては日本がカルチャー、アートの変遷をどのように辿ったのかをプレゼンテーションする展示レイアウトとなっている。

YMO02
YMO+宮沢章夫 展示風景,「東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる」2015-2016, Photo: 森田兼次

イントロダクションからすぐ、今回のテーマである80年代東京のサブカルチャーを代表するアイコン「YMO+宮沢章夫」の展示が広がる。当時の海外公演のポスターやライブ衣装、4作目のアルバム「増殖」のジャケットで使われていた3人のフィギュア、ライブ映像などが展示されている。

宮沢章夫はYMOをこう語る。「彼らは極めてコンセプチュアルで資本主義と戯れている」のだと。「60年代70年代の音楽は泥臭く躍動感に溢れた“身体性”を強調するものが多かったのに対し、YMOは洗練されたスタイリッシュな演奏、ビジュアルのスタイルで“非身体性”という全く新しい感覚を創ったのだ」。YMOによって表現の可能性が広がり、のちにファッションの多様化が進んだ。それは2016年現在においても勢いが止どまることを知らない。

mika_n2
蜷川実花「TOKYO INNOCENCE」展示風景,「東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる」2015-2016, Photo: 森田兼次

国内、国外の様々な分野で活躍するクリエイター達が見据える80年代以降の現在、近い未来の様々な角度から創られた「トーキョー」とは。蜷川実花キュレーションの「自己演出のための舞台装置」は、訪れた観客のための蜷川ワールド全開の撮影セット。艶やかさの中に毒々しさもあり実に奇抜なセット。現在の都会の色気を見事に演出しながら80年代以降の「東京」を描いている。

demand中
トーマス・デマンド「制御室」2011,「東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる」2015-2016 © Thomas Demand, VG Build-Kunst, Bonn/JASPAR, Tokyo, 東京都現代美術館蔵

現実的で本質を突いていたのは、ホンマタカシのキュレーションによる「何かが起こる前夜としての東京」だ。特にトーマス・デマンドの「制御室」は一見、無作為でアーティスティックな写真だが、見れば見るほど不穏で本当に「何か起こる」のではないかと恐怖感に駆られる。「国立競技場予定地」の写真も貴重な一枚だ。先日ようやく建設計画が決まった新国立競技場。まさに「何かが起こる」前の東京の姿である。

tabor_l
テイバー・ロバック「20XX」2013,「東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる」2015-2016, Courtesy: the artist and Team Gallery

若く情熱的なキュレーションユニットEBM(T)(ナイル・ケティング+松本望睦)は、「ポスト・インターネット世代の感性」というテーマで、同世代のアーティストをキュレーションした。なかでも、アメリカのテイバー・ロバックの「20XX」は未来の東京を映像で表現している。SF映画に出てきそうな画だが、世界各地の有名な高層ビルや様々な企業のロゴマークをいくつも合成して創られている。とても不気味で、絶望的な「トーキョー」の光景だ。「“根拠の無い希望や絶望”、“あいまいな不安感”が作品に立ち現れるのではないか」と語るEBM(T)のキュレーションエリアは確かに、現在に漂う同時代的な空気感を表していた。

様々なクリエイターが想う「トーキョー」のカタチ。作品を通して見えてくる「トーキョー」、理解不能で不可思議なモノも含め「これがトーキョーだ」という膨大なメッセージだったのかもしれない。

東京アートミーティング VI “TOKYO” ー見えない都市を見せる
会期:2015年11月7日(土)〜2016年2月14日(日)
時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで、月曜他休館)
会場:東京都現代美術館 企画展示室1階、3階
住所:東京都江東区三好4-1-1
TEL:03-5245-4111
入場:1,200円
http://www.mot-art-museum.jp

Text: Yasuharu Motomiya

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE