エッジワイズ クッキー・ミューラーの写真

THINGSText: Victor Moreno

ベルリンを拠点に活動する女優そして作家であるクロエ・グリフィンが、アメリカのカルト界のミューズ、クッキー・ミューラーへ愛と尊敬、称賛を込めて制作した写真集「エッジワイズ クッキー・ミューラーの写真」は、彼女の生活から切り取った記事や日記、メモの抜粋の他、彼女をよく知り、愛した友人達の心の込もったインタビューも収録した手の込んだ作品だ。ジョン・ウォーターズ、リチャード・ヘルエイモス・ポーロバート・メイプルソープや他の多くの人物と共に、ニューヨークでの国際色豊かな70年代、80年代を生きた彼女のアーティストブックとして、リアルな裏話を掘り下げた素晴らしいトゥルー・ストーリーを収めている。

Cookie_001.jpg
Klaus Nomi & Cookie, NYC, 1981 (Anthony Scibelli)
Klaus Nomi & Cookie, NYC, 1981 (Anthony Scibelli)

メリーランド州ボルティモア生まれのタフで多才なミューラーは、運命の気まぐれでドリームランダー(ジョン・ウォーターズのギャング映画の常連キャストたち)の一員となった。その後、ミューラーは新しいカルチャーウェーブを起こすべく、多くの才能を持った人物たちと交流しにニューヨークへ渡る。

彼女は面白いことをやってのける人たちの中でも、とりわけ人生の華やかな瞬間を生み出すことに長けており、誰もが彼女の遺した物に敬意を払うに違いない。ジョン・ウォーターズの作品以外でもミューラーは80年代のニューヨークのリアルと美しさを見せる作品に次々と登場した。 注目すべき主な作品は「ダウンタウン81」(1981)と「バラエティ」(1984)。

Cookie_002.jpg
Mark Baker & Cookie, NYC, 1974 (George Fitzgerald)

クロエ・グリフィンの8年もの時間をかけた真摯なアプローチが、今回のプロジェクトを成功へと導いた。この本の制作の始まりは、シャロン・ニエスブとのプロヴィンスタウンでの出会いだ。シャロンは、ミューラーの息子であるマックス・ミューラーを彼女に紹介してくれたミューラーの古くからの友人でありファンでもあった人物。ここから、この時代にエイズで命を落とした他の多くのアーティストたち同様、ミューラーが1989年にこの世を去るまでの物語が展開されていく。ミューラーに敬意を表したグリフィンにぜひ感謝したい。

Cookie_003.jpg
Cookie & John Heys, NYC, 1981 (Allen Frame)

クッキー・ミューラーと関わりを持つようになった最初のきっかけは何ですか?そしてこのプロジェクトはどのように始まったのでしょうか?

高校一年生の時、「フィメール・トラブル」という作品のコンセッタ役のクッキーを初めて見ました。彼女はディヴァイン(体重100kgを超える巨体にドラァグ・クイーン姿で主役を演じた俳優)の強気でかっこいい高校生ガールフレンドを演じていました。その時実際に自分の学校でトラブルに見舞われていた私は、すぐに他のドリームランダーたちと彼女の仕草や振る舞いにピンときて、ロールモデルにしました。後に、私はベルリンへ引越し、アンダーグラウンドの映画やアートプロジェクトの製作、出演を始めました。その頃にもらった、クッキー・ミューラーの書いた短編集「ウォーキング・スルー・クリア・ウォーター・イン・ア・プール・ペインテッド・ブラック」は、私に大きな影響を与えました。彼女の文章は直接的、即時的で、まるで実際に彼女に会っているかのようでした。その存在は強烈で、そのとき彼女に敬意を払うために何かしたいと感じたのがきっかけです。

Cookie_004.jpg
Cookie, NYC, 1978 (Don Herron)

クッキー・ミューラーの性格があなたに強くインスピレーションを与えたことがわかりました。なぜクッキーの人生へのオマージュ作品を制作しようと決めたのですか?

クッキーが持つ信じられないほどの自由さが好きでした。彼女の友人が私に語ってくれた話からもその冒険的な面を垣間見ることができ、彼女が書く文章からも同じようなものを感じました。それは、ただ自らの人生を彼女らしく生きること。他には何の仕掛けもありません。野性的な子供のようであり、ボヘミアンな精神を具現化したような人で、もちろん彼女自身も驚くほど面白く、また彼女が見る少しおかしな世界も私は大好きでした。気まぐれで風変わりな知恵を運んできてくれるのです。

Cookie_005.jpg
“Cookie as My Ex Boyfriend”, NYC, 1980 (Gary Indiana)

あなたの最初の書籍の製作は、リサーチ、取材、素材集め、フィールドワークなど大変な作業だったと思います。本の出版までにどれくらいの時間がかかりましたか?

2006年からクッキーの軌跡を探し始めました。幸運なことに、その年の秋にシャロン・ニエスブとマックス・ミューラーに会うことができ、自分が探していたものが見つかった気がしました。

初めは人と会って会話を記録していただけですが、その時は本を出すことになるとは思ってもいませんでした。それが素材集めだという自覚はありませんでしたが、特に不安はありませんでした。多くの発見に導かれ、自然な形でリサーチを始めました。

8年間をこのプロジェクトに費やし、その間に物語や思い出が成熟し、私自身の人生の物語へと形を変えていきました。それがこの本がとても自然なアプローチででき上がった理由だと思います。

Cookie_006.jpg
Cookie, film still from Multiple Maniacs ( © Dreamland Productions)

なぜシャロン・ニエスブがあなたを信頼し、どのように作品へと発展したのでしょうか?また、別の方法でこの本の出版は成し得たと思いますか?

クッキーの人生の物語に近づくことが常に私の目的だったので、彼女を愛し、知り尽くしていた人たちの協力、そしてシャロン、マックスとの友情と共に構築していった信頼関係がこの本には不可欠でした。

シャロンとマックスが私を信頼してくれたのは、自分の心に従った私の素直な目的とオープンな熱意を認識してくれていたからだと思います。最初のミーティングの後、常に連絡を取り合い、何度もプロヴィンスタウンに行き、またニューヨークの彼らを訪ね、すっかり友人となりました。今でもその関係は続いています。

アメリカですべての関係者に会えたのですか?

ええ、ほとんどは。メアリーヴィヴィアン・ピアースはニカラグアで、リチャード・ホーキンスにはロンドンで会い、それ以外は全員アメリカでした。

Cookie_007.jpg
Cookie, NYC, 1981 (Tobi Seftel)

タイトルである「エッジワイズ」は、クッキーのニックネームから取ったのですか?それともこの本のために考えられたものですか?

下調べで、クッキーがレイモンド・フォイエに宛てた「ガーデン・オブ・アッシズ」という彼女の著書の原稿に関する手紙を見つけました。「エッジワイズ」は彼女がこの本のために考えていたタイトルの一つです。これを読んだとき、今回のオマージュ作品のタイトルにぴったりだと思いました。

この本はクッキーのバイオグラフィー(伝記)と言っていいでしょうか?

「クッキー・ミューラー百科事典」として情報を集めたコレクションですが、バイオグラフィーと言えるのかは私にも定かではありません。

Cookie_008.jpg
Cookie & Max, Provincetown, 1976 (Audrey Stanzler)

マックス・ミューラーについてですが、クッキーが母親になったことはどんな意味があったと思いますか?

クッキーが母親になったことはとても重要なことだったと思います。かつて彼女は「息子がほとんどのことを教えてくれた」と書いていたことがありました。マックスが2歳くらいの、まだ小さかった頃、よく手をつなぎ、誰も理解できないような言葉で話しながら一緒に道を歩いていた、とボルティモアのクッキーの友人パット・バージーが語ってくれました。彼らはとても仲の良い親子だったようです。

クッキーはいくつかの新聞に、これまで誰も書かなかったようなエイズについてのコラムを執筆していました。あなたが話した人々は、彼女のことをどんなふうに憶えていましたか?

クッキーは、矛盾こそありますが、健康に対して非常に総合的なアプローチを取っていました。彼女は、エイズによって苦しんでいる人たちの中心にいるかのように、エイズの状況について非常に心配していました。彼女はいつも医師のような存在ではありましたが、治療はハーブの調合や不思議な力を持つ宇宙の屑といった風変わりなものでした。そしていつも多くの医学雑誌を研究していました。

万能なアーティストが存在すると思いますか?もしそうなら、クッキーの多方面に渡る生き方の価値をどのように理解していますか?

アーティストは万能であり得ると思います。創造性は、異なる形態や性質を取ることができる自然な方法です。クッキーはこのことを分かっていて、この考えに基づいて経験を大きく広げ、より意味のある人生のような芸術を作り上げたのだと思います。

Cookie_009.jpg
John Waters & Cookie, NYC, 1977 (Bobby Grossman)

ニューヨークでこの本のプレゼンテーションを行ったそうですね。少し教えてください!

最初にこの本の発売したニューヨークでは、素晴らしいイベントになりました。オープニングの夜、シャロン・ニエスブ、スー・ロウ(ジョン・ウォーターズの「デスパレート・リビング」にモール・マク・ヘンリーとして出演)とジョン・ウォーターズが、「エッジワイズ」からの抜粋を朗読してくれました。数日後、クッキーの親しい友人たちが彼女についての作品を読み合う夜の会合がありました。リチャード・ヘルは彼とクッキーが一緒に作ったというポエムを、リンダ・ヤブロンスキーは「ハウ・トゥー・ゲット・リド・オブ・ピンプルズ」から、パトリック・フォックスは「アート・アンド・アバウト」というコラム、ハイライトは、マックス・ミューラーによる彼の誕生のストーリーを読んでくれました。25年前のクッキーのお葬式以来、これらの友人が集まるのは初めてのことです。

最近では、ボルティモアでもプレゼンテーションを行ったそうですね。

ボルティモアでは、ミンク・ストールとシャロン、スーによる読み語りがありました。多くのドリームランダー達がプレゼンし、風変わりで反抗的な家族といったような雰囲気で素晴らしい時間を共にしました。その後シャロンとマックスはベルリンの私の家に滞在し、数週間を過ごしました。ベルリンの壁崩壊から25年、そしてクッキーの死から25年を記念して、この本の出版社でもある小さな書店ビーブックスで行ったブックツアーの最後のイベントは、最も感動的な夜となりました。クッキーが彼女の物語「ザ・ワン・パーセント」を読んでいる貴重なフィルムを上映し、シャロンが読み語り、マックスは彼の誕生のストーリーを話しました。8年もの歳月がかかりながらも、この時間この場所でその3人によってこうして読み語りをする瞬間としてこのプロジェクトが終わりを告げたことを考えると、感慨深いものがありました

Cookie_010.jpg
Denis Demordy, Pat Moran, Sharon Niesp, Cookie, Seymour Avidor, Channing Wilroy and John Waters at the Ptown premiere of Female Trouble, 1974 (George Fitzgerald)

今回のプロジェクトを実現させた出版社について教えてください。

この本の出版社ビーブックスは、小規模な出版も兼ねる本屋であり、とてもユニークで面白い集団です。彼らは知的で創造的な視点を持ち、商業的なものではなく、自らが信じるものしか出版しないという献身的で、独自性を持った会社なのです。

現在この本が市場に出て、批評家の称賛を受けていますが、このプロジェクトについてどのように感じていますか?多くの努力から学んだことは何ですか?また今後のプロジェクトにどのように影響すると思いますか?

この本に関わった人達が、気に入ってくれていることがとても嬉しいです。そのことが多くの作業に対する何よりのご褒美です。誰かの人生の物語について語ることは、多くの献身と誠実さが必要になります。思い出は、人々にとって神聖なものであり、多くの感情を伴います。得られた信頼は、どのように自分の仕事や直観を信じるべきなのかを教えてくれました。こういった経験が、次の仕事や次の友情が生まれるたびに、私たちの心の中で生きてくるのだと思います。

edgewisecookiemueller.jpg
EDGEWISE, A PICTURE OF COOKIE MUELLER
著者: Chloé Griffin
発行:2014年
価格:24.95ドル + 送料
ページ数:335
仕様:15 x 23 cm
出版社:ビーブックス・フェアラーク
コントリビューター:ジョン・ウォーターズ、ミンク・ストール、グレイ・インディアナ、シャロン・ニエスブ、マックス・ミューラー、リンダ・ヤブロンスキー、リチャード・ヘル、エイモス・ポー、レイモンド・フォイ

Text: Victor Moreno
Translation: Satsuki Miyanishi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE