アレックス・ヴェルヘスト

PEOPLEText: Aya Shomura

映像や電話など現代のテクノロジーを駆使して、インタラクティブなビデオ・インスタレーション作品を制作するアレックス・ヴェルヘスト。彼女の作品「Temps mort / Idle times – dinner scene」(アイドルタイム ー晩餐の光景)が第18回文化庁メディア芸術祭、アート部門で新人賞を受賞した。今回、彼女に作品や思いについて聞くことができた。

portrait_alex.jpg

自己紹介をお願いします。

こんにちは。私は、アレックス・ヴェルヘストです。ベルギーのブリュッセルに暮らし、メディア・アーティストとして活動しています。私の作品は、主にコミュニケーションの難しさや、言語、物語に焦点を合わせています。各プロジェクトの基盤となるのは、既存の、あるいは新しく書いた、物語の台本です。私は物語を中心として、一連の作品を作ります。

diner_scene.jpg
“Temps mort / Idle times – dinner scene” Alex Verhaest © Dauwens & Beernaert Gallery

まずは、おめでとうございます!今回の受賞についてのご感想を教えてください。

賞をいただけたことに興奮し、光栄に思っています。私にとって、とても特別な受賞です。「Temps Mort」(アイドルタイム)の非線形な構造は、日本を旅しながら村上春樹のネズミに関する三部作を読んでいる間思いつきました。この作品で日本の賞をいただけたので、心温まる受賞です。

diner_exhibiting_scene.jpg
Installation view at TAZ Belgium © Sam Monballiu

「Temps mort / Idle times」(アイドルタイム)の食事の場面について教えていただけますか?どのような場面なのでしょうか?

「Temps mort」(アイドルタイム)は対話型の実験的な映像作品です。ある家族の5人のメンバーが全員には、6人目の家父長の自殺を望む動機があります。表題の由来は、近代技術が生み出す奇妙な「中間」の時間です。ネットワークで繋がっている機器を通して交流するようになってから、時間というものは、全く違うものになりました。
 
時間と記憶を過去と現在の合流点として捉えたのが食事の場面です。ある番号に電話をすることで、作品内の電話が鳴り、キャラクターが会話を始めます。5人のうち4人のキャラクターは、1つのシーンで2回登場します。2人は、お互いと、また他のメンバーと家父長について話します。メンバーの半分は、家父長がまだ死んでいないかのように話し、もう半分は、彼が既に亡き人であるかのように話します。
 
初期ルネサンス時代の画家達は、同じ人物を2回登場させることで物語と時間の経過を描写しました。近代メディアにおいてこの物語技法を試してみるのが面白そうだと思いました。

Helene_diner.png
“Temps mort / Idle times – Character Study – Helene” Alex Verhaest © Dauwens & Beernaert Gallery

いつ、何故メディア・アーティストになろうと決めたのですか?

ブリュセッルで教育を受けている間、アイランド6アートセンターでレジデンシーをするため、中国に渡りました。そこで出会ったアーティストたちは、日中ITの仕事をして、仕事後はコードやミクロコントローラーで遊んでいました。私は全くの新人で、プログラミングやテクノロジーについて何も知らなかったので、アジアのハッカー文化にとても感心しました。作品にその影響が浸透するのには数年かかりましたが、あの時、現代のテクノロジーの扱い方を学びたいと決めました。

あなたのコンセプト、または哲学についてお話しください。

それは、難しい質問です。「Nanos Gigantium Humeris insidentes」(巨人の肩の上)という12世紀の美しい格言があります(オープンソースプログラミングでも使われる言葉です)。「私たちは巨人の肩の上に立つ矮人である」という意味です。芸術は歴史との対話で、私たちは、何百年もの知識の上に立っていることを美しい表現で気付かせてくれます。

image%20in%20diner.jpg
“Temps mort / Idle times -The Marsh” Alex Verhaest © Dauwens & Beernaert Gallery

作品作りの過程における重要なポイントを教えてください。

特定の物語を伝えるのに合う美的ルールを探すのに時間をかけがちです。ある物語の発想で始まり、次にその物語が語られるべき世界を作ります。物語の空間が出来たら、物語は変化したり、書き直されたりします。とても直感的な過程です。

どのように創造性をかき立てていますか?

中世後期とルネサンス初期の芸術に執着しています。当時は、絵画が物語を伝える器であり、巨匠たちの一つのフレーム内で物語を語る技法は恍惚とさせるものです。だから絵や素描の勉強をします。ソフトウェアの指導ビデオなどもよく見ます。紹介されている技法を習うためというより、使用していツールの可能性を知るためです。私にとって、指導ビデオを見るのは、勉強している言語の語彙を増やすような行為です。

Peter_diner.jpg
“Temps mort / Idle times – Character Study – Peter” Alex Verhaest © Dauwens & Beernaert Gallery

プライベートの時間はどう過ごされますか?

働きます。私の仕事は労働集約的なので、プライベートな時間はあまりありません。仕事中毒とも言えるかもしれません。でも、読書をたくさんし、最近はまたバレエを踊り始めました。

Peter_prop_diner.png
“Temps mort / Idle times – Peter’s Table Prop” Alex Verhaest © Dauwens & Beernaert Gallery

次の作品の計画やイメージは何かありますか?

現在、カフカの「変身」を基に物語を書いています。あの小説の物語空間がとても興味深かく感じました。また、あの小説の書き出しは、文学において最高の書き出し文章の一つとも言えるでしょう(翻訳の観点からも面白い文章です)。「変身」は、グレーゴル・ザムザと妹のグレーテの関係が要です。私は、この関係性をある2人の人物の恋愛関係として、グレーテの声を通し、架空の物語として再び想像しました。彼女の恋人(彼か彼女)は消え、浴室の洗面台の中で巨大な殻無しのヤドカリに変身して現れます。恋人の変身は、2人の人間の間の言語と理解の喪失の比喩です。最終的にこの物語はいくつかのビデオゲームになるかもしれません。少なくても、現在はその方向に向かっています。今は美的なインスピレーションのため、ロシアの初期絵画と逆遠近法をたくさん見ています。

読者の皆さんへメッセージをお願いします。

展覧会にお越しくださった際は、作品の電話をかけてみて、ご感想を聞かせてください。

第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
会期:2015年2月4日(水)~15日(日)*2月10日(火)休館
時間:10:00~18:00 ※金曜日は20:00まで、入場は閉館の30分前まで
メイン会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
サテライト会場:シネマート六本木、スーパー・デラックス
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会
TEL:03-3535-3501
入場無料
http://j-mediaarts.jp

Text: Aya Shomura
Translation: Makiko Arima

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE