OWTN.

PEOPLEText: Aya Shomura

owtn音楽 × 現代詩 = ポエムコア? 

女性初のポエムコアの第一人者であり、「宇宙初のポエムコアアイドル」として海外からも注目を集めているowtn.(おわたん)。ネットレーベル「POEMCORE TOKYO」から昨年2013年夏にデビューしたばかりとは思えないその存在感、音、リーディングのセンスは必聴。「そもそもポエムコアとは?」「音楽 × 現代詩?」読者も気になるであろう様々な疑問を、owtn.にぶつけてみた。

owtn.02.png
Photo: Yuto Takoshima (H△NöN)

まずはowtn.の名前の由来を教えて下さい。

以前、アイドルカフェでバイトをしていて、そこでのニックネームが「おわたん」だったんです。インターネットでよく見かける「人生オワタ」の顔文字から由来してます。なので、自分が音楽活動を始める時も頭のどこかに「おわたん」があって、そこに記号的な見た目と、ネットカルチャーっぽさがほしくて「owtn.」にしました。まさかこんなに定着すると思わなかったのですが、実はかなり適当につけました。

なるほど、納得の由来ですね。ポエムコアは2009年頃からSNSで男性を中心に広まったジャンルで、自作の詩を音楽に乗せて朗読するというポエトリーリーディングのことですが、ポエムコアに興味をもったきっかけは何でしたか?

もともと詩は書いていたんです。小学生の頃とか、すごく子供のころから。私がポエムコアを知ったのは2013年の夏で、この時すでに今回収録した『Let me be with you』(現『Jerryfish』)を作った後だったので「自分がやっていることは、このポエムコアに限りなく近いな」と感じました。

ちなみに「1)ナイフのような自意識、2)闇、3)すけべ心」というポエムコア3か条というものがあると聞きました。意識して詩作をしますか?

特に意識したことはないです。作品の内容云々より「自分の書きたいものを書く」という行為そのものが3か条であり、ポエムコアであると思っています。なので、知る前も知った後も特に変わらないです。他のポエムコアのアーティストも、もうポエムコアをしている時点でこの3か条を満たしていることになるかと思います。

owtn.の詩の世界観を教えて下さい。

世界観……う~ん……恋愛の詩が多いように思われていますが、割とそうでもないです。友達と遊んだこととか、映画とか音楽とか、いい作品や風景に触れて思ったこととかも、ちょっと思わせぶりに書いてます(笑)。シチュエーションに関しての体験談はほぼゼロで、ほとんどが空想です。ただ「こういう時、もし自分ならどう感じるか?気持ちは?感触は?温度は?」とかを、いかに生々しく書くかっていうのは意識します。

ところでどういう時に詩作を行なうのですか?

電車の中。あと、お弁当食べた後!(笑)。一つの詩を腰を据えて書くというよりは、断片的にフレーズが頭に浮かんでくるので、それをiPhoneにメモして、最終的に良さそうなのを繋げて一つの世界にしています。

owtn.01.png
Photo: Yuto Takoshima (H△NöN)

こうしてお話を聞いていると普通の女の子という印象ですね。プライベートではどんなことをしていますか?

仲のいい友達とお買い物に行ったり、ご飯食べたりして、普通の女の子が過ごすような日々を過ごしてます。本当に普通です。
あ、すごいどうでもいいんですけど、けん玉にはまってます。なぜか家のリビングにけん玉があって、やってみたら思ったより上手くてびっくりしました!(笑)。調べてみたらいろんな技があって、「胡蝶の舞」っていう中二病っぽい名前の技もあるんですよ。今はそれを完成させたいです。他にも1990年代の古いCMの動画をひたすら見るとか、元素記号を覚えるとか(特に111番目のレントゲニウム以降)、ピンポイントでマニアックなことばっかりしてます。

ほかに関心を持っていることはありますか?

今は、自分の知らないことや出来ないことをたくさんしてみたいし、知ってみたいんです。経験値はきっと、自分の詩の世界を広げてくれるんじゃないかなって思っています。それに、海外の方からもコラボのお誘いや、反響を頂くので、英語をちゃんと喋れるようになりたいです!今年の5月から、海外の「Future Disorder Recording」というレーベルのイメージアイコンをさせて頂いていて、レーベルオーナーのCamiloとは基本的に英語でのコミュニケーションなんですが、それがあまりにも適当すぎて、ちゃんと話せたらかっこいいなぁって思ってます。

SNSで広がったジャンルなだけに、ポエムコアそのものが主にネットレーベルでの流通ですが、ポエムコアの魅力とはなんでしょうか?

ポエムコアの魅力は、文学と音楽の融合。元々、将来自分の詩の本を出版したいと思っていて、こつこつと何年も、日の目をみることなくブログに書き溜めていました。でも、トラックがついたことで自分の詩が瞬く間にたくさんの人に広まっていきました。音楽がつくことで、詩に興味を持ってくれる。これってすごくいい循環だと思います。あとは、ネットカルチャーの恩恵を受けているジャンルなので、入手が簡単で拡散が早いところは、発信側にも受け手にも魅力的だと思います。

owtn.がポエムコアを表現手段として選んだ理由もそこにありそうですか?

ポエムコアを選んだというより、気付いたらポエムコアだった気がします。勧められるがままに読んでみたらこうなって、気付いたら私のやってるこれはポエムコア……?みたいな。

owticmode.jpg

今回のアルバム『owticmode.』(オワティックモード)は、どのような経緯でmunenoli氏と制作することになったのでしょうか?

2013年5月に出演したイベントでポエトリーリーディングをしていたところ、ヤノムネノリさんがたまたまお客さんで来ていて、終了後に「僕に曲を書かせて下さい」とTwitterにメッセージを頂いたことがきっかけで知り合い、合作するようになりました。ポエムコアというものがあると教えてくれたのも彼で、そこから「POEMCORE TOKYO」とつながり、夏頃にレーベルオーナーのBOOLさんに「アルバム出してみない?」と声をかけて頂いて。それをムネノリさんに話したら「よし!やろう」と言ってくれて、そこから3か月くらいで全部仕上げました。ムネノリさんは相当大変だったんじゃないかなぁって思います。ごめんね。いつもかなりムチャぶりしてます(笑)。

なんとなく制作段階の秘話も色々ありそうですね。

色々ありました…。最初は自分の声を聴くのが嫌で、録った音源を聞き返すのが恥ずかしくて、完成してもほとんど聞きませんでした(笑)。でも、4曲目の『RE:meillish』あたりから「こんな風にやってみたい」っていう気持ちが出てきて、積極的に「ここをもっとこうして」とか読み方を工夫するとか、貪欲になってきました。ジャケットはDJ仲間の「こどもくらぶ」のきるみくが描いてくれました。香水瓶やテディベア、ヘッドフォンなど実際に浮かんでる物は私の部屋にある物です。一番拘ったのはパンチラだと思います。きるみくと下着のカタログを見たりして、相談しました(笑)。

最後に、今後の目標、予定や活動を教えて下さい。

今年の初詣で「東京でイベントやれますように!」ってお願いしたら3月に叶っちゃったので、今、上方修正中です。下半期はもう1回東京に行って、イベント出演したいです!長い目で見た目標は…ポエムコアというジャンルのアイコンというか、「ポエムコアといえば owtn.!」みたいなのはちょっと憧れます。いずれにしても、「詩」というものを、新しい観点から浸透させていく人になりたいです。


owtn. 1st.EP『owticmode.』
仕様:CDR、6曲入、歌詞カード、ステッカー特典付き
   ※ダウンロード版とは一部収録曲が異なります
価格:1,000円(税別)

こちらの商品はミュージアムストアで取扱しています。

Text: Aya Shomura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE