小林俊哉個展「取り返しのつかないものを取り戻すために」

HAPPENINGText: Ayumi Yakura

北海道で生まれ、現在は東京・ドイツ・スイスを中心に活動を行っている作家・小林俊哉の個展「取り返しのつかないものを取り戻すために」が、5月31日までクロスホテル札幌にて開催されている。

小林俊哉は長年に渡り、植物をモチーフにした絵画作品を制作している。今回初めて、2011年の東日本大震災が発生する以前に描いた旧作と、その後の新作が併せて展示された。あれから3年が経ち、ホテル2階のロビーと、隣接するミートラウンジに並べられた新旧の作品を見比べて、作家自身が表現の変化を再認識している。

IMG_0315.jpg

ロビーに展示された旧作の《Those who never say anything》(2002年)は、黒地に黄緑色の葉茎が描かれた、一見シンプルな作品だ。細かな葉脈などは見られないが、自然体の姿が描写された輪郭は、見れば見るほどそれが植物であることを感じさせる。
小林にとって植物とは、何よりも身近な存在であり、等身大の自分を表現するのに共感できるモチーフだという。その根底には、樹木医のような知識を持った父親に連れられ、少年の頃から北海道各地の大自然の中で、植物への接し方を教わりながら育ってきた記憶がある。

IMG_0259.jpg

ラウンジには《永遠と一日》(2010~2011年)という題の、白地に黒い葉が描かれた《葉》と、黒地に白い木蓮の花が描かれた《木蓮》が展示され、ランチタイムから日暮れにかけては、西向きの窓より自然光が入る。移ろいゆく時の中で、植物のある風景が人の心を穏やかにする瞬間と、植物がそのような存在であることの普遍性が、白と黒のコントラストとなって純粋に表れているようだ。

IMG_0288.jpg

新作シリーズ《取り返しのつかないものを取り戻すために》(2013~2014年)には、震災発生以後の変化が表れている。ホテルを訪れる人に違和感を与えないよう、常設されているかのように選ばれた作品が、板張りの床とレンガの壁に馴染み、優しい雰囲気の空間を生みだしている。込められたメッセージは、絵の前で立ち止まり、見つめることで感じることができるだろう。

IMG_0264.jpg

フロント付近に展示された《菖蒲》、《桔梗》、《蛍袋》には、黒地に洗練された構図でクローズアップされた一輪の花が、ピンクや青で彩色されている。葉茎と蕾は黒く、花びらの淵を割る黒い曲線により、しばし見つめていると植物ではない形にも見えてくる。

IMG_0329.jpg

震災を東京で体験した小林は、テレビの映像で原発事故の発生を知った。海外の知人達からは「早く逃げろ」とのメッセージが殺到したが、取り返しのつかない被災状況を見て、逃げる気力も起きないほど絶望した。被災したのは人や動物だけではない。放射能で汚染された花は、一見きれいに咲いていても、小林には悲しく歪んで見えるという。
当時携わっていたアートプロジェクトの進行も震災の影響を受けた。それでも日々描き続けながら、緊急事態に混乱した被災地においては、アーティストもまずは「一人の人間としてできる何か」を積み重ねるべきであり、その先に「アーティストとしてできる何か」があるだろうと考えていた。

海外で個展などを開催すると、必ず原発事故について質問される。『私は日本人ですが、被災者ではないので、被災者の気持ちを代弁することはできません。』という旨を前置きしながらも、現地の人が接する数少ない日本人として、真剣に言葉を返す時間が続いた。すると気持ちが震災発生当時に引き戻され、一人になると辛い悲しみが襲った。彩りを失った被災地の映像が脳裏に蘇り、作品も彩りを失った。震災以前は、あえて黒を使って社会の闇や心の闇を表現していたが、震災以後は、黒以外の色を使えなくなってしまったという。

IMG_0275.jpg

被災地では多くの命が失われ、今も苦しんでいる人々がいる。しかし「今のままではいけない」と、まずは自分が変わる意思を持って描くことにより、作品も変化を遂げ「黒から抜け出す」ことができた。花を彩ったピンクの色には「希望」が込められている。1983年から画家として活動してきて、ピンクを使ったのはこのシリーズが初めてだ。植物は自ら逃げることができないが、生まれ変わる意思を持って生きている。散っても明くる年には、その地にきれいな花を咲かせるだろう。

IMG_0263.jpg

ラウンジに展示された3枚の新作《取り返しのつかないものを取り戻すために – 希望》」は、花言葉のように深読みされてしまう要素を排除して、特定の品種ではなく、植物そのものを抽象化した作品だ。黒地に、生命力を感じさせる黄緑色の太いライン、そして画面いっぱいに咲く花が、見る人へ向けてまっすぐに、すべての花びらを開いている。黒い花の中に少しのピンクが点在している作品、あるいはピンクの花が満開の作品など、3枚それぞれが、絶望の黒から見出された希望の色を湛えているようであり、一枚一枚が、ある全体の「部分」として描かれたものだ。

IMG_0284.jpg

個展タイトルにもある「取り返しのつかないもの」とは、震災で失われたものに限らず、小林の思う日本が、取り返しのつかない方向へ進んでいることを意味している。社会の仕組みや、人々の意識の在り方など、広い視野を持って様々な現状を見据えようとしても、常に全体を把握することは難しい。そこで「描いた部分を繋ぎ合わせていくと、全体としてどう見えるのか」を試みて制作が続けられているという。描いていくうちに全体が十数枚にもなる作品もあれば、一枚で完結した作品もあるといい、その全貌を想像せずにはいられない。

小林は『なぜ絵を描くのですか』との問いに、『新しい自分を探して、新しい自分になりたいから』と答えた。現状に満足することなく、日々の創意を日々形に表すことで「次に進める」。そして作家自身が作品へ投影されていくことで、作品から説得力が生まれるという。
取り返しのつかないものは、取り返しがつかないだろう。しかし、だからこそ本展が持つ「取り返しのつかないものを取り戻すために、新しい価値観や希望を持って前へ進んで行きたい」という意思を尊く思う。希望として描かれたピンクの花は、黒の中に描かれているからこそ、目を閉じた暗闇の中にも鮮やかな記憶として蘇る。多くの人々に訪れ、目にしてほしい作品だ。

クロスホテル札幌では、2007年のオープン以来、「ART X」(アートクロス)と題して館内でのアート作品の展示などを行っており、2011年からは、SHIFTとのコラボレーションにより道内作家の展覧会を行い、札幌から世界に向けて発信している。本展は、まちなかアート・クロス・エディションとしてSHIFTがキュレーションを担当する展覧会の第11弾。まちなかアートとは、街中にアートが溢れ、気軽に楽しめる環境づくりを目指す札幌から展開中のプロジェクトでギャラリー、作家、店舗が一体となり、アートのある日常をつくるというもの。
なお、ミートラウンジの貸切予約状況は、まちなかアートのTwitterFacebookで確認することができる。

小林俊哉個展「To regain the irreparable.」(取り返しのつかないものを取り戻すために)
会期:2014年3月22日~5月31日
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2西2
主催:クロスホテル札幌(企画部 011-272-0051)
キュレーション:クラークギャラリー+SHIFT
協力:まちなかアート、株式会社正文舎
http://crossmet.jp/sapporo/

Text: Ayumi Yakura
Photos: Yoshisato Komaki

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE