EA(エア)

PEOPLEText: Setsuko Hori

マイカ・ルブテとシンヤ・サイトウによるデュオ、EA(エア)。2人のアーティストは、まるで実験ラボにこもって、ありとあらゆる場所と時間の中からサウンドをキャッチしてるかのよう。その集めたサウンドを組み合わせて、内面から発する音、詩や声を織り交ぜていき、ランダムに撮ったたくさんの写真から物語をつなぎ合わせて一つの写真集をつくるかのように、エアの音楽ができていく。マイカ・ルブテのソロ活動をきっかけに、サウンドプロデューサーがマイカからシンヤへと手渡された今、エアの中で大きな変革が起こっている。
ポップミュージックのもつ意味合いも今日の日本で危うい気がするのは気のせいだろうか?本来ポップミュージックの強力なコモンセンスを巧みに持ち合わせ、ブルックリンのミュージックシーンに見られるような実験的なオルタナティブロックの空気を放ちながらも、温故知新の欧米音楽に憧れそれを反射させわたしたちを夢中にさせたレジェンドに値する偉大な日本のミュージシャンたち。彼らがそうであったように、日本をはじめ様々なカルチャーの影響を自分たちなりに吸収し、エアはオリジナルの音楽を作り上げていく。彼らの普段の様子や音楽のことなどをインタビューする機会を得ることができた。

1_EA_new_A-sha.jpg

普段の一日について教えて下さい。

シンヤ:24時間を3(朝、昼、夜の3つ)で割ると8だから、8時に起きてまず部屋を掃除する。足で踏んだりして汚れやすい音楽の機材を掃除する用、タンスの下や隙間、一番ほこりがたまると思われる所用、普通用と掃除のはたきも3種あリ、掃除している間に洗濯もする。洗濯は白いものと黒いものを分けて洗うなどキレイ好きで、曲をつくるときもきれいにデーターを整理してしまうんだ。12時くらいから曲づくりをはじめ、疲れる迄作業をする。お腹がすくと添加物の入っていない昼食を食べ、食べたあとは古着屋に行って80sのトレーナーの柄をチェックする。稀にいい柄に出会うので、これが欠かせない日課となったんだ。そのあとは作業に戻り、これもまたお腹が空くまで続ける。白米を中心とした夕飯を食べ、気分次第なんだけど、風呂に入りたくなるまで曲を作り、眼が疲れて限界になったら寝るよ。

EA4.jpg

どのように曲をつくっていますか?

シンヤ:コンピューターのなかで、フックになるストレンジな音をつくることからはじまる。その音に、肉付け、パートをつけていくんだ。その作業は、まるで子供のときの、レゴやプレイモビルみたいなんだ。特に、PCでつくるようになってから簡単につないだりすることができるからすごく早くできるようになった(以前はギター等で曲をつくっていたそう)。動物の鳴き声をサンプリングなどをして、即興や感覚的に作っていくんだ。

3_EA_new_A-sha.jpg

共同でですか?

シンヤ:分担作業で。サンプリングをマイカがフィックスしていく。

コラージュのようにですか?

マイカ:シンヤさんが散らかすもの(サンプリングなど)は私には散らかせない発想の音で、そこに詩の世界を預けてくれるから自由に想像できるの。音にインスパイアされ、詩を書いているうちに方向性が見えて来たり、時には詩と同時に表れて来たりします。

常にアーティストの視点で生活していますか?

シンヤ:常に音を探し、日常的な祭りの音や野球の音などを非日常的なものに転換する。日本特有の美をあえて新鮮に思うことを大切にしていて、それでAKITA(秋田)という曲を作ったんだ。物心ついた時点から、欧米文化をモチーフにした音楽が日常で、日本の音楽が非日常的に感じた。日本はどこでもBGMが流れているけど、NYに行ったとき、行く先々の店で音楽(BGM)が流れていないことにびっくりしたんだ。もともとは音楽が非日常感を演出するものだったと思うんだけど、それがどこでも流れているから、日本は常に非日常の中に生きている気がする。とにかく無音が無いんだ。

マイカ:わたしは日本とフランスのハーフなんだけど、日本の文化や自然が本当に大好きだから、詩を書くときは、シンヤさんのその感性を壊さないように気を遣いながらも自分の言葉で伝えたいと思っているの。

12960_581961218507056_1418080943_n.jpg

2014年、これからにむけての展望を教えてください。

シンヤ:もっと実験的なアルバムを作り、国内外でライブをたくさんやっていきたい。いろいろなアーティストとコラボレーションしたいと思っているよ。

EA(エア)EA(エア)
Illustration by Setsuko Hori

どのようなライブを目指していますか?

シンヤ:映画を見ているように楽しんでほしい。オーディエンスとの一体感等には興味が無くて、人それぞれの感性、解釈は自由だし、誰も彼もに好かれる音楽を目指しているわけでもないんだ。体調なんかもあるだろうし人々は簡単に盛り上がれない、だから時にはライブを見て苦笑いしてもいいと思っている。オーディエンスが我を忘れて欲しくないし、自分を持って見て欲しい。それから、音楽の枠組みを超えた表現ができるようなライブをしたいと思っている。最近はファッションショーなんかにも興味があって、ファッションショーで音楽を生演奏したりできたらいいと思っているんだ。

6_EA_live.PNG

今後の詳しい予定は?

マイカ:2014年春に、エアが音楽とナレーションを担当した電子書籍、原発えほんプロジェクトの「ひかりのりゅうとぼくのくに」が発売されます。有志で集まった各方面のクリエイター同士で、知恵を出し合って完成させました。この国になにが起こったか、子どもたちに伝えていくための絵本です。ぜひ、大人も子どももダウンロードして読んでみて欲しいです。売り上げは東日本大震災の義援金として寄付されます。詳しいリリース日などは、ぜひ私たちのホームページをチェックしてくださいね。

シンヤ:それとエアでは、個性的なダンサー・パフォーマー・VJ・イラストレーター等様々な分野の表現者を募集している。僕たちの活動に興味を持ってくれた方は、info@eaeaea.netまで気軽に連絡をして欲しい。

マイカ:à bientôt!(またね!)

Text: Setsuko Hori
Photos: EA

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE