奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2013

HAPPENINGText: Chiaki Ogura

町が一体となって作り上げる、奈良の芸術祭。本年度で3回目となる「HANARART はならぁと」は、テーマを「アート×地域の恋鎖反応 」として、奈良県下を8エリアに区分けし、2ヶ月半をかけてリレー方式で繋げていく。町家の屋内外をつかって、町ごと仕掛けていく取り組みだ。人が人を呼び、アートが地域に恋をし、来場者が奈良に恋をする。そんな愉快な連鎖反応が生まれて、関わる人たち皆が「はならぁと」を楽しんでほしい、そんな想いが込められている。

はならぁとは、大きく4つの部門にわかれている。“こあ”・“えあ”・“もあ”、“玉手箱プロジェクト” だ。今回は、メインとなる「はならぁと こあ」の紹介をしたい。展示会場は、奈良県大和郡山市。享保9年(1724年)から最古の金魚養殖の歴史を持ち、“金魚が泳ぐ城下町” として、金魚が町のシンボルとなっている。その独自の歴史や文化と向き合い、「なぜ今この場所なのか」を追究した現代アート展である。キュレーターは、大阪国立国際美術館主任研究員の中井康之氏、はならぁと実行委員長の野村ヨシノリ氏により公募から計3組が選ばれた。キュレーターごとに3つのゾーンに分かれ、それぞれのコンセプトで開催された。

奈良・町家の芸術祭はならぁと2013
ケノハレ/Antenna(アンテナ)

堺町ゾーンのタイトルは「アイダカラダ」。キュレーターの奥中章人は、サミュエル・アンドレーやみなみりょうへいなど4カ国16組のアーティストと共に、人々の関係性と身体性のダイナミズムを読み解くプロジェクトを展開している。展示会場で様々な対比やコントラスト・境界線を意識した空間作りがなされている。アンテナの作品は、かつて柳田國男が書いた日本古来の世界観「ハレとケ」をテーマにしており、 「神性や神事」を連想させる空間を、この場にあった古い木枠や古い既成品などの”個体”を用いて制作した。対して、大西康明の作品は結晶を扱い、存在するものと存在しないもの狭間の世界をテーマにし、気候環境の影響(温度や湿度)を取り入れ、「自然界の現象や、景色を連想させる空間」を、ありふれた素材(針金、接着剤、尿素)を用いて”流体”的な作品とした。重量や重さが一定ではない日々変化していく自然現象をはかなく描き出しているといえよう。アンテナの作品が構造的な個体に対して、大西康明は、有機的な流体という点も対を意識させるもの。浅井邸酒蔵において2つの空間を活かして作られたこの2作品は、まさにその対比構造の象徴でもあり極みともいえる。

photo2.jpg
スターダスト・ボーイズ/吉永ジェンダー

吉永ジェンダーは堺町の家において、入口〜土間・中庭までの景観の流れを意識し、空間の面白さと境界線を意識した作品を制作。デイリーは、郡山城のお殿様が船に乗って堺町の家に住む愛人に会いに来ていたという地元に伝わる恋愛物語にインスピレーションを受け、サイトスペシフィック・アートを展開している。

photo3.jpg
Home Theater/吉原啓太

吉原啓太は浅井ガレージにて、1ヶ月間の現地制作を行った。その間の制作中の生活を天井カメラから常に撮影し、「展示のための一番最小限な行為」としてスクリーン映し出すことで、人間の基本的な存在や生き方は何か、訴えかけている。

photo4.jpg
ADEYAKA/西山武志

旧川本邸ゾーンのテーマは「回游城市」。キュレーターはサラスヴァティ(中田洋子・松尾寛・山中崇寛)、“琵琶を手に、水辺に佇む女神” をモチーフとするアートユニットである。中田氏は、BIWAKOビエンナーレ2012の総合ディレクターも務めている。

会場となる旧川本邸は、大正13年から昭和33年まで遊郭として使用されており、当時としては大変珍しい木造3階建て。いまも遊郭当時の間取りがほぼ完全な状態で残されている。

photo5.jpg
堆積する薬莢/池原悠太

入口でまず出迎えてくれるのは、池原悠太の作品。自身が手描きで表現した素材を、デジタル上で組み合わせコラージュのように組み合わせることで、独特で幻想的な世界観を生み出している。また田中誠人も様々な素材やアナログとデジタルの技術を組み合わせる手法を用いており、見るだけではなく体感できる作品となっている。

photo6.jpg
蝕/徳常広明

2階のスペースは、元遊郭の佇まいが残るなか、“生の価値や重さ” を想起させる作品が多かった。陶芸家である徳常広明は、白いセラミック片を用いて増殖をや連続性を感じさせる作品を部屋を横断して展示していた。作品は置いてあるだけで、何かの拍子で簡単に崩れてしまう。人間のDNAのように偶然性の積み重なりで成り立っている儚さと、その強さの両方を感じさせるものであった。また、Art Unit HUST(臼木英之・遠山伸吾)は、一見鉄に見える作品を階段の上を規則的に並べ、「生の階段」としてつくりあげた。

photo9.jpg
錦魚遡上絵巻(仮)/中村恭子

柳町商店街ゾーンのテーマは「金魚ルネサンス2013」。キュレーターは、メディアアーティスト・京都造形芸術大学教授でもある銅金裕司氏。仮想の大和郡山金魚研究所を構想し、金魚の民俗学、人類学、心理学、言語学、ビジネスモデル、コミュニケーション学、進化学、遺伝学、物理学、複雑系科学などを現代アートとして表現した。

photo10.jpg
欲望の部屋/岡村 美紀

他にも、アーティストが町に滞在し、地域住民と関わり合いながら制作を行うアーティスト・イン・レジデンスを行う長期滞在型アート展「はならぁと えあ」。自主企画現代アート展「はならぁと もあ」。現代アートの範疇に収まらない表現活動や古くからあるお宝品を展示する「玉手箱プロジェクト」もリレー開催されている。古都奈良を “芸術” という視点で切り取ることで、新しい楽しみを発掘できる、そんなイベントと今後もなっていきそうだ。

奈良・町家の芸術祭HANARART2013
会期:2013年9月7日〜11月26日
HANARARTえあ(A.I.R)、HANARARTもあ開催エリア
五條新町(五條市):9月7日〜16日
御所市名柄(御所市):9月14日〜16日
八木札の辻(橿原市):9月20日〜29日
今井町(橿原市):9月27日〜10月6日
郡山城下町(大和郡山市):10月12日〜20日
宇陀松山(宇陀市) :10月20日〜27日
奈良きたまち(奈良市) :11月1日〜10日
桜井本町(桜井市) :11月16日〜26日
HANARARTこあ開催エリア
郡山城下町(大和郡山市):10月12日〜20日
TEL:090-9215-6847(奈良・町家の芸術祭HANARART実行委員会)
info_hanarart@yahoo.co.jp
http://hanarart.main.jp/index.html

Text: Chiaki Ogura
Photos: Chiaki Ogura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE