柿﨑均展「光のかたち」

HAPPENINGText: Eri Yamauchi

ウランガラスの魅惑の世界 

「ガラスのインスタレーション」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。美術展におけるインスタレーション作品は数多くあれども、ガラスのみで構成されたインスタレーション作品はなかなか目にする機会がない。本郷新記念札幌彫刻美術館にて開催されていた「柿﨑均展-光のかたち-」では、美術館の展示室が全てガラスの作品で飾られた意欲的な展覧会だ。様々な表現の試みがあり、ガラスという素材の持つ表現の幅広さや可能性を感じさせるものだった。

kakizaki.jpg

最初に目に入るのは、展示室へ上る階段の途中にある、ガラスでできた椅子だ。「わきあがる椅子」というタイトル通り、ガラスの筒の重なりが光とともに噴水のように湧きあがる。訪れる人を歓迎しているような、晴れやかな作品だ。

kakizaki2.jpg

暗闇の中、蛍のような緑色の光を放ち、何輪もの花が宙に浮かんでいる。暗室での展示作「シリーズ琳-花(スイレン)」である。幻想的な光と微かなゆらめきが静寂な空間を作り出し、時の経過を忘れてしまうようだ。一つ一つの花に注目してみると、花弁の一枚一枚は割れたガラスの破片のように切り口が荒く、形は不揃いだ。そのため睡蓮の一輪一輪も微妙に形が異なっている。

kakizaki3.jpg

次の部屋の作品は、ガラスの透明な影を利用したユニークな作品だ。タイトルは「DOGGIE」と「BIRDIE」。小さなガラスの板をつなぎ合わせて面を作り、犬と鳥の形を模したところに三点から光を当て、影を作り出している。柿﨑の過去の作品に、「JIBWA」という作品がある。ガラス板をつなぎ合わせて形を作るという手法は同じだが、今回は「影」を映し出した点が過去作と異なる。この作品が生まれたきっかけは、夜間作業中の柿﨑が、ガラスに光が当たり、影を作り出しているのを目にしたことだという。透明な影という新たな表現を楽しもうとする、柿﨑の純粋な表現意欲を感じさせる作品たちだ。

kakizaki4.jpg

展示室を結ぶ廊下には、キューブや球、円柱など様々な形をしたガラスが保存瓶のようなケースに入れられて陳列されている。ウランガラスだけではなく、蛍光塗料を溶かした水をガラスの中に注入したものなども交じっている。コレクションのように並べられた作品達は、あるものは植物に、あるものは鉱物に見えるなど、形や光の加減によって様々な表情を見せる。今回の展覧会のタイトルである「光のかたち」をストレートに表現している一角だ。柿﨑の作品でよく使われる「手」をモチーフにした作品も観ることができる。こちらもウランガラスでつくられている。なめらかな曲線を描き、仄明るい光を放つ手は、ぬくもりや優しさが溢れでているようだ。

kakizaki5.jpg

今回の展示で一番印象に残ったのは、暗室を使ったもう一つの作品「シリーズ琳-CUBE-」だ。光を放つ無数のキューブが宙に浮かんでいる。そして左右に設置した合わせ鏡により、キューブは無限の広がりを見せる。様々な角度から観ることにより作品の印象も変化する。長いトンネルの中をくぐっているような、もしくは宇宙空間に佇んでいるような、もしくは・・と、次々と想像力がかきたてられ、観終わった後も光の印象がいつまでも後を引くような作品だ。展覧会を振り返ると、ガラスという素材の表現の幅広さに驚きを覚える。なめらかで光沢のあるガラスは、優しさや温もりを感じさせると共に、ひんやりとした距離感も持ちあわせる。ウランガラスや蛍光塗料が放つ不思議な光は、人工的で無機質な印象にも、詩的で神秘的な印象にもなり得る。また、ガラスの作り出す影は、その空間を幻想的に演出する。そして、鏡や光などの要素と組み合わせることで、ガラスの表現力はより奥深いものとなる。

柿﨑均は、ガラス職人としてキャリアをスタートさせ、日本のいくつかの工房で腕を磨いたのち、1989年に札幌芸術の森クラフト全国公募展でクラフト賞を受賞。これを機に、スウェーデン、アメリカ、フランス、イタリアなど世界各地で経験を重ねてきた。個展も開催し、アート作品も数多く発表してきた。海外で作成した作品は、ガラスと木や金属などの異素材を組み合わせたものが多く、また、人間の内面を表した内省的な作風も多く見られた。そして2004年、日本に帰国する頃にウランガラスに出会う。器、人物、人体と表現のモチーフ広げてきた柿﨑は、ウランガラスという新たな素材を用いて、環境や心象風景、空間演出という次なる表現への挑戦を続けている。

今回の展示は、表現を追求する柿﨑の一つの結果でもあり、また過程でもあるのだろう。アーティストとしての確かな技術と新しい表現を求める探究心で、今後もガラスによる表現の可能性を切り拓いていくに違いない。

柿﨑均展「−光のかたち−」 
会期:2013年6月15日〜8月25日
時間:10:00~17:00
会場:本郷新記念札幌彫刻美術館
住所:札幌市中央区宮の森4条12丁目
TEL:011-642-5709
http://www.hongoshin-smos.jp

Text: Eri Yamauchi
Photos: Seiji Yamagishi, Courtesy of Hongo Shin Memorial Museum of Sculpure, Sapporo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE