アルル国際写真フェスティバル 2013

HAPPENINGText: Valerie Douniaux

評価が今一つだった2012年に比べ、今年のアルル国際写真フェスティバルは専門家達から満場一致で高い評価を受けた。フェスティバルのオープニングウィークには専門家が集まり、大規模な講演会やスライドショー、オープニングイベントなどの様々な行事が行われ、写真の専門家と写真ファンを結び付けた一週間となった。この写真展の特徴は、選ばれた写真の質の良さや陽気で親しみやすい雰囲気、そして長く寒い冬と春を超えて訪れる、輝くようなアルルの夏の気候などが挙げられる。これらの要素があいまって写真展は活気に満ち、本展は世界各地で開かれる写真展の中で再び中心的な役割を担うようになった。

Arles International Photography Festival 2013g
Gilbert Garcin, When the Wind Will Come, 2007. Courtesy of Les filles du calvaire gallery, Paris.

9月22日まで開催されている本展では、古風な街の路上や歴史的な建物の中など様々な場所で写真を見ることができ、古代と近代、現代の芸術が見事に融合する空間も楽しむことができる。今年のテーマは「アルル・イン・ブラック」(黒のアルル)つまり白黒写真だ。現代の社会はイメージや色彩で溢れている。その中で白黒写真の時代における写真表現の開拓者達が残していった遺産を展示することで、過去から現在にいたるまでの写真史の連続性を示そうとしている。ジャック=アンリー・ラルティーグやゴードン・パークス、そして今回がフランスにおける初の回顧展となるセルジオ・ロランなどの歴史に残る偉大な写真家は、森山大道などの白黒写真を中心とする芸術家だけではなく、驚くことにカラー写真のイメージの強いギイ・ブルタンにも影響を与えている。白と黒の絶妙な味わいのある彼らの写真に加え、より若い世代の作品も楽しむことができる。とは言え、カラー写真の存在も忘れてはならない。とりわけ、この写真展で最も感動的な瞬間の一つとなったとなったヴォルフガング・ティルマンスの展覧会は見逃せない。

Hiroshi%20Sugimoto_002.jpg
Hiroshi Sugimoto, Carré Hermès Éditeur (Hermès Éditeur square scarf), Colours of shadow 128 1/7

アルル国際写真展は、ただ人気のある写真家たちをあつめたイベントではない。優れた個展やグループ展を通して、無名の写真家や忘れ去られた写真家達が(再)発見される機会でもある。今年度もっとも驚いた出来事の一つは、ギルバート・ギャルシンのウィットの利いた展示だった。彼は過去アルルのワークショップに参加したことで写真家としてのキャリアをスタートさせた人物だ。加えて、マイケル・ヴァンデン・エークハウトの非常に個人的で冷酷で不条理な、しかし優しくもある視点で世界を見つめるような写真も素晴らしかった。エリック・カッセルの家族写真への敬意もまた楽しく、感動的だった。夜の古い劇場にて開催された彼のスライドショーは一番笑った瞬間であり、今年のアルルのハイライトとなりうるものだった。アルフレド・ジャーの展示は、私たちが社会の中で形成してきた権力や特定の地域などへのイメージに対し、大きくゆさぶりをかけるような過酷な内容だ。だからこそ、訪れる価値は十分にある。そして写真だけではなく、リ・ウーファンによるインスタレーションは必見中の必見だ。
静けさ感じる作品は、芸術と環境の相互作用を改めて教えてくれるようであり、韓国出身作家の才能を再確認した瞬間であった。唯一残念だったことは、杉本博司の作品「陰の色」と「発見」だった。彼は才能に溢れる写真家だが、今年選ばれた写真家の中ではかなり異質であるように見えた。

Guy%20Bourdin_001.jpg
Guy Bourdin – 1950-1955, Paris post war. Courtesy of the Guy Bourdin Estate, 2013.

一時的なものと常設のものを含め、期間中はアルルの至る所に膨大な数のギャラリーが誕生する。アルルの曲がりくねった道を散歩している時でさえも、面白い発見ができるだろう。また、アルルは小さな都市でもあるため、色々な場所で同じ人に遭遇するということがしばしば起こり、町全体が打ち解けたような雰囲気になる。それはまさにアルル国際写真フェスティバルの正式名称「Rencontres d’Arles(アルルでの出会い)」そのものだ。

Arles Photography Festival 2013 (Les Rencontres d’Arles 2013)
会期:2013年7月1日〜9月22日
時間:10:00〜20:00
会場:アルル市内各会場
http://www.rencontres-arles.com

Text: Valerie Douniaux
Translation: Eri Yamauchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE