新生KW企画展「リローンチ」

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

ベルリン中心部にある現代美術を取り扱う美術館、「クンスト・ヴェルケ現代美術館」(KW Institute for Contemporary Art:通称KW)。ベルリンの壁崩壊直後、街の中心部には多くの自由に使えるスペースが生まれ、アーティストが集まり、ギャラリーが林立していた。KWはこのベルリン現代アート黎明期に設立され、意欲的に展覧会を開催し続けて世界の舞台へと躍り出た。そして今なおベルリンのアート・シーンを牽引し続け、大きな影響力を持つ。今回そのKWが大きく変ろうとしている。展示を統括するキュレーターが代わり、美術館の方向性が変わるためだ。以前と大きく異なるプログラムを打ち出すなか、新生KWとして初めて開催された企画「RELAUNCH」(リローンチ/再始動)。それはまさに美術館の今後の方向性を強く感じさせるものとなった。

新生KW企画展「リローンチ」
Ellen Blumenstein, Chief Curator of KW Institute for Contemporary Art, Berlin, © Edisonga

まず企画内容を紹介する前にKWが持つ特徴についての簡単な説明から始めたいと思う。そもそもKWは1992年に立ち上げられた私立の組織であり、公立の美術館のように制限を受けることなく企画や展覧会を開催している。また作品コレクションを持たず企画展のみを行うため、時代の感覚を常に展覧会へ取り込んできた。まさに現代の社会や文化を映し出す現代アートに相応しい場所なのだ。その他にも2年に一度開催される「ベルリン・ビエンナーレ」の運営母体となっており、ベルリンの現代アートにとって最重要な場所といっても過言ではないだろう。こうした大きな影響力を持つKWだが、その方向性は展覧会の企画を担うキュレーターに大きく左右される。そして2013年エレン・ブルーメンシュタイン(Ellen Blumenstein)がそのポジションにつき、KWに変化をもたらすために動き始めた。

KW_solakov_240413_%C2%A9eugster__MG_3630_72dpi.jpg
RELAUNCH 28.04.2013 – 25.08.2013, Nedko Solakov, MARKIERUNG, 2013, Text and drawings, Felt-tip pen on various surfaces, Courtesy: Nedko Solakov, KW Institute for Contemporary Art, Photo: Thomas Eugster

彼女が企画した「RELAUNCH」は、幾つかの展示やプログラムが重なり混じり合う複雑な構造を持つ。しかし一言で表すならば、企画タイトルが意味する通り「再始動」を印象付ける展示やイベントのまとまりとなっている。「RELAUNCH」初日に訪れた人々が見たのは何も置かれていない空となったKWの建物。展示スペースは改装されており、空間的な「新しさ」にまず気付かされる。白さが際立つ壁に近付けば、広大な空間とは対照的な小さな文字が見えてくる。壁の所々に書かれたメモはブルガリア人アーティスト、ネドコ・ソラコフによるもの。書かれた内容は現代アートを皮肉るものからKWの新しいプログラムを示唆するものまで多岐にわたる。アーティストはキュレーターが持つKWのビジョンやそれへのリアクションを目に見える形にしたという。新しいKWを印象付ける展示で、空となったKWを強調する作品は、人々を驚かせると同時に美術館が全く新しいものになることを納得させていた。

KW_Relaunch_Insistere7_II_c%20Insistere_72dpi%202.jpg
RELAUNCH 28.4.-25.8.13, INSISTERE # 7, DON´T FUCK WITH MY NAME (HACKING THE CURATOR), Series of Performances, © INSISTERE_Sabine Reinfeld/Ulf Aminde

もぬけの殻となった建物内を歩くと何度も背の高い一人の女性に出会う。彼女は館内を歩き回り、展示ホール中心に立ち止まり、まるでパフォーマンスのように身動きせず鑑賞者と向き合う。この女性は、Ellen Bluumensteinと呼ばれ、一文字「u」が多いだけで新しいキュレーターとほぼ同じ名前を持つ。ザビーネ・ラインフェルトウルフ・アミンデがキュレーターのアバター(インターネット上の仮想の人物)として作り出した作品だ。ウェブ上だけでなく現実の展示会場でも活動を行ったため、彼女こそがキュレーター本人であると勘違いするものまで現れて物議を醸し出した。パフォーマンスであるが意味不明な行動を行うキュレーターの姿は、その役割や現在の美術界での影響力の大きさに疑問を投じるもの。多くの誤解と共に新しいキュレーター就任を強く印象付けたのは間違いない。

KW_street_72dpi.jpg
KW Institute for Contemporary Art, Berlin, View from the street, Photo: Uwe Walter, 2010

このような「RELAUNCH」のスタートを盛り上げた展示作品と共に、KWは多くの変化を打ち出している。WEBや印刷媒体のデザインの刷新、そして企画や展示の再構成だ。中でも新たなプログラムのために、建物を改装してイベントスペースを生み出したことは最も大きな特徴だろう。かつてのように建物全体ではなく1階2階のみが美術作品の展示のために利用される。その一方で3階4階は建築、音楽、演劇、文学のためのイベントに使用されるという。こうした改装により展覧会と平行して常にイベントの開催が可能となった。そして常時のイベント開催により多くの参加者を巻き込む美術館の姿は誰の目にも明らかとなっている。

kw_attia_foto%20uwe%20walter_012_6755A_72dpi.jpg
Kader Attia, REPAIR. 5 ACTS, Installation view, Act 4: Nature, MIMESIS AS CONTROL (Mimesis als Kontrolle), 3 vitrines, taxidermied animals, masks, objects, Courtesy: the artist, Galerie Nagel Draxler, Galleria Continua, Galerie Krinzinger, Photo: Uwe Walter

同時にイベントスペースの誕生は今後KWが領域横断を目指すことを如実に示している。例えば、パフォーマンスのフェスティバルである「フォーリン・アフェアーズ」や、映画やビデオアートの展示機関「アーセナル」との共同企画。それ以外にも保健衛生博物館や、建築雑誌、サウンドアートを取り扱う団体とも話を進めているという。しかし挑発的な展示はもとより、姿を大きく変えたKWが大きな混乱を生み出したことも事実である。イベントや展示数が圧倒的に増えて全体像を掴みにくくさせている。そもそも多くのアーティストが住むベルリンでは毎日のように領域横断的なイベントが開催されている。そのためベルリンの街の特性を反映しようとも決して新しいものとは言えない。では新生KWは混乱を巻き起こしてまで何を目指そうとしているのだろうか。

kw_attia_foto%20uwe%20walter_012_6766A_72dpi.jpg
Kader Attia, REPAIR. 5 ACTS, Installation view, Act 3: Science, REPAIR ANALYSIS (Reparatur-Analyse), Reparierte Spiegel, Lithografien, Holzmaske / Repaired mirrors, lithographs, wooden mask, Dimensions variable, Courtesy: the artist, Galerie Nagel Draxler, Galleria Continua, Galerie Krinzinger
Photo: Uwe Walter

これに答えるのは現在「RELAUNCH」の枠組みで開催されているフランス人アーティスト、カデール・アティアの展示だろう。2012年に開かれた世界規模の展覧会「ドクメンタ」で注目を集めたアーティストは彫刻や様々な資料を展示している。「REPAIR. 5 ACTS(修復、全5幕)」という展覧会タイトルが表すように、至るところで「修復」を感じさせるものが並ぶ。展示室には傷つき歪んだ人物の顔を彫り出した木彫が所狭しと置かれ、戦争で傷ついた兵士の顔写真が壁を埋め尽くす。他にも民族学の資料など植民地支配の歴史の傷跡を取り上げている。これら作品に登場する傷跡は、様々な暴力を思い起こさせ、見るものを圧倒する。しかし展示室では割れた鏡を繋ぎ合わせたものが並び、傷があろうとも再び元のように使用できることを指し示す。またかつての植民地支配国と被植民地国が、歴史の傷が抱えつつも新たな関係を生み出す意味で「修復」の意味を感じさせる。つまりここで重要なのは、引き離されたものを繋ぎ何かを生み出す「修復」の考えなのだ。

kw_attia_foto%20uwe%20walter_012_67777_72dpi.jpg
Kader Attia, REPAIR. 5 ACTS, Installation view, Act 3: Science, REPAIR ANALYSIS (Reparatur-Analyse), Reparierte Spiegel, Lithografien, Holzmaske / Repaired mirrors, lithographs, wooden mask, Dimensions variable, Courtesy: the artist, Galerie Nagel Draxler, Galleria Continua, Galerie Krinzinger, Photo: Uwe Walter

「REPAIR. 5 ACTS」の展示で見せた「修復」ついて、カデール・アティアはインタビューでその意味について語っている。彼が取り組む「修復」とは連続したプロセスで一種の「再構築」であり、次へと向かうステップなのだと。この「再構築」としての「修復」はKWの新しい方向性と共鳴を起こしている。ここでの領域横断は、かつてアートから切り離されたものを再び繋げる「修復」であり、それによってアートそのものの再考を促す「再構築」となる。もちろんそれは領域横断に留まることはない。空虚な展示によるKWという美術組織への疑い。つまり「美術館とは一体何を見せる場所なのか」。キュレーターのアバターによるキュレーターという役割への疑い。つまり「キュレーターは、展覧会など美術の世界において一体どのような役割を果たすのか」。こうした新生KWでの「修復」と「再構築」は美術館、キュレーター、アートそのものの徹底的な刷新を図る挑戦となっている。この混乱を含んだKWの再始動はベルリンのアートを新しい高みへと導いてくれるのは間違いないだろう。

RELAUNCH
会期:2013年4月28日~8月25日
会場:KW Institute for Contemporary Art
住所:Auguststraße 69 D-10117 Berlin
入場料:6 Euro
http://www.kw-berlin.de

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE