MOTアニュアル2012「風が吹けば桶屋が儲かる」

HAPPENINGText: Miki Matsumoto

『多くの人が同時に体験する大きな一つのできごとがあったとする。個別の生を生きてきた背景や、体験したその時における各人の感情や行動、できごとの前と後の生活の変化、周囲の人から受ける影響。それらの差異により、大きな一つのできごとは、人々の間でそれぞれ異なる捉え方をされ、そのどれもが間違っていない。』
(MOTアニュアル2012「風が吹けば桶屋が儲かる」展、展覧会趣旨文より引用)

あらゆる異なる考えが等しく正しさを含む場合、我々は異なる意見をもつ他者と、どのように関わり合うことができるのだろう。

MOTアニュアル2012「風が吹けば桶屋が儲かる」展
田村友一郎 《深い沼》 2012年 (部分)

「MOTアニュアル」は、東京都現代美術館が1999年より継続的に開催しているグループ展であり、時代と結びついたテーマのもと、若手作家を中心に紹介してきた。12回目となる2012年は、10月末から翌年2月初旬までの会期で開催され、「状況の制作、風景の編集」をテーマに7組の作家が集った。本年の参加作家に共通するのは、自らの手で造形を行うのではなく、ある状況を設定し、そこに他者を介在させることで作品を成立させるという制作スタイルだ。「風が吹けば桶屋が儲かる」(ひとつの出来事が巡り巡って思いがけないところに影響を及ぼすという意味の諺)というタイトルが示す通り、7者7様の作品が緩やかに関わり合うことで、見る者の内側に様々な問いを巻き起こした展覧会の様子を、以下にレポートする。

この展覧会で最初の風は、展示室に足を踏み入れる前に巻き起こる。チケットを受付に差し出すと、一枚の紙を渡され、こう告げられる。「田中功起さんの作品は美術館にありません。田中さんは美術館の外で活動しています」。日常のシンプルな行為に潜む複数のコンテクストを暗示するような、ユーモア溢れる映像作品を発表してきた田中功起氏は、2013年ヴェネチア・ビエンナーレに日本館代表としての参加が決定しており、今最も注目を集める日本人作家の一人だ。そんな田中氏は今回、「美術館の外での活動を強調することで、展覧会とアーティストとの関係や作品経験のあり方に、別の視点を持ち込みたい」*1との理由から、館内では作品を展示しなかった。ならば、どこに行けば作品を見ることができるのか?受付で貰った紙に、そのヒントがある。会期中に田中氏が行う関連企画が全て記されたその紙を見ると、JR山手線車内でのゲリラトークイベントや、渋谷の映画館でのスクリーニング、オンラインマガジン「ART iT」に掲載された、担当学芸員との往復書簡など、場所・内容とも様々な「作品」が示されている。その多くは一回性という特性を備えつつ、ドキュメントの作成・公開がインターネット上で積極的に行われており*2、会場や会期といった、既存の展覧会の枠組に対する意欲的なアプローチが伺える内容となっていた。

01_morita.JPG
森田浩彰《人が集まる場所で、みんなで、行う、何か》

会場に入り、実質的な意味で鑑賞者を最初に迎えるのは、森田浩彰氏の作品だ。展示室の白壁に取り付けられた木製の棚には、40点の紙の山が並ぶ。それぞれの紙には「毎日1個、ゴミ箱の中に森田浩彰の作品が入れられます。ゴミ箱を開けて作品を持っていって構いません」「携帯電話の充電ができる場所がある」「あなたは誰かに、駅の行き方を尋ねられるかもしれない」といったテキストが記されており、裏には美術館内の簡易マップと具体的な位置を示す印がついている。鑑賞者自身の想像と行動を喚起する、インストラクション(指示書)のようなこの作品は、観客は作品と無関係な傍観者ではなく、展覧会という一つの出来事の中に組み込まれている一参加者なのだという感覚を呼び覚ますかのようだ。

02_shitamichi.JPG
下道基行 《torii》 2006-2012年 展示風景

次の展示室には、写真をベースに活動する下道基行氏の作品が並ぶ。今回は2006年から継続している「torii」シリーズに、新バージョンを加えた構成だ。同シリーズは、サイパン島や台湾といった、第二次大戦中に日本の占領下にあった地に残る鳥居を撮影したもの。異国の地で長い時の流れに晒された鳥居は、元々有していた象徴的な意味合いを失い、様々な形で風景に溶け込んでいる。倒されてベンチとして利用される鳥居や、十字架が並ぶキリスト教の墓地に佇む鳥居に交じって、一枚、鳥居の姿が見当たらない写真がある。戦後に殆どの鳥居が破壊された韓国で撮影したというその一枚も含め、あるがままの現在を捉える写真群からは、それぞれの土地の人々がどのように歴史と向き合っているのかを真摯に見つめる透明な眼差しが感じられた。なお、展示室の一角にはコピー機が設置されており、観客がボタンを押すと、裏面には下道氏が執筆した撮影日記、表面には撮影旅行中の列車の切符や時刻表など(原稿台のガラス面に設置されたこれらのアイテムは、会期中に何度か下道氏が内容を入れ替える)が印刷された、特製ハンドアウトが出てくる仕掛けになっている。

03_okumura.JPG
奥村雄樹 《くうそうかいぼうがく(深川編) 》 2012年

作家活動と並行して翻訳業も行う奥村雄樹氏は、今回、映像作品における字幕(翻訳)というテーマに迫った。展示されたのは、ジュン・ヤン、田中功起、ライアン・ガンダー、サイモン・フジワラという国際的に活躍する4名のアーティストが過去に発表した映像作品*3であり、奥村氏は日本語字幕の制作という形で各作品に関わる。ゴーストライターを巡る議論や、作家の新作のアイディアを友人らが代理で考えるものなど、各作品はそれぞれに主体性やオリジナリティといったテーマを扱っているが、そこに翻訳作業というフィルターを重ね、奥村氏の主観的な解釈や判断を含む存在へと変容させることで、意味構造のレイヤーを重層化させ、鑑賞者の認識に揺さぶりをかける。また1階のミュージアムショップ横では、奥村氏が子どもを対象に行っているワークショップ「くうそうかいぼうがく」の作品も合わせて紹介されていた。大きな紙に上半身の型を取り、そこにクレヨンや絵の具を使って、子ども達が自分の体内を想像して絵を描くという内容だ。青空や樹木、動物など、通常身体の外にある存在を内に取り込んだ解剖図からは、既存の境界を飛び越え、新たな輪郭を自らの手で獲得しようとする軽やかな意思が感じられた。

04_tamura.JPG
田村友一郎 《深い沼》 2012年 (部分)

3階最後の展示室は、それまでの雰囲気とは一変し、オーギュスト・ロダンのブロンズ像や、黒田清輝の油彩作品といった作品が飾られている。一見、実にオードックスな展示空間に思えるこの「状況」を作ったのは、田村友一郎氏だ。撮影を一切行わずに映像作品を制作するなど、制作過程そのものが問いを孕むような作品をこれまで発表してきた彼だが、今回は「過去との出会い」をテーマに3階展示室と地下駐車場の2サイトが呼応するインスタレーションを展開していた。展示は、以下3つのプロセスを何度か往復する中で作り上げられている。(1) 美術館の収蔵作品から77点を選出する (2)そのタイトルのみを用いて、深川(美術館の所在地)の歴史にまつわる「深い沼」という一編の物語を作りあげる (3)その77作品から、深川の歴史を連想させる数十点に絞って3階に展示し、地下駐車場には前述の物語を舞台化したかのような空間を作り出す。映画セット製作の専門家が、新品の木材にエイジングを施すなどして完成させた舞台(深川に存在した、ある民家を再現したものであり、玄関、廊下、6畳程度の居間で構成される)に上がり、畳の上に座って五感を研ぎすませると、建物を揺らす微細な揺れ、窓硝子がカタカタ揺れる音、ラジオから流れるノイズ音、駐車場の奥から時折流れる優雅な音楽などが知覚される。知覚のアンテナを更に広げると、広い地下駐車場の全体に、音や光が誘導的に散りばめられていることに気付く。畳を離れ、仄暗い地下駐車場を歩くうちに、どこまでが意図的に作られた状況で、どこからが元々の状態なのか判別がつかなくなる。見る人毎に異なる解釈を可能にする作品だが、各時代の歴史や記憶が作品という形で積層する美術館という場の特性、そしてそこに収蔵されている新旧様々なメディアが、いかに時間や空間を取り扱ってきたかを検証する、オマージュ的な作品であるように感じられた。

06_NIP.JPG
Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子) 《カントリー・ロード・ショー/COUNTRY ROAD SHOW》 2012年

その他、ナデガタ・インスタント・パーティ(中崎透、山城大督、野田智子の3名で構成されるアーティスト・ユニット)は、団塊世代による合唱団結成を企画し、そのドキュメンタリーを映像インスタレーション形式で提示した。一つの大きなイベントを他者を巻き込みながら作りあげるというプロセスベースの作品で知られる彼らは、今回「現在の日本をつくりあげる上で、大きな役割を担った団塊世代の人々に、詳しく話を聞いてみたい」との動機で取り組んだという。また、演劇や小説の手法を取り入れ制作を行う佐々瞬氏は、大規模なインスタレーションと映像、日記形式のテキストから構成される3作品を展示した。東日本大震災で亡くなった友人との思い出を元に作り上げた作品「それらの日々をへて、あの日がやってくる」では、友人との思い出を綴った手書きのメモ用紙が展示室の壁一面に貼られ、会場中央には、棺桶に見立てたテーブルが設置されている。会期中に行われたパフォーマンスでは、その空間をセットとして用い、作家本人が過去を回想し、時に棺桶の中の友人と言葉を交わす中で、メモ用紙に綴られた文字に修正テープを施し、新たな言葉を上書きする佐々氏の姿があった。過去や記憶は固定化したものではなく、現在との兼ね合いによって変化しうる、極めて曖昧な存在だと示すかのような作品だ。

05_sasa.JPG
佐々瞬 《それらの日々をへて、あの日がやってくる》 2012/2012年

個人的な深読みにすぎないかもしれないが、冒頭に引用した展覧会趣旨文にある「多くの人が同時に体験する大きな一つのできごと」という言葉から、先の東日本大震災(並びに以降の日本の状況)をふと連想した。画一化した行動に統御された社会より、異なる主義主張が共存する社会の方が遥かに健全ではある。しかし、大した議論もなく「みんな違ってみんないい」で済ませてしまうのは、画一化された行動を許容するのと同じくらい、危険な行為と言えるのではないだろうか。展覧会の開幕以降、Twitterなどのソーシャルメディアで活発なやり取りが交わされ、議論のプラットフォームとしての役割を積極的に果たそうとした本展覧会*4 からは、他者とのどのような関わり合いが適切か、という問いが優しく吹きかけられているように感じられた。7組の作家と1人のキュレーターがそれぞれに、且つ協働して巻き起こした風が、今後どのように絡み合い、どこまで吹き続けるのか。会期が終了した今からの展開が大いに気になる展覧会だ。


*1 オンライン・マガジン「ART iT」における連載記事「田中功起 質問する 8-1:西川美穂子さんへ1」より引用

*2 例えば、映画館でスクリーニング上映された作品は、インターネット上でも公開されており、JR山手線で行われたトークイベントの記録はここからダウンロードが可能だ。

*3 なお、田中功起氏、サイモン・フジワラ氏の2作品に関しては、今回初めて日本語字幕をつけて展示された。

*4 展覧会の特設ブログはこちら

MOTアニュアル2012「Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」
会期:2012年10月27日(土)〜2013年2月3日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 3F
住所:東京都江東区三好4-1-1
http://www.mot-art-museum.jp

Text: Miki Matsumoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE