ZAKA

PEOPLEText: Hiromi Nomoto

『こんにちは。ZAKAと申します。私は正体を明かせません。匿名のアーティストとして扱ってくれるギャラリーを探しています。作品と企画書を添付します。興味ありますか?』このメールがドン・ギャラリーのチェン・シーシンに届いたのは、今からおよそ1年半前のこと。

ZAKA
重なっていて見えないが15個の立体が使われている 「疑惑(メラミン)」, FRP / アクリルガッシュ, 300 x 285 x 50 mm, 2012 © 2007-2008 Don Gallery

今回の文章は上海で活躍するあるアーティストについてである。ZAKA(ザカ)とは、30代の男性で、アート教育を受けたことがあり、上海で制作をしている。これ以外の情報は無い。もちろんポートレートも。

ある日の午後、チェン・シーシンから急に連絡があった。2011年に上海環球金融中心で行ったシェル・エコノミクスというイベントで、金券を含むお金以外の“何か”とアート作品の交換が行われた。その時、SHIFTでの紹介とZAKAの作品「春」を交換したのだが、ZAKAから返答はなくそれきりになっていた。それで今回の展示のことを文章にしてはどうかとチェン・シーシンから提案された。

R0025280.jpg
展示風景 © 2007-2008 Don Gallery

若手アーティスト数名が所属しているドン・ギャラリーは、復興中路の「黒石公寓」の2階にある。この建物は924年に建てられたもので、玄関上部にあるテラスから下りて来る階段が印象的だ。周りには租界時代の趣深い建物が沢山あるのに関わらず、この建物は際立っている。

Pr%2C%20Spectrum.jpg
「プラセオジム、スペクトラム」, アクリルガッシュ / 木片 / 既製の布, 1100 x 1220 x 60 mm, 2012 © 2007-2008 Don Gallery

ドン・ギャラリーに入るとチェン・シーシンが向かえてくれた。ZAKAの個展「Halo」は9月7日から始まった。”Halo“とは光輪のことだ。展示は平面作品と立体に分かれている。と言っても、平面作品はキャンバスの他に、木材やFRPを使っているので立体に近い。スペクトルをテーマにした作品では、既成の布を使ったキャンバスに木で作った立体を貼り、布の色に近い色を上から塗っている。線の太さ色、形の対比で構成されている。

立体作品は、それぞれのタイトルになっている物質に対して、アーティストの目で表現されている。例えば作品「疑惑(メラミン)」では、メラミンとは2008年中国で問題になった物質であり、アーティストはその物質に対するメージをタイトルにしている。また、メラミンは化学式ではC3H6N6と表す。Cを表す形が3つ、Hを表す形が6つ、Nを表す形が6つあり、それらを自由に組んでいる。

C17H19NO3%2C%20Placebo%28Morphine%29.jpg
「癒し(モルヒネ)」, FRP / アクリルガッシュ, 370 x 650 x 290 mm, 2012 © 2007-2008 Don Gallery

疑問に思っていることをチェン・シーシン尋ねてみた。前回ZAKAはグループ展をしましたが、一緒に展示をしたアーティストも彼を知らないと言っていました。あなたは会ったことはあるのですか?

いいえ。私も会ったことがありません。彼から連絡をもらってから1年半、彼について調べました。その間のやり取りで、彼がとても真面目なアーティストだと分かりました。そして今回の個展に到りました。

2010年に上海現代美術館で行われた中国若手アーティストのグループ展「+Follow」にはどのように参加したのでしょうか?

私が美術館に推薦しました。「こういう面白いアーティストがいます」と。彼らもZAKAのコンセプトを面白いと思ったのでしょう。

C8H11NO2%2C%20Happiness%28Dopamine%29.jpg
「幸福(ドーパミン)」, FRP / アクリルガッシュ, 100 x 100 x 800 mm, 2012 © 2007-2008 Don Gallery

彼が実は、既に自分の本当の名でアート活動をしているアーティストだということは考えられないですか?例えば既成の布を使って制作しているディン・イだということは?

ディン・イの可能性はありません。作品を見ると、若手アーティストだと分かるでしょう。

R0025261.jpg
展示風景 © 2007-2008 Don Gallery

なぜこのように正体を隠すのだと思いますか?

若いアーティストの挑戦だと思います。若いアーティストはさまざまな面で厳しい状況にあります。ですからこのような方法をとったのでしょう。

Light.jpg
「光」, アクリルガッシュ / 木片 / 既製の布, 1100 x 1220 x 60 mm, 2012 © 2007-2008 Don Gallery

チェン・シーシンの言う通り、正体を秘密にすることは若いアーティストの挑戦である。実際のところ、私たちは全てのアーティストに会えるわけでもないし、彼らがどんな人物か本当は知らない。そもそも作品を鑑賞するのに、そのアーティストについて知っているとは限らない。どんな方法をとろうとも、重要となるのは、やはりアーティストとしての力である。1年半という期間での数々な展示への参加は、ZAKAにその力があるということだ。

展示のオープニングパーティーで、「もしかしたらZAKAも同じ場所にいるのかもしれない」「話をした人の中にいたのでは?」と考えた人は私だけではないだろう。果たしてZAKAはこの状況をどう考えているのだろうか。

Text: Hiromi Nomoto
Photos: Don Gallery

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE