エルネスト・ネト展「狂気は生の一部」

HAPPENINGText: Yumino Hagiwara

「Madness is part of Life」(狂気は生の一部)

エスパス ルイ・ヴィトン東京のオープンから、これまで4度の展覧会が行なわれたが、この現代的なガラス張りの展示スペースをこれほどまでに有機的で人間くさい空間へと変化させたアーティストはいないだろう。

今回の展覧会「Madness is part of Life」(狂気は生の一部)では、ブラジル人アーティストのエルネスト・ネト自らがキュレーターを務め、連作「Balanço」(ブランコ)に属する4点の新作を発表した。

7306-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD%282%29.jpg
A vida é um corpo do qual fazemos parte, 2012, われわれは生という体の一部、ポリプロピレン及びポリエステルのひも、プラスチックボール、780 x 786 x 1486 cm

これまでもそうだが、ネトの作品のテーマは常に人間の身体と密接に結びついている。作品の素材感や形状が身体を想起させるということ以前に、訪れた人と作品との関係が自らの身体的な体験をもってしか成立し得ないのだ。(このような作品をネトは「体験型彫刻」と呼んでいる。)そうして作品の内部へとアフォードされた鑑賞者は、自分の身体、身体と作品との境界、そして外の世界を行き来しながら空間とそこにいる自分自身を感じることができる。ネトの作品は人間の身体と空間のデバイスであり、それらの関係性の現れでもある。

8853-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD%282%29.jpg
A vida é um corpo do qual fazemos parte, 2012, われわれは生という体の一部、ポリプロピレン及びポリエステルのひも、プラスチックボール、780 x 786 x 1486 cm

今回のインスタレーションは、ポリエステルのロープとプラスチックボールを素材とした4つの作品の組み合わせから成る。そして、その中心となっているのが「A vida é um corpo do qual fazemos parte」(われわれは生という体の一部)である。これは、幅・高さがおよそ7.8m、奥行きが15メートル近くもあり、それが天井から宙吊りになっているもので、天井高8.45メートル、面積193平方メートルという展示空間の中でのヴォリュームとしてはとても迫力のあるものだ。

8724-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD%282%29.jpg
Pedras I, II, 2012, ポリプロピレン及びポリエステルのひも、プラスチックボール、145x240x75cm

この彫刻は精子を表わす通路部分と卵子を表わす居住空間という2つの要素で構成されていて、鑑賞者はその中を歩いたり、坐ったり、寝転ぶことができる。そうはいっても、ネトの見事な空間スケールの使い分けによって、実際に中に入っている人は無意識に行為を制限されている。通路は、奥に行くほど徐々に床から離れていくような勾配がついていて閉塞感もあることから人は坐らないし、まして寝転ぶことはない。しかし、卵子の中に入ったとたんに人は浮遊感の中にも安定を感じとり、坐ってみようという気持ちになってしまう。程よい身体への負荷が与えられることで、精神でなく身体の支配によってより心地いい場所へと進まされているような感じだ。人間の身体感覚と、そこから生まれる行為によって決定される作品内部のスケールは、環境芸術家フレデリック・キースラーが胎内彫刻の手法を建築空間の概念モデル(エンドレス・ハウス)へ適用したこととどこかリンクしているようにも思う。

7417-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD2.jpg
A vida é um corpo do qual fazemos parte, 2012, われわれは生という体の一部、ポリプロピレン及びポリエステルのひも、プラスチックボール、780 x 786 x 1486 cm

この作品はまさに身体の延長のような空間である―入り口は床面ギリギリに接していて、浮遊感と重力を同時に感じる。私がボールを踏みつぶす音、どこかで他の人間もボールを踏みつぶしている。中にいる人間がそれぞれにもがき、ロープが重みに耐える音が聞こえる。黄色いロープは裸足には少し堅い。ハンモックのような心地よさと不自由さが共存しており、卵子の部分は床面から2m程は空中に持ち上げられているだろうか、自分の身体は今までいた世界から切り離されたような感覚である。ガラスの向こうに見える東京の街からズームインして自分の身体の大きさを想像してみる、「powers of ten」のように。東京表参道、ガラス張りのエスパス7階、そして卵子、その中にいる自分。

「生は人間よりも大きく、人間は生の一部に過ぎない」とネトは言う。私は、精子が卵子に到達する生の瞬間の中に組み込まれていたわけだが、今まで身体よりも小さな部分だと考えてきた細胞の世界を考えると、実は宇宙ほどの大きな世界がエンドレスに存在しているようにも思えてくる。

7797-ErnestoNeto-EspaceLouisVuitton-PressBD%282%29.jpg
TorusMacroCopula, 2012, トルスマクロボールト、ポリプロピレン及びポリエステルのひも、プラスチックボール、780 x 120 x 120 cm

今回のエキシビションにおいて、エルネスト・ネトはこの作品の主題の通り、(人間が中心ではない)世界を俯瞰する考え方の一つを示してくれた。それも個々の身体感覚を観賞する際の基準に置くことで、全ての鑑賞者がアイデンティティを越えて共通の土台に上がり作品とその空間とに対峙することが出来るものである。逆にいえば、ここでいくら私が言葉にしても、実際に身一つで作品の内側から世界を体験を見なければ全く共有できないものだということだ。

最後に一つ、作品の経時的な変化はネトの空間インスタレーションの魅力でもある。来年1月6日までの会期の中で、多くの人間が作品の中を歩き回り、滞在することで色の変化や形状が変化してしまうだろう。どこかが他の部分と比べて異常に擦り減っていたりするかもしれない。人の行為の痕跡が作品に刻まれていくことでさらに人間くさい空間に変化するのではないかと私は密かに楽しみにしている。

エルネスト・ネト展「Madness is part of Life」(狂気は生の一部)
会期:2012年9月29日~2013年1月6日
時間:12:00~20:00
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル7F
TEL:03-5766-1094
http://espacelouisvuittontokyo.com

Text: Yumino Hagiwara
Photos: © Louis Vuitton, Jérémie Souteyrat

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE