堤由匡「ディジット」展

HAPPENINGText: Miki Matsumoto

イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランドであるDIESELは、「For Successful Living」をコンセプトとして、アパレルに留まらず、店舗に併設したギャラリーやカフェ、音楽プロジェクトといった多彩な取り組みを展開し、独自のライフスタイルを提案し続けている。中でも家具や照明を扱うホームコレクションライン「Successful Living for DIESEL」は、MOROSO(家具)、FOSCARINI(照明)、ZUCCHI(テキスタイル)といったイタリア老舗メーカーとコラボレーションした商品を発表しており、デザインと品質の両面で高い評価を得ている。DIESELのコンセプトストアであるDIESEL SHIBUYA地下にあるホームコレクションエリアでは、建築家や空間デザイナーによる「Successful Living for DIESEL」のアイテムを用いたストアインスタレーションを2011年8月より展開しているが、建築デザインチーム「KEIKO+MANABU」に続く第2弾として、建築家である堤由匡氏による「DIGIT」展を現在行っている。

堤由匡「ディジット」
Photo: Kanta Ushio

堤由匡(1978年福岡生まれ)氏は、東京大学工学部建築学科卒業後に北京へと移り、北京のSAKO建築設計工社勤務を経て、2009年に堤由匡建築設計工作室を設立、現在も北京を拠点に活動している気鋭の建築家だ。ロッテルダム・ビエンナーレやヴィトラ・デザイン・ミュージアムでの展覧会に参加する他、大規模なビルから店舗まで様々なプロジェクトに取り組む多彩な活動で知られる。常識にとらわれない自由な発想で一人ひとりの個性を発揮することをコンセプトとするDIESELだが、今回堤氏が手がけたインスタレーションも、まさに個々の家具の個性を際立たせる展示となっている。

「『モノを見せる』とは一体どういうことなのか?」

今回のプロジェクトにあたって堤氏が向き合ったのが、この素朴な問いだ。単なる空間インスタレーションではなく、実際に販売をしている店舗内で行う以上、効果的な商品陳列について考える必要がある。「空間演出」と「効果的な商品陳列」を同時に実現するために堤氏が提案するのは、今までに見たこともないような新たな商品陳列の方法だ。

02.jpg
Photo: Kanta Ushio

「通常、部屋の周囲は固い物質で出来ており、そこに何らかの方法でモノを固定するのが一般的な手法だ。すなわち『置く』『掛ける』『吊るす』。しかし、もし自由に変化できる壁面があるならば、そこにモノを『埋める』という第4の手法が発生する。モノが埋まった状態というのは、例えば、崖に掘り込まれた石窟であったり、溶岩に閉じ込められた何億年も昔の化石であったり、つまり『モノと背景が一体化した状態」にある。これを商品陳列に応用すれば、商品と空間が一体化した展示方法へと昇華できるのではないか。」
(作家によるコンセプト紹介文より引用)

05.jpg
Photo: Kanta Ushio

積極的に前面に出し、その存在を強調すべき商品を「埋める」という逆転の発想。そこから生まれたのが、モノの特徴にあわせて自由に動かすことのできる可変壁面である。

04.jpg
Photo: Kanta Ushio

「可変壁面の作成は、まず極限まで小さくした引出しを作り、次にそれを膨大な量で積み重ねるという方法を考えた。コスト、工期、重量を考慮し、今回は紙管を使用する。本体部に40mm角 、引出し部に35mm角の紙管を準備する。引出し同士の隙間を埋めるため、先端部には本体同サイズの40mm角紙管を装着し、筒の正面は厚紙にて塞ぐ。この微小なスライド機構を持つ引出しを、1万セット用意し、壁面を埋め尽くす。」
(作家によるコンセプト紹介文より引用)

03.jpg
Photo: Kanta Ushio

この「極限まで小さくした引出し」をスライド調整することで、立体を強調する「浮彫」、平面を強調する「象嵌」、あるいは発する光を強調する「浸食」といったように、見せるアイテムの形状や機能に応じて壁面の形状を自在に操ることが可能となる。展覧会タイトルである「DIGIT」は堤氏による造語であり、小さな正方形で形成されたデジタル(DIGIT-al)な壁面を自由に掘り込む(Dig It)ことを意味するが、アイテムの特性を見極める力が試されるこの展示手法は使い手の数だけ可能性の広がりを見せるといえるだろう。あなたなら、この壁面をどのように掘り込むだろうか。是非会場に行って、新たな可能性を体験してみてほしい。

DIGIT by Yoshimasa Tsutsumi
会期:2012年8月18日〜2013年2月17日
時間:11:30〜21:00
休館日: 不定休
入場料:無料
会場:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1F
TEL:03-6427-5955
http://www.diesel.co.jp

Text: Miki Matsumoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE