マー・リャン

PEOPLEText: Hiromi Nomoto

マー・リャン

夕暮れ時、聞こえて来る太鼓の音をたどると、そこはマー・リャン(馬良)のスタジオだった。上海の開発の為に取り壊された威海路696号アートエリアにSHIFT中国語版オフィスがあった頃、アーティストであるマー・リャンのスタジオもそこにあり、エリア内でたまに彼を見かけることがあった。現在マー・リャンのスタジオは上海郊外にある別荘地の中にある。彼の新しいプロジェクトが始まると聞き、彼へのインタビューと新しいスタジオの見学を試みた。

maleonns-studio-no-8.jpg
マー・リャンの写真館, No.04 / 2011

あなたの名前“マー・リャン”は物語に関係しているそうですね。

中国の昔の童話「マー・リャンの魔法の筆(神筆馬良)」は、特別な力をもった筆で描いたものは本物になってしまうという話です。絵を描くある少年マー・リャン。彼はとても上手く、まるで絵が生きているように描きます。中国の人はみんなこの童話を知っています。子供たちもそうです。

大学卒業後は広告会社で監督や美術監督をしたそうですね。どのようなことをしたのですか?

そこではデザイン図の様なものを制作しました。背景のものを全て描きます。何かを置いて撮影する場合は、全ての大道具や小道具を作ります。例えばコップのようなものは店で買うことができます。しかし、(机の上にあったマスクを手にとり)このようなものは自分で作らなければなりません。もしも監督に「マスクが必要だ。これこれこういうマスク」と言われたら、私はそれを作るのです。だから大道具や小道具をどうデザインし、どう作るのかを学ぶことができたのです。

美術指導の仕事とはつまり、一つの広告の中で、目に見える全てのものを管理することです。全て準備を終えると、カメラマンが来て撮影をします。この(美術の)仕事を一枚の紙とするなら、カメラマンは一本のペンです。そして広告が出来上がる。この仕事を5年ほどしました。その頃、中国のテレビコマーシャルには勢いがあったので、私の仕事は繁盛しました。最終的には三十数人ものアシスタントがいるフリーランスのチームになりました。私はそのリーダーでした。

この5年間で、どのように大道具や小道具をつくるのか、多くの仕事の方法を学び、最後は一人で何でもつくれるようになりました。私の今の仕事はその頃学んだものです。それから数年はディレクターをして、全て合計すると9年この仕事をしたことになります。

second-hand-tang-poem-no-08.jpg
二次的唐詩, No.8 / 2007

既に自分の地位を築いて技術も持っていたのに、なぜアーティストになると決めたのですか?アーティストになることに心配なことはなかったのですか?

私がディレクターだったとき、二人のプロデューサーと私でプロダクションハウスを開きました。仕事はとても順調でしたが、しかし私は突然不眠症になりました。眠るときに気分が冴えなくて、自分は今の生活が好きではないんじゃないかと毎日考えるようになりました。この状況を変えなくてはいけない、そう考えた私は会社と会社の資金を全て彼らに渡し、会社を辞めました。二人は良い友人ですから、彼らの仕事に影響が出ることが心配でした。始めのうちは大変そうでしたが、彼らは今もその会社を続けています。

どのようにしてアーティストになったのですか?

始めた頃はどうしたらいいか分かりませんでした。アーティストになろうとしたが、アーティストが何をするのか誰も教えてくれないし、誰も私を手伝ってくれません。美術から離れて9年です。学校の先生も遠い存在で、美術に関わる全てのものから遠く離れてしまいました。キュレーター、ギャラリー、美術館も知りません。どのようにアーティストになったらいいのか分かりませんでした。そこで私が考えたたった1つの方法が、ネット上で(作品を)発表することでした。若者は駆け出しのころはチャンスが少ないのです。ネットは平等です。私はホームページを作りました。まるでプロのアーティストのホームページの様なとても真面目なものです。それに自分のポートレート写真と名前と経歴、自分の作品を一ヶ月ごとに細かく載せました。それから自分で書いた文章も載せました。毎日書きました。(あなたのように)インタビューをしにくる人もいません。でも自分の考えを発表したかった。「アートとは何か」「写真とは何か」。そういったことを載せました。いろいろな人が見ると考え、文章を英語に翻訳しました。あとで考えてみると、これは自分自身に対しての「アーティストになる」という心理的なリアクションです。

nostalgia-no-06.jpg
ノスタルジア, No.06 / 2006

アーティストを始めて経過はどうでしたか?

数ヶ月経ちましたが絵を描けませんでした。あまりに酷い状態で、外に出て行きたかったのです。スタジオの中にいたくなかった。以前の仕事では毎日多くの人に囲まれていました。一人でキャンバスと対峙しましたが、どうしていいのか分かりません。そこでやはり写真だろうと考えました。写真は以前の私の仕事と似ています。有名なディレクターだったので、多くの友人が私を信用してくれました。私が真面目な人間であることと、私の撮る写真が素晴らしいものになることを信じてくれ、そして手伝ってくれました。プロの俳優、ファッションデザイナー、メイクアップアーティストなどが無償で手伝ってくれました。このような感じで撮影し始め、大体2年間このように撮影を続け、あるときは毎日撮影をして、家に帰って現像し、それをホームページで公開しました。誰かがそれを見てくれて「いいね!」とコメントしてくれて、私は「謝謝!」と返したり。毎日ネットで作品を公開しました。始めた頃は、「変だ」「写真作品ではなくスチール写真だ」などと人に笑われました。それでも情熱がありました。

しかしネット上では有名になっても、現実の世界ではギャラリーからのお誘いも来ないしお金もない。ネットでは英語のペンネーム“Maleonn”を使っているので誰がMaleonnなのか知る人がいません。

とうとうお金を使い切ってしまいました。しかし何も結果は出でおらず焦りました。広告の世界に戻る道もありましたが、思い切ってアーティストの道を続けることにしました。するとある日突然何もかもが上手くいくようになりました。

fantasy-of-improbable-no-11.jpg
鏡花水月, No.11 / 2011

なぜ全てが好転したのですか?

神様がそう準備していんだと思います。ある一点まで続けるとそこから良くなるように。外国からのインタビューや国内のインタビューも来て、多くのギャラリーが連絡して来て、経済的にもラッキーなことがありました。2006年の個展をしてから徐々にです。やっと普通の生活ができると思いました。

厳しい状態だった二年をどのように堪えたのですか?

その時々、それぞれに違った楽しみがあります。お金が無いときにあるものは、今は無くなってしまった自由な時間などです。(以前は)毎日誰にも呼ばれなくて一年365日たった一人。膨大な時間は全て映画を見たり本を読んでいました。今はやることが多過ぎます。インタビューや別の仕事、いろいろな事、イベントにも参加しないといけない。人生は良いときと良くないときがあります。あの時は自由だったのでいつでも旅行ができて、ネットで知り合ったアーティストに会いに行ったりしました。彼らはとても良くしてくれました。アーティストを続けられるかなんて分からなかったけれど、とても自由でした。今私は良い状況にありますが、たまにあの感じが恋しくなります。

P1050857.JPG
マー・リャンと彼の助手が制作した小道具 撮影:Hiromi Nomoto

現在作品制作のためのセットなどは自分で制作しているのですね。

全て自分でつくりました。例えば絵ならば自分で描くことができます。私の仕事はこれらのものをつくることです。あと衣装がありますが、私は裁縫ができないので、誰か手伝ってくれるファッションデザイナーを探さなければなりません。それからスタイリストに、どんな風にしたら格好良くなるか髪型もどうしたら面白くなるかなどを伝えます。

what-love-is-no-6.jpg
What love is, No2 / 2009

あなたの作品は特に物語性を強く感じます。あなたの作品には物語があるのですか?まず物語があって作品をつくるのですか?創作の際にどのように構想を練るのですか?

物語はありますよ。私自身も物語を語るのが好きなので、作品に何かを語らせたいと思っています。まず何か話したいことがあります。例えば“愛情”について作品をつくるとします。愛情の中で、私は喜び・痛み・危険…等をいくつかの言葉を取り上げたとします。5つの言葉をあげたなら、私が言いたい事を作品の画面でどのように表現するかを考え、5つの下絵を描きます。数日後それをまた見て「そう、この感じだ」と思えば撮影に入ります。

私は自分の作品は文学であると思います。文学の方法でつくり出します。多くの場合に文学は主導的だと私は考えます。多くの作品は文学的で、文学は重要な手がかりです。まず文学の手がかりがあり、それをイメージ化し表現します。そのイメージも簡単なものではいけないと考えます。例えば広告のように単純明解なものではいけないのです。(机の上にあったチョコレートを手にとりパッケージを見せながら)広告写真は明解です。以前多くの広告を撮っていたので分かります。私はこういうものは撮りません。あまりにも簡単過ぎるのです。私は自分の方法で語ります。明解なものはつまらない。簡単なものも。

あなたは自分の作品が人の役に立つものであって欲しいそうですね。

創作し始めた頃は、自分を癒すためで自分が嬉しかったらそれでいいと信じていました。自分が喜ぶものを撮る。それは排泄と同じです。外に出たらそれでいい。これが1つ。始めた頃は多くのアーティストと同じで自分の気持ちを撮影しています。その後、誰か他の人と交流したいと思うようになりました。もし私が撮影したものを誰も見てくれず話もしてくれないのなら何の意義もありません。多く創作して行く中で感じたのは、アートは人と関わるべきだということです。

もう1つは世界の多くの血なまぐさい酷い出来事を指摘する事、それから良いものを与えるという事、世界には面白い可能性があるという事を知らせること。それでこの仕事の方向に徐々に傾いて行きました。人々に喜びや幸福感をもたらします。創作の過程では表面的にも美しさがあり、素晴らしい童話か寓話のようでありたいと私は願います。

61d26aa9gw1dozuuijf99j.jpg
移動写真館プロジェクト

上海租界時代の建築が連なるワイタン(外灘)にある「Bund18」の18ギャラリーで、彼の個展「移動写真館」が行われた。これは展覧会であると同時に、彼のプロジェクトの出発式でもあるのだ。そのプロジェクトとは、その名の通り“移動写真館”だ。マー・リャンと彼の5人の友人が、撮影機材や道具を積み込んだトラックともう一台の車で中国各地、34の省、主要な52都市を巡り人々を撮影するというものだ。

このプロジェクトについて教えて下さい。どんな人を撮影するのですか?

2月の17日か18日に出発して、6、7ヶ月間ほど巡ります。2回程用事で上海に帰りますが。

プロのモデルを撮るのではなく、徐々に知り合った人、私を支持してくれる友人たちの写真を撮ります。昔の写真館のような感じです。一番格好良い服を着て撮ってもいいし、撮影を楽しんでもいい。私もその人につき合って楽しんだり、他の何か撮影小道具と撮ってもいい。子供を連れて家族写真を撮ってもいいのです。

まだ伝統は残っていると思いますが。

いや、全てデジタルですよ。それで自分で撮影をする。だから以前のような写真館の時代はもう終わってしまいました。(人々が写真館で特別に写真を撮る)あの感じが好きでしたが、無くなってしまった。だから最後に撮るのです。

P1050923.JPG
トラックの塗装や荷台の改造は全てマー・リャンと仲間で行った 撮影:Hiromi Nomoto

今後の予定はありますか?

プロジェクトの過程を撮影したドキュメンタリーをつくることです。どんな事に出会ったのかなど私たちの6、7ヶ月を撮り最後に映画にします。面白いです。何に出会えるか自分でも分からないのだから。

マー・リャンと同行する5名の仲間の皆さんへ『行ってらっしゃい!』

マー・リャン(馬良)
1972年上海生まれ。アーティスト。大学卒業後は広告代理店のオグルヴィ・アンド・メイザーやアナリテイズィングカンパニー、プロダクションハウスにて広告制作に従事。テレビコマーシャルのアートディレクターやディレクターとして、サントリーやミノルタのコマーシャルを制作する。当時上海の広告業界で最も人気のあるディレクターの一人であったが、突然その地位を捨てアーティストとしての道を歩み始める。独自の写真表現を通して、今では上海でも重要なアーティストの一人となっている。広告時代もアーティストとなった現在も常に多くの人の関心を引きつける人物である。

Text: Hiromi Nomoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE