ジャン・ホアン

PEOPLEText: Emma Chi

ジャン・ホアンの大型個展「孔子に問う」が2011年10月より上海のロックバンド・アート・ミュージアムで開催されている。彼のここ最近のシリーズ「アートと社会的課題の思考」についての作品が公開されている。この展示の計画に2年もの歳月が費やされた。ジャン・ホアンは中国で最も傑出したパフォーマンスアーティストの一人である。彼は1965年中国河南省安陽に生まれ、故郷の河南にて油絵を学んだ。90年代の人々を動揺させるパフォーマンスで数々の悪評を招き、政府からは注意を向けられることとなった。

ジャン・ホアン

ジャン・ホアンの個展「孔子に問う」の基本となったコンセプトは、長い間彼が考えてきた一連の問題に由来している。「経済や社会が劇的に変化していく中で、エネルギー資源や自然環境が提起したものに直面したとき、我々はいかに持続可能な発展を実現するのか」「発展に伴い中国の世界における地位が重要なものになっていく中、我々が“負うべき責任”と“負える責任”とは一体何なのか」「同時に現代中国人の精神は、一体何に帰属するのか」という問題について、ジャン・ホアンは大型彫刻・油絵・香灰画(お香の灰を使い制作した絵画)・インスタレーション作品を通し、これらのテーマが内在する構造や彼自身の観察と思考の模索をしている。

今回の個展のテーマはなぜ「孔子に問う」となったのですか?一体孔子にどのような問題を問いたいのですか?

今回の個展は私が国内で行ってきた中で最も規模の大きいものになりました。全ての作品はロックバンド・アート・ミュージアムの為だけに制作しました。これを計画するのに2年もかかりました。テーマである「孔子に問う」が提起しているのは、現代中国人の信仰の喪失と断絶です。ハイスピードで進む変革の中、人々は現実を支えるのに有効な信仰を見つけ出すことができずにいます。全般的に西洋化していくのか、もしくは伝統に回帰していくのか、それとも新しい精神的信仰を探し求めていくのか。中国が世界において重要な地位を占めるようになるにつれ、負うべき責任も重くなってきています。新しい国際政治・経済・文化的秩序を如何に築いていくのか、如何にエネルギー資源や気候の新たな問題に対峙していくのか、如何に世界を協調させ持続可能な発展をしていくのか、如何に結果を顧みない貪欲な略奪を続ける人類を律するのか。私たちが地球に大きな代償を払わなければいけなくなるとき、それはつまり人類に終わりの日が訪れるときなのです。「孔子に問う」プロジェクトでは重要な現実と未来の意義を表しています。私が望んでいるのは、観客がこの展示を鑑賞する過程で一緒に問い、共に考えてくれることなのです。

artist_zhang_huan1.jpg

本個展のロゴのデザインはとても面白いですね。大きな“問”という文字があり、“問”の“口”の中に“孔子”という文字が書かれています。

このロゴはチェン・ヨウジエン・スタジオ(陳幼竪工作室)がデザインしたものです。「“ふきだし”がイメージの基礎としています。現代の中国人の信仰に対する疑問や思索・討議・交流・討論を、展示作品を通じて啓発するという目的でふきだしの形が“Q”になっています。展示の英名(Q Confucius)にも呼応していると同時に、孔子の頭部と髭のシルエットを連想させます。「问孔子」(「孔子に問う」の中国語)の3つの字が1文字ずつ内に入っていく形で配置されています。それは人類が知識に対する信仰を一層ずつ深く掘り下げ、とことん追求し、核心・心理・精神に迫っていく過程です。」というのが彼らのこのロゴに対する解説です。彼らはデザインを始める前にすでに私のこの展示に対する思いやその理念をしっかりと理解していました。このロゴは単純明快ですが、展示のテーマにぴったりだと私は思っています。

6b75b5d4gw1dob7za36exjwenkongzi.jpg

今回の展示は“壁の無い美術館”というコンセプトの実現を目指しているとのことですが、具体的に説明して頂けますか?

今回の展示では、その中の1つシロアリの作品を美術館ではなく、(ロックバンド・アート・ミュージアムと)連携している教会の広場に展示しています。また展覧期間内には落書き用の壁を準備するなどの観客と作り上げる教育イベントも計画しています。これはアートをより広めたい、文化をより多くの人に届けたいというロックバンド・アート・ミュージアムの希望から生まれたコンセプトです。

2005年はあなたのアーティスト人生の分岐点になっていると思われます。それ以前はパフォーマンスアートが創作のメインになっていましたが、2005年に帰国してからは、自身のアトリエを持ちインスタレーション作品の創作を始めました。一体何が創作スタイルの変化を促したのでしょうか?

長年に渡る海外生活で色々な考え方を持つようになり、帰国後も更に多くのことを感じ、多くの想いがありました。そしてこれらの多くの考えを形にし、現実のものにしたいという強い欲求が湧きました。そこで助手が必要になり、たくさんの表現方法が必要になりました。私は、作品が絶えず何かを突破してくれると願っています。

artist_zhang_huan2.jpg

以前のパフォーマンスアートはあなた個人の制作であったと言えますが、現在の香灰画や版画、大型のインスタレーション、彫刻はグループでの制作です。個人での制作とグループによる制作ではどの様な違いがありますか?

個人での制作は一人の戦いですが、チーム制作は分業です。私のチームの中での役割は寺における住職、戦争における指揮官に似ていて、方針や手順を決めることです。作品の考えや制作の始めと終了は私がコントロールし、中間の工程は私のチームが私に代わって制作します。

あなたはどこの国、どの街のアートの雰囲気が好きですか?

中国の上海です。上海のアートを注意して観察してみると、その1日ごとの変化に驚くことでしょう。問題も多いですが。

そのこともあなたが上海に長期滞在している理由でしょうか?

上海を選んだのは、自分と家族、完全に個人的な理由によるものです。ニューヨークに行く前は北京に8年いました。ニューヨークにも新鮮さを感じなくなり、新しい環境が欲しいと思うようになりました。上海は現在も依然として伝統や文化の根を保ち続けている街です。帰国後ここを選んだのは、上海でならば創作に専念できると思ったからです。

私たちは、2008年末に上海の西南に位置するソンジャン(松江)工業地区の新しいアトリエに引っ越しました。周りには、新しく建てられた日本や韓国の工場、林、集落、ゴルフ場があります。新しいアトリエに移った主な理由は、この空間に惹かれたからです。この建物は70年代に政府が建てたもので、鉄筋コンクリートで造られており、現在上海に残っている数少ない古い工場の内の一つです。面積は15,000平方メートルあり、アトリエ部分は3,200平方メートルを占めます。また、敷地内には果物の樹や珍しい種類の樹木がたくさんあります。

artist_zhang_huan3.jpg
数億匹のシロアリでつくり出した“シロアリ社会”

本業のアート以外で、あなたはオペラ「セメレ(semele)」の監督を務めたことがありますね。この大作オペラはベルギーの王立マネ劇場でも上演されました。その時の気分は如何でしたか?また、これからもジャンルを越えて他のことに挑戦することはあるのでしょうか?

2009年にこのオペラの監督兼舞台美術総監督をしました。450年の歴史がある中国の古い霊廟を、300年の歴史を持つヨーロッパのオペラハウスの舞台上に登場させました。その目的とは、セメレ悲劇の雰囲気を持つ東洋の古い部屋の中で、舞台上の役者に改めてヨーロッパ古典オペラの意義を導き出させるということです。劇場にやって来たヨーロッパの観客たちにも、この古い霊廟向き合うことで、まるでヒューマンドラマのような命の美しさと移り変わりに共感し、霊廟の主であるファン・シーシンの悲劇的な人生を感じてもらいたいという目的もありました。愛と憎しみ、生と死は我々人類が永遠に直面していく課題です。はるか千年も前の西洋の神話が提示した人類の苦しみの根源、そして現在東洋の田舎にある一般的な農民家庭の運命に至るまで、これらこと全ては絶え間なく我々に“人間の贖罪(しょくざい)”について考えさせています。

これは私の初めてのオペラの監督作品です。私は新しい試みをするのと何かを突破していくことが好きなので、面白いアイディアさえあれば、形式に関わらずどんなものでも実現したいと思っています。

好きな、もしくは憧れるアーティストはいますか?そしてあなたはどのように自分の創作スタイルを定義していますか?

何年か前にイタリアに行く機会があり、ルネサンスの三大巨匠のレオナルド・ラファエッロ・ミケランジェロの作品を鑑賞しました。彼らの作品はその名に恥じることがありません。

私が属するであろう流派や創作スタイルは後世の人々に判断してもらいましょう。私にとって最も重要なのは、良いアート作品をつくり出すことなのですから。

ジャン・ホアン個展「孔子に問う」
会期:2011年10月15日〜2012年1月29日
時間:10:00〜18:00(月曜休館)
会場:ロックバンド・アート・ミュージアム
住所:上海市黄浦区虎丘路20号
TEL:86 21 3310 9985
入館料:15元
http://www.rockbundartmuseum.org

Text: Emma Chi
Translation: Daiki Kojima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE