第54回 ヴェネツィア・ビエンナーレ

HAPPENINGText: Toshiaki Hozumi

国家を再考する国際展 

「La Biennale」と定冠詞をつけて呼ばれる、世界の国際展を代表する国際展「ヴェネツィア・ビエンナーレ」の第54回展が、2011年6月4日から11月27日まで開催された。

過去最大の89ヶ国が参加した今回のビエンナーレは一体何を残したのであろうか。そしてそれは、これまでと比べてどうだったのであろうか。

第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ

まず結論からいえば、「国家=ネイション」というものが、今もっとも熱いトピックになりつつあることが示された、と言えよう。

グローバリズムが、さまざまな可能性を論議されつつ、結局は形をかえた世界中のアメリカ化=資本主義化であったことが明らかになった今、それぞれのネイションの中でどのように社会や文化に向きあうか、という課題が、現在、ナショナリズムとは異なる形で回答を出すことが求められている。

そうした現代的な課題に対し、各国パビリオンは美術的によく健闘したと言えるだろう。

1980年にアペルト展が開始して以降、いつもなら新人や新しいアイディアを投入してきた企画展の方が新鮮な印象を与え、各国パビリオンの展示は、各国代表となった作家たちの、ある意味「納まってしまった」回顧的な印象を与えてきたのだが、今回は逆であった。企画展はどちらかというと見ごたえのする作品が少なく、各国パビリオンにはいつになく熱が入っていた。

lv-ph-etc4.JPG
ギリシャ館(Diohandi)

それは総合ディレクターのビーチェ・クリーガー(美術史家、スイス)の目論見が成功したといえるのかもしれない。今回のテーマは「ILLUMInazioni/ILLUMInation」。「光」や「照明」「啓蒙」を意味するこの言葉には、まさに「ネイション」という文字が内包されている。

今回のビエンナーレを企画するにあたり、ビーチェ・クリーガーは、美術という分野が社会や世論にあらたな光をあてるという(あててきた)可能性があるとともに、ネイションの再構築が今後大きく前景化しつつあることを示したかったのであろう。ヴェネツィア・ビエンナーレは他の国際美術展と大きく異なる部分は国別展示が存在することである。確かにこれを生かすことは、この国際美術展の生命線となりえる。

各国は、例年のように単に国を代表するだけではなく、各国の特色や課題を色濃く表現する作家を選出してきて、統一感があった。

lv-ph3.JPG lv-ph4-1.JPG
日本館(束芋)

日本も、戦後ニッポンの生活感をもりこみ、日本のアニメ文化のガラパゴス的な深化を感じさせる束芋の「てれこスープ」(あべこべとテレスコープを組み合わせた造語)を出品。建物の構造を生かしながら曲面スクリーンと鏡を使い、隅々まで神経の行き渡ったつくりこみによって、万華鏡のような不思議な視覚が体験できる強いインスタレーションを仕立て上げ、多くの観覧者の注目をひきつけていた。

lv-ph5-1.JPG lv-ph6.JPG
アメリカ館(Jennifer Allora & Guillermo Caizadilla)

とりわけ、国が抱える問題に光をあて最もユーモラスに応えたのはアメリカ館。ジェニファー・アローラ&ギレルモ・カルサディーラは、「栄光」を意味する「Gloria」(女性の名前でもある)をタイトルにしつつ、軍事力、経済力、スポーツ、グローバリズム、宗教、民主主義というアメリカの栄光が、ユーモラスに脱臼されるよう仕組まれた作品を展示した。転倒した戦車のキャタピラーにトレッドミルが設置され、その上をオリンピック選手が走るパフォーマンス。日焼けマシーンに横たわり黒人のように真っ黒になっている自由の女神。木でできた航空機のビジネスクラスシートの上で平均台のような美しい体操を繰り広げるパフォーマンスなど。ATM装置の上に荘厳なパイプオルガンが接続され、観客が装置をつかうと音楽が奏でられるような作品もある。いずれも、アメリカの威容を示すことへの含み笑いが響いてくる。

lv-ph8.JPG lv-ph7-1.JPG
ドイツ館(Christoph Schilingensief)

国別パビリオンの最高賞・金の獅子賞に選出されたのがドイツ館である。昨年、ビエンナーレ代表に選出されてからおしくも逝去した映像作家クリストフ・シュリンゲンジーフの戯曲用舞台装置の構想に忠実に基づき、館内を教会に見立てた大がかりなインスタレーションを仕上げていた。このカルト的人気をもつ映像作家は、ナチス時代を思わせる荘厳なドイツ館の建物を、完全に異端の教会に仕上げた。タイトルは「恐怖の教会VS心中の化け物」。ナチスとカルトのどちらが恐怖でどちらが化け物なのであろうか。

lv-ph9.JPG lv-ph10.JPG
イギリス館(Mike Nelson)

館内に入る長い列が会期中途切れ目なくつづいたイギリス館では、マイク・ネルソンが、東西の貿易を象徴する、17世紀のイスタンブールの隊商宿を迷路のように館内に再現した。さまざまに置かれた道具や写真類などがこの宿の住民や歴史を不気味に連想させる。これもかつて大英帝国として、世界中と交易や争いを繰り返してきた象徴とも読める。

lv-ph11.JPG lv-ph12.JPG
ポーランド館(Yael Bartana)

国の状況を、大きな問題に焦点を当て、最もストレートにあらわしてきたのは、ポーランド館とエジプト館。イスラエル出身のヤエル・バエタナを代表に選出し、追放されたユダヤ教徒にポーランドへの帰還を呼びかけるという、フィクションとしてのポーランド・ユダヤ新生運動(JRMiP)を3部作のストーリー仕立てで見せている。アートでありながらも、同時にプロパガンダとしても機能するポリティカルな作品は、フェミニズムアートを中心に90年代にも多くつくられたが、さらに現実的で切迫感を伴い衝撃的である。アムステルダム在住のこの作家を代表として選ぶポーランドの姿勢にも感心させられる。

lv-ph13.JPG lv-ph14.JPG
エジプト館(Ahmid Basiouny)

また、エジプト館では、2011年1月の「怒りの金曜日」で亡くなったアハメド・バショーニーを選出し、ギャラリーの中で30日間走るという彼のパフォーマンス映像と、死の直前に撮影したと言われるデモの映像を、美術家によるキュレーションにより、6枚のスクリーンでミックスして上映している。これもつい先頃の出来事だけに衝撃的な展示だった。

このように、自国の問題を直截に見せる作品が、各国パビリオンで紹介されていたのも、今回のヴェネツィア・ビエンナーレの特長であり、見ごたえのある部分であった。

lv-15-1.jpg lv-ph15-2.jpg
メイン館

一方、ジャルディーニ公園にある元イタリア館を中央館にとし、造船所跡地にある巨大な会場アルセナーレとあわせて行われた公式企画展は、どうだったであろうか。

「光」というテーマを美術史全体に照らしだそうという意向か、ビーチェ・クリーガーは美術史家らしく、本館の最初に16世紀のヴェネツィアにおける「光」の画家ティントレットの絵画3点を配置した。

このプロローグには、ティントレットを置くことで展覧会に一本道筋を与えた、という好意的な論調と、演出過剰でティントレットだけが会場から浮いて見えるという声との、賛否両論が集中した。

lv-ph17-1.jpg lv-ph18.jpg
lv-ph19.jpg lv-ph20.jpg
上左から、メイン館展示室への入口、Haroon Mirza、Monica Bonvicini、James Terrell

このティントレットに導かれるように、主に光や啓蒙をテーマにした、マーティン・クリード、ピピロッティ・リスト、ジェームズ・タレル、ハルーン・ミルザ(銀獅子賞受賞)、モニカ・ボンヴィチーニなどの83作家の作品が紹介される。

lv-ph21.jpg lv-ph22.jpg
Urs Fischer

話題が集中した作品は、ウルス・フィッシャーによる蝋でできた巨大彫刻作品。16世紀の彫刻家ジャンボローニャの「サビニの女たちの略奪」の精密なレプリカ、および彼の友人のアーティスト、ルドルフ・スティンゲルの等身大彫刻に火をともし、会期中に溶けて徐々に破壊されていく、という作品だ。光が自己を食い破るように破壊するという構造が、免疫不全のアレゴリーのようにも見えて、シニカルなユーモアを感じさせながらも現代的に感じた。

lv-ph23.jpg lv-ph24.JPG
Christian Marclay

また、金の獅子賞を獲得したクリスチャン・マークレーの「時計」。横浜トリエンナーレにも出品されたこの作品は、古今東西の映画の中から、時計や時間を告げるシーンを抽出した作品だが、その時間が実時間と同じになるように仕組まれており、しかも連続した映像として見られるように編集してある、という実に手の込んだ作品だ。5分間違った時計が挿入されているなと思ったら、あとから「あの時計は5分遅れている」というセリフが挿入されていたり、そこはかとないユーモアや生の断片が示される。映画の時間と鑑賞者も実時間は区別がつかないことによって、人が物語の中を生きる存在であることが示される。まさに映画=ルミエールという光によって、啓蒙される作品だ。

lv-ph25.JPG
Jack Goldstein

最も「ILLUMInation」というテーマを反映していたように思われるのは、ティントレットのすぐそばに展示されたジャック・ゴールドスタインのフィルム映像「The Jump」であろうか。そのもとになったジャンプ映像は、ナチスの威容を全世界に知らしめたベルリン・オリンピックをレニ・リーフェンシュタールが撮影したドキュメンタリー『オリンピア』から引用されている。ネイションがもつ啓蒙の光のみならず、その闇の部分にも焦点をあて、ヴェネツィアというヨーロッパの地に小さな光を照らし出していたように感じられた。

lv-ph26.JPG lv-ph27.JPG
左から、Song Dong、Monika Sosnowska

今回の企画展では、国別パビリオンとの連携を図る目的で、部分的にパラパビリオンを挿入設置された。ソン・ドン(宋冬)、モニカ・ソスノヴスカ、フランツ・ヴェストなどが、パビリオンをつくり、その中に別の作家の作品を展示したのだ。この試みにも効果的、非効果的と賛否両論の声があった。

lv-ph28.JPG lv-ph29-2.JPG
左から、Nicholas Hlobo、Navid Nuur

さらに、この公式企画展には、若手や女性作家が多い一方で、非欧米系の作家が極端に少なかった。これも賛否両論の対象となった。自らの目の及ぶ範囲で手堅く展覧会をまとめ上げたという好評と、グローバリズム全盛の時期に目配りがなさすぎるという声があった。筆者としては、日本人作家が一人も含まれていないのが残念に感じつつも、まずはグルーバリズムを忘れ、手堅く仔細に自己の身の回りを検討すべきというクリーガーの意向は、展覧会全体を見ることである程度理解できた。

lv-ph30.JPG lv-ph31-1.JPG
左から、Gigi Scaria、Elad Lassry

いくつもの賛否両論を巻き起こした今回のヴェネツィア・ビエンナーレだが、その賛否を引き起こした試みのひとつひとつに、「ポスト・グリーバリズム」という、社会の新しい連携への課題が含まれていたように感じる。グローバリズムの先に、ネイションをもとにしたコミュニケーションにいかに可能性があるのか、といったような。

また、それは当然、ある特定のネイションや団体が、すべてを代表するようなスペクタクルな表現は避けて、個人的な対応を要求する緻密な表現になっていくであろう。

いずれにしても、今回のヴェネツィア・ビエンナーレは、ポストグローバリズム、ポストスペクタクルを意識したために、「見応えがない」と批判されつつも、確実に時代を反映していたことだけは確かなようである。

第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ
会期:2011年6月4日~11月27日
会場:ヴェネツィア・ジャルディーニ、アルセナーレ他
http://www.labiennale.org

Text: Toshiaki Hozumi
Photos: Toshiaki Hozumi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE