ヨウ ・ス

PEOPLEText: Emma Chi

唐の時代、安徽(あんき)省の宣城(せんじょう)という街で、柔らかく優美で強い紙が発明された。宣城を起源とするこの紙は「宣紙(せんし。中国で水墨画の際に用いられる紙。)」と呼ばれ、その後数百年に渡り中国絵画芸術の基本となる材料として愛され今日に至る。20世紀、中国芸術は根本を揺るがすほどの大きな変化を経験した。しかし宣紙は、現代のアーティストにとってもインスピレーションを具現化する重要なメディアの一つとして、変わらずに重宝されているのだ。
シャンハイ・ギャラリー・オブ・アートで開催中の展覧会「宣・延」展は、宣紙を使って制作する三人のアーティスト、チウ・ジージエ(邱志杰)、ヨウ・ス(游思)、ジェン・ジョンビン(鄭重賓)による合同展示だ。ときに伝統的でときに前衛的な表現方法を通じて、アーティストたちは自らの創作の無限な可能性を探求している。アーティストの一人、ヨウ・スにインタビューを行った。

ヨウ ・ス

ヨウ・スは本展の中で唯一、色を使うアーティストである。彼は鮮やかな色彩と非正統の絵画技術を用いて、宣紙の特徴である吸水性を存分に利用した作品を制作している。そして中国絵画と自然との関係を新たに解釈し直している。その作品を、装飾的で奇妙な物体のペインティングだと単純にとらえることはできない。そこに描かれる幻覚のようなイメージは、深海に生きる生物の細胞の構造や解剖を連想させる奇怪で優美な結合体だ。それらが発生し留まることなく循環し続ける過程が描かれている。世界は永遠に循環し続けるというのは中国哲学の心髄。本展でヨウ・スは初めて陶土を使った作品を制作した。ギャラリーの天井と壁面に作品を配置する様子は、視覚の祭典のようだ。これらは多くの実験と努力の結果でもあり、一人のアーティストが自らを開拓し新しい分野の能力を獲得していく姿、それを示すものでもある。

artist_you_si_3.jpg

本展のあなたのテーマは何ですか?どのような作品を展示していますか?

この展覧会のキュレーターの掲げたコンセプトは、アートを創造する中で使われ続けてきた“宣紙”を出発点にしようというものです。私個人としては、ある決まったテーマのもとに創作活動を続けています。私が創作で究極のテーマとしているのは、自分が見ている生命の世界、その美と生命力を讃えることです。奇妙で多様に変化する架空の生命体をつくり続けてきました。それをマクロの世界とミクロの世界の空間の中で入れ替え変形させることで、ある時間の順序、その永久に不変な関係を表現しようとしてきました。絵画でも、インスタレーションや彫刻でも、またこの先、未知のメディアに取り組むときも、私はこの永遠のテーマを追い続けます。今回の展示では、私の作品は二つの部分で構成されています。絵画では、人体の器官に似たものが図形的に相反しながら交錯し変化する様子を描き、マクロ的な時間と空間を構築しようとしました。陶土を用いたインスタレーションや彫刻は、三次元で生命の美を表現しました。彼らは交わり入れ替わりながら出現することで警告をしています。時間空間は、彼らがこの世界に現れるための必要条件なのだと。

どこからインスピレーションを得ていますか?

2002年に自分の芸術の原点は、微生物の細胞と宇宙のイメージに対する好奇心だということを改めて発見しました。科学技術のめざましい進歩もあり、当時の私は明白に気付くことが出来たのです。もしもミクロとマクロの2つの空間の間に関係性があり、私がそれを絵画で表現することができたなら、私は無限の想像空間を開くことになると。私のインスピレーションがどこから来るのか、言葉で説明するのはとても困難です。長年の生活や経験の積み重ねとも言えるし、自分自身の感受性とも言えます。私は科学技術が人間の生活に強烈なインパクトをもたらしたと、敏感に感じています。そのインパクトが抑圧なのか刺激なのかは分かりませんが、現代の科学技術は、我々の伝統的な考え方を変えているのです。私はこの変化させられていく過程をとらえようとしています。これはまさに異変の過程だからです。私はある決まった状態に留まりきれず、常に変わり続けていくのです。

artist_you_si_4.jpg

あなたの絵画にとって、もっとも大きな影響を与えた芸術家は誰ですか?

学生の頃は西洋の巨匠たちの古典的絵画が大好きでした。特に影響を受けたのはフランス印象派と後期印象派の巨匠です。学校を離れ一人で制作するようになってからは、フランス在住の画家、ザオ・ウーキ-氏の作品に特に魅力を感じるようになりました。その後ニューヨークに長期滞在し、アートの舞台に次々と現れる若いアーティストたちの作品に触れ、現代アートの中におけるモダニズムとポストモダニズムの全体像を把握したことは私の絵画に消すことの出来ないほどのインパクトを与えています。例えばドイツの画家アークマンや、ニューヨーク在住のイギリス人女性アーティスト、セシリー・ブラウン、そして日本の村上隆などたくさんのアーティストの影響を受けました。

なぜ絵画の道を選んだのですか?

実は絵画を好きになる以前、私は舞台美術を学んでいました。結局のところ、絵画が一人で全てをコントロールし制作できる唯一の芸術だったので、これまで続けてこられたのです。もちろんはじめは家族の影響で絵画の道に入りました。(ヨウ・スの父ハ・チョンウェン、母ヨウ・ロングは共に1949年以降の中国国内の重要なプロパガンダ画家である。)

artist%20you%20si%202011%20art%20works%20.jpg

あなたは作品を通じてどのような思想を表現しようとしていますか?

絵画を通じて私が伝えたいのは、“現代絵画”とはモダニズムの観念やそれを支える理性を受け継ぐだけではダメだということです。忘れていけないのは、伝統の意義における視覚の美、その定義の回帰も必要だということです。

伝統的な水墨画の技法を覆したのはなぜですか?

何が伝統的な水墨画で何が現代的かに興味を持ったことはありません。私が関心を持っているのは、どんな伝統を選ぶか、伝統の何が私の創作の出発点になり得るかということです。(過去と現在の関係性は決してはっきりしているわけではありませんが)私は創造力を停滞させるものや想像力の足かせになるような凡庸なものは全て壊したいと思っています。(表現方法でも考え方でも、東洋的だろうと西洋的だろうと)他の人が既に考え、実行していることは避けるようにしています。

artist%20yo%20si%202011%20art%20works%202.jpg

あなたの絵画の特徴はどんなところですか?

私の絵画の特徴は、独特で同じものがないことです。精密さ、精確さ、明確さがあります。細やかであると同時にマクロ的でもあります。作品の個性と独創性は、今の国際的なアートの最前線にいると言ってもよいでしょう。私の絵画はこれまで二つの大きな転機を迎えました。一度目は1980年代初期、私の水墨画が北京で海外メディアや外交官、文化人たちに注目された時です。二度目の転機はニューヨークで12年間暮らしたことです。その暮らしで私は、モダニズムとポストモダニズムの関係をはっきりと捉えられるようになり、そして世界の最前線の意識を持つアーティストたちの最先端な思想を身につけることができました。こうした影響を受けて、現在のように若々しい豊かな想像力を得ることができたのです。これらの転機で、想像力と創造力の限界に捕われた芸術家は、広い視野を持った国際的なアーティストに生まれ変わったのです。

artist_you_si_6.jpg

これまでの創作生活で障害や困難はありましたか?それをどうやって乗り越えましたか?

ニューヨークに渡り、そこで困難な時期を過ごしました。その自由なアートの空気に触れ、私のアートは狭く小さいもので、何かに縛られていると感じました。そして、自由な想像力と創造力を持つ国際的なアーティストになりたいと心から望みました。しかしこれまでつちかった表現方法を全て捨ててしまったので、私のアート創作は完全な停滞期に入り、文化の壁にぶつかり悩みました。当時の私はとてもぼんやりとしていました。私はヨーロッパ絵画の起源と、西洋美術史を学びましたが、生きたアートの世界では私は完全に素人のようなもので、現代アートに対する理解はほとんどなく、苦しみを打破する力すらありませんでした。生き残るために奔走する瀕死の捕食者のような状態でした。それでも幸運なことに、私にはまだ独自の感受性が残っていました。私が暮らしていたのが国際的なアートの入り口であるニューヨークだったのも幸いでした。12年間に及ぶ社会性の勉強と観察を経て、私はアート界で起こる現象、その関係性と脈絡を読み取ることができるようになりました。何が時代遅れで、何が凡庸で、何が人真似の表現なのか分かるようになりました。以前の何倍にも増して巨匠達を尊敬するようになりました。アーティストの能力の限界とは、自分を否定し続けることができず前に進めないことにありあます。私はこれらのこと全てを戒めとしました。自己を否定し続けることで、前に進む可能性が生まれます。私は以前の自己を否定することで、幸いにも自分を取り戻したのです。こうして他人に受け入れられたことで、確立した自己を形成することが出来ました。

artist_you_si_5.jpg

絵画以外では普段どのようなことに興味がありますか?それはどのように絵画に影響していますか?

私の生活はそれほど活発ではありません。絵画以外で私が好きなことは映画を観ることです。特にSFやアニメーション、特殊効果をたくさん使った映画が好きです。私を無限な想像の世界へと連れて行ってくれるからです。もちろん文字の世界でも、空想的な時間や空間の世界に連れていってくれるようなものを偉大だと思います。今や3D映像はありふれてはいますが、こうした映像は人々をいつも想像の視覚空間へと誘ってくれます。

artist_you_si_2.jpg

将来の夢は何ですか?

未来についてはいろいろと想像しています。機会があれば、絵画を含め、アート分野での創作を続けていくでしょう。最もやりたいことは、様々な材料やメディアを組み合わせて、立体的に交差し合った空間を作ることです。

宣•延展
会期:2011年7月15日〜8月31日
時間:11:00〜21:00
会場:シャンハイ・ギャラリー・オブ・アート
住所:上海市中山東一路3号外滩三号3階
TEL:+86 21 6321 5757
http://www.shanghaigalleryofart.com

Text: Emma Chi
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE