西尾美也

PEOPLEText: Yuko Miyakoshi

家族や学生、地域の住民などといったあらゆる層の人を巻き込んで「装いの行為」とコミュニケーションに着目したプロジェクトを展開する現代美術家、西尾美也。1982年、奈良県生まれ、東京藝術大学大学院 美術研究科 博士後期課程(先端芸術表現研究領域)修了。2007年より数回アフリカに渡り、東京とアフリカを中心に活動を行っていたが、2011年9月から2年間、文化庁新進芸術家海外研修制度の派遣研修員として、本格的にアフリカのナイロビで生活をする。
代表的なプロジェクトに、世界のさまざまな都市で見ず知らずの通行人と衣服を交換する「Self Select(セルフ・セレクト)」、数十年前の家族写真を同じ場所、同じ服で再現する「家族の制服」、世界各地の巨大な喪失物を古着のパッチワークで再建する「Overall(オーバーオール)」、「言葉」からイメージした「形」を古着で作る「ことばのかたち工房」などがある。聞けば、西尾さんのプロジェクトの根幹にはいつもファッションがあった。中学・高校生の頃、モードファッションが大好きだった男の子がファッションを消費する世界から抜け出し、規制の枠組みにとらわれない表現を探し始めた。それが西尾さんのアート表現の始まりとなる。独自の視点で社会を見据えるようになったアーティストの肚(はら)には、消費社会への批判もあるにはあった。だが、西尾さんがやってみせたことは、あからさまな反発ではなく、自分が見付けた場所で、自分のやり方で表現をすることだった。

西尾美也
「オーバーオール:Uボート」制作風景(フランス・ナント 2009)

西尾さんの制作スタイルは、公開制作で観客が参加するという形をとられることが多いですが、そのスタイルを始められることになったきっかけについてお聞かせください。

初めての作品がワークショップ型だったのです。大学受験生だった頃に、パーツ分解出来る服を35人分くらい作って、それをチケット代わりにするというワークショップを行いました。参加者の方には、好きなデザインの服を一着選んでもらって、それを身につけて参加してもらう。それでコミュニケーションをとりながら服のパーツを交換していくうちに、袖を襟のところに付けたりして、服の見た目もぐちゃぐちゃになり、新しいものが出来ていく。それが2002年、初めて作品と意識して作った作品でした。その時から参加型の精神というのは持っていましたね。

服と参加型、というのは僕の中で必然的に繋がっていて、それをどういう形にしていくか、ということが服を交換することになっていたり、パッチワークになったりしながら、様々に変化し進んでいる。初めて実践した時はワークショップ会場の空間に集まってもらったのですが、そこはある意味、現実からは切り離れた場所でした。ところが今度はそこに違和感を持つようになり、もっと現場、現実のコミュニケーションに介入したいと思い、家族に行ったり、ストリートに行って実践したりするようになったという感じですね。

アフリカでの活動はいつ頃から始められたのですか?

アフリカへ行ったのは非常に個人的な理由で、妻が大学で地域研究科に所属していて、調査地としてアフリカのケニアを選んで滞在した、ということがきっかけでした。2007年に妻について行き、旅行でナイロビをはじめケニア国内の地方をまわったという経験が初めてのアフリカで、それからアフリカでの体験と僕の創作活動を繋げたいと思い色々と考えているうちに、また妻が2009年にアフリカに行く時に一緒に行き、何の道具も材料もなくても実行できる「セルフ・セレクト」を実施しました。そのために妻と、妻の現地の友達に、それを実行するにはどんな対策が必要か、というのを色々と練ってもらい実行しました。その時はまだ何の助成もなく、旅行の延長でやっているという感覚でしたね。

DSC07395.jpg
「セルフ・セレクト・イン・ナイロビ」 ナイロビの町を歩く見ず知らずの他人と衣服を交換したプロジェクト(2009)

初めてアフリカで「セルフ・セレクト」を行った時に、アフリカでもっと実行してみたい、というひらめきのようなものがあったのですか?

そうですね。居心地がいいというか、やる気が出てくるというか、何とも説明しにくい感覚なのですけれど。多分それには色々理由があって、アート的な評価を気にしなくていい、というのも理由の一つだし、それを飛び越えて人と一対一で楽しんでいる、という実感があるのと、何かアクションを起こせば、何かできそうだ、という人のエネルギーのポテンシャルが大きかったです。決してコンセプチュアルにアフリカを選んでいるのではなくて、自然な流れで、自分の個人的なきっかけで始めたことなのです。そこについては僕自身、今はあまり理論化はしていない段階なのですが、元々僕の中に欧米主導型のアートのあり方に対する批判があって、それでアフリカで何かできないかな、という感覚に自然に繋がっているのだと思います。ただ、アフリカからアート界にインパクトを与えようとか、そういう頭で考えた作戦でもなく、批判を主張するよりは、そうじゃないとしたらどんな形なのか、というのを自分の実践でしめして行く方が説得力がある。だから、言葉は後からついてくるぐらいの方が、より説得力がでると思っています。

4-11.jpg
「セルフ・セレクト・イン・パリ」 パリの町を歩く見ず知らずの他人と衣服を交換したプロジェクト(2007)

「セルフ・セレクト」は2007年にフランスでも行われていましたが、フランスとの違いはいかがでしたか?

一番明らかなのは、立ち止まって話を聞いてくれるということですね。日本もフランスも一緒だと思うのですが、話しかけられるだけで断る人がほとんどだと思うのです。それに対してケニアでは「何なに?」という感じで聞いてくれる。時間のゆとりと好奇心がある、というのは感じました。日本の児童館で服作りワークショップの活動をしていたのですが、そこに来ている子供たちとナイロビの人たちはリンクする部分がある。時間を気にしてないっていうのと、何かやってると気になって突っ込みたくなる、関わりたくなる、そのエネルギーには似たものを感じます。

5-9.jpg
「オーバーオール:蒸気機関車」公開制作で町行く人に布を縫ってもらうところから参加してもらい、出来上がったパッチワークを電車に見立て、線路の上を歩いた(ナイロビ 2010) Photo: Yasuyoshi Chiba

パッチワークシリーズの蒸気機関車のプロジェクトも、事前に告知とかしてないのです。告知する方法もないですし。それなのに、やっているうちに口伝えで伝わって、徐々に参加する人が増えていったのです。それで僕自身もすぐ終わるかと思っていたのですが、1時間ぐらいずっと線路の上を歩いたのですよ。自ら楽しみを見出すというか、能動的に楽しむというか。なかなか日本ではないことかもしれないですね。パッチワークを作る時には、現場にあるもので作るというルールがあります。新しいものを持ち込むとコミュニケーションが変質してしまうので、そうじゃなくて今まで現場にあったものを、使い方を変えていったりすることでコミュニケーションを変えていきます。それから、どこの国でもデザインしないと決めています。

生地にこだわるとか、デザインをするとかいうことではないのですね?

まず、そこは無視するという感じです。そこにこだわってしまう人だったら、多分ああいうことはできないと思うのです。僕はそういったこだわりは、ある意味どうでもいいと思っているところがあって、僕が模索しているのは、そうじゃないファッションの価値なのです。パッチワークは、アートやファッションはこうだ、っていうある種の固定概念みたいのを崩す方法でもあります。布を切り刻むということがその象徴でもありますし。

Position.jpg
「Position」2人の半分ずつを引っ付けて1人分になる服を着ることで、パフォーマーは1人で新しい1人を演じることになり、1人で2人を演じることにもなる(東京 2005) Photo: Ritsuko Takizawa

コミュニケーションということにこだわり続けていながら、制作の中でアフリカの人の言葉を特に拾っていないのはなぜでしょうか?

言葉よりも、行う内容によってコミュニケーションを促していく。それが実行されたかどうか、ということの方が重要なんです。服を交換して、そこから仲良くなって会話をするということが重要なのではなくて、交換するということが二人の間に起こった、ということの方が重要なので、その後どうなろうが、あまり気にならないのです。多分、今は色々なコミュニケーションのモデルを捜している段階なんだと思うのです。コミュニケーションの型というか。それを色々と試しているという段階なので、それはそれでオッケーといいますか、目標達成しているのです。

オーバーオールシリーズの蒸気機関車の制作風景を映した映像で、参加しているアフリカの方がとても楽しそうなのが印象的でした。

アフリカの人には、サッカーを鑑賞したり、踊り好きな人が多いので、クラブに行って踊ったりという楽しみもあります。クラブでビールを飲んで踊っているという人たちは割と多くて。そういった、歌や踊りやお酒やサッカーといった「わかりやすい共有の仕方」がありますよね。日本人でも、もしそこを共有して踊りだしたりすれば、一気に仲良くなると思うのです。僕自身はそれができないのですよ。それができないことはコンプレックスだけど、だからどうするか、と。それで別のコミュニケーションを、という時に服を交換したり、パッチワークしたり、という僕なりのものが出てくるのです。その時の彼らの楽しそうな感じというのは、ダンスをしている時の楽しさとはまた違うはずで、何か新しくて、何かわからないけど、楽しんでやってくれる、あの探りあってる感じ。それが何かに繋がるんのではないかと思わされるのです。

CostumePlay02.JPG
CostumePlay03.jpg
「家族の制服:西尾家」数十年前の家族写真を同じ場所、服、メンバーで再現制作したプロジェクト(兵庫 2006)

家族や通行人といった、あらゆる層の人を巻き込んで制作するのは何故ですか?

それは色々な説明の仕方があるのですが、一番素直なのは、色々な人に作品というか、考えを見て欲しいからですね。僕の思ってることを伝えたい、という時に、方法論として美術の方法で作品にして展示して見せる、ということでは伝わらない人たちがいる。それはやりながらわかってきたことで、そこでギャラリーに来ない人とか、美術という形式をとることで敬遠してしまうような人たちにどうやって見せていくか、ということを考えた時の一つの方法として、作品に 巻き込んでしまう、という発想になっているのです。それも服にずっと興味があったということが元々のきっかけになっていて、そもそも服を着る経験は誰もがもう参加してるはずです。それが服を交換した り、一緒にパフォーマンスしたり、そこには色々な形態があっていいと思うのですが、今はその服を着る経験の幅を広めているという、進行形の状態です。

参加する方が作品を見る方、ということでしょうか?

そうですね。だから一番の観客というのは参加している人だな、と思っていて、それを参加していない人に見せる時に、写真にしたり映像にしたりしていますが、それは僕の中ではあまり重要ではありません。写真にしたり映像にしたり、服にしたりすると、作品化する技術が介入してきます。それはそれで当然必要なことだし、それで伝わる人がいるのでつくるにこしたことはないのですが、本質的ではありません。第一次的に関わっている参加者が一番大事なのです。

2011年から2年間、生活の拠点にアフリカを選ばれたということですが、制作は日本より外国の方がやりやすいですか?

——という程でもないですね。外国のやり易さをそれ程知っているという訳ではないので、日本が外国に比べてやりにくいかどうかは、まだわからないところです。ただ、現状で言うと、各地で開催されるアートプロジェクトの常連作家になりつつあるので、そういう意味では一つのコマになって使われている感じもするので、そうじゃなくて自分でどこで何をするか、というところから考える方がアーティストとしてはやりがいがあります。与えられて決められた環境で、そこにアーティストが呼ばれて何かやるのではなくて、どこでやるか、から考えたいという思いは強くなってきています。

用意されたアート業界の型にはまってしまうことには違和感がありますか?

そうですね。消費されている感がちょっとあります。僕がしていることはプロジェクトなので、別に売るものはないのですが、大きなアートプロジェクトで町に呼ばれて、町の人と関わって作品を作る。でもその町に入る時の動機が、呼ばれてやっている、ということになってしまうとなかなかやりきれない。それでまた次のところに呼ばれて、すぐ次のところにいかなきゃいけない。すごく忙しく回らなくてはいけないというのが難点です。

_MG_4284.JPG
「ことばのかたち工房 Pro」言葉からイメージした「形」を古着で作るワークショップ発の児童館で行われたファッションショー(東京 2011) Photo: Tsuyoshi Saito

西尾さんのアートは服をモチーフにすることから始まっていますが、「ファッション」は今も重要な要素ですか?

そうですね、それは常に立ち戻るところで、いかにそれが服であるか、服でありながらいかに離れられるか。服から離れすぎることは意図的に避けています。服から離れることも簡単なのですが、服に軸を置きながらやり続けるということが自分の中で重要で、今となっては、今までの活動全部、それこそがファッションデザイン——今の時代に於けるファッションデザインや、という風に言いたいぐらいです。

これからアフリカでどのような活動をしていかれる予定ですか?

具体的には考えてないというのが正直なところなのですが、ファッションということにこだわり続けて、それがアフリカ発のファッションブランドというものに通じていけばいいな、というのはなんとなくイメージを抱いています。どこかに着地させていきたいな、と思うので。実験的なアートプロジェクトは行いつつも、それが経済も含めて回っていくシステムに乗っかっていくのも、一つのコミュニケーションだったりするので、そこに服だったら乗っかり易かったりする。その辺りで何か考えられないかな、と。それがフェアトレードとか、よくあることではなく、僕なりの方法で何かできたら面白いのではないかと思っています。

発表はどのような形で行われていきますか?

ナイロビにいる間は日本にも発信していきたいので、ネットでブログなりスカイプなりを使用したやり取りをしていきたいと思います。あとは雑誌みたいなものを作りたいです。僕の作品ごとのテーマに沿って特集を組んで、アフリカで取材、編集してフリーペーパーにしたりとか。それは伝える人が広がるという意味で、一つの方法としてやってみたいと思っています。

影響を受けたアーティストや好きなアーティストを教えてください。

直接的に影響を受けたアーティストというのはいないのですが、勇気づけられたのは大学の教授だった日比野克彦さんや川俣正さんです。身近で考えてることや作品や存在を知り、「思いっきりやっていいんだ」と勇気をもらいました。そういった広い意味で影響を受けたアーティストでは、ボルタンスキーももちろん好きだし、名前をあげればきりがないですね。

海外で制作をするという経験をした西尾さんから、日本で活動をするアーティストの皆さんにメッセージをお願いします。

それでしたら、一度アフリカに来てください、ということですね。そこで自分だったら何ができるか、というのは、誰が来ても面白い体験になると思います。ただの旅じゃなくて、何かアートを実践するというつもりで来た場合に、今まで日本でやってきたことが全部通用しなかったり、あるいは逆に面白い形で通用したりという風に、完全に自分を見直す機会になるので。特に若い人にはそういう可能性を示していきたいです。アートといったらこういう方法、と日本で思われている方法以外に、僕みたいな活動も一つのアートなんだ、ということが伝わった上で皆が選択肢を広げ、そういうことを考えていくと、面白いアートになるし、面白い社会になるんじゃないかなと。外国に来ても、はじめは圧倒されるので、何かアクションを起こしてみないと始まりません。それが次に繋がるのです。

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE